あのマリオを超えた!?コロナ禍で「あつ森」が爆売れした理由を分析

「あつまれどうぶつの森」が全世界累計2000万本以上突破!爆発的ヒットの背景にはやはりコロナか・・・?

みんな集まりすぎ!どうぶつの森!

2020年8月6日に任天堂が四半期に1度の2020年4~6月期決算を発表しました。純利益は前年同期比6.4倍の1064億円。営業利益は約5.3倍の1447億円。

なんだか難しい数字が並んでいますが、これらの数字は任天堂のゲームがどれだけ売れて、どれだけ儲かったのかを教えてくれるものです。

今回の決算で任天堂は、バケモノ級の大黒字を叩き出しています。
本当に「あれ?桁間違えてる?」って疑ってしまうほど。

また、「ニンテンドースイッチ」の発売が好評で、3月20日に発売した「あつまれどうぶつの森」に関しては、6月末までに全世界累計販売本数2240万本を記録した大ヒット商品になりました。単純に計算すると「地球上にいる人類のなかで、350人に1人はあつまってる」ということになります。
みんな集まりすぎ・・・。

国内の販売数について見てみると、現在の販売本数はなんと715万本。
ちなみに任天堂で最も売れたゲームソフトである「スーパーマリオブラザーズ(1985年9月13日発売)」の売り上げは681万本。

あつ森はあのスーパーマリオをたった半年で超えちゃったということです!!

あつ森によって、任天堂の歴史が塗り替えられたと言っても過言ではありません。本当に新しい時代にスイッチしちゃいました。
さて、この歴史的大事件の背景もは、やはり「コロナウイルス 」不要不急の外出自粛にともない、「巣ごもり需要」が伸び、結果的に売り上げが伸びたのだと考えられます。

今回はこの爆売れタイトル「あつまれどうぶつの森」がここまでの売り上げになった理由について紐解いていきましょう!

巣ごもり需要とは?

新型コロナウィルスの影響により、家で過ごす時間が増えました。休みの日はキャンプに行くなどの、外出することでストレス発散していた方々にとってはかなり辛い時代です。

もともと、超インドア派の僕も、普段から家にいるのになぜか海で泳ぎたくて仕方ありません。不自由になって初めて自然というものが愛おしくなりました。自分勝手ですね。

外出が出来ずに暇になると、自宅に居ながらでも買い物やエンターテイメントを楽しみたい!と思いますよね?それが巣ごもり需要です。

「あつ森」が売れた理由として、暇だからゲームをしたい!という「巣ごもり需要」からこの売り上げに関係したと思われます。さらにこのゲームの目的は無人島で「暮らす」こと。
キャンプファイヤーを囲ってもよし!海で泳いでも良し!そんな自然を楽しめるゲームなので、上記に僕が述べたワガママをすべて満たしてくれます!

さて、ここからが本題です。
皆さんには今から「任天堂マニア」である僕のあつ森分析結果を報告します。

ゲーム実況動画の影響力

あの春。長い自粛期間で一番することと言えばスマホを触ることでした。
Netflixで映画を見たり、Amazonでネットショッピング。
そして、特にみんなが時間を費やしたのがYouTube観賞だったことでしょう。
youtubeには星の数ほどの動画がありますが、その中でもランキング上位にある「ゲーム実況」はつい見たくなってしまうと思います。子供なら特に!

ただ、実況動画のネックとして、RPGやアクションゲームを見てしまうと自分がプレイした気になって満足してしまい、思ったほどの売り上げが伸びないという話も聞きます。ネタバレも全部見えますからね。

ただし、「あつ森」は違います。無人島のなかでどう “暮らしていく” のかは、プレイヤーによって違ってくるので、実況動画をいくら見ても、実際にプレイしないと得られない体験があると分かってしまうのです。自分の島の地形や一緒に暮らしてくれる住人も違い、最初は苦手な住人が来ても、時間が経つごとになぜか愛着がついてしまうこともあります。

得られるゲーム体験が実況動画でも多種多様。エンディングに関しても、「犬にギターを弾いてもらえば」スタッフロールが流れるので、いわゆる「ゲームとしての終わり」がない。
そして動画を見終えたとき、「僕だったらこうしてみたい!」や「私ならもっと作ってみせるわ!」と妄想を掻き立てられるため、このゲームが欲しい!という考えになるのです。みんなが無人島開拓に目を輝かせますね。

一家に一台から一人一台に

そして、このゲームのポイントは「スイッチ一台につき、住める島が一つ」であるということです。

そして、今回のどうぶつの森は「島クリエイター」という機能があり、これは島に川を作ったり埋めたり、土木工事や崖を壊すことができます。
つまり「島を自分好みに作り上げられる」ということ。これがまた楽しい!

例えば自分の子どもが島をテーマパーク風に改造したら、全国のお母さんは「息子に負けない島を作ってやる!」と思ってしまいそうですね。
家族人数分のスイッチが欲しくなってしまうのもわかります。

任天堂の考え方として「ゲーム機は一家に一台から、一人一台へ」という方針があるのですが、あまりゲームに慣れていない人でも受け入れやすいデザインの「あつ森」はまさに一人一台を狙った作品だったことでしょう。
コロナ自粛の影響で子供だけでなく、お父さん、お母さんもゲームをする時間の余裕が生まれているため、この時期にドンピシャ。世紀の大記録を叩き出したわけです。

みんな集まりたい

ずっと家で自粛していると人恋しくなるもの。友人や家族と会いたくても会えないため、リモート飲み会というものも流行っていますね。
そんな時期にうってつけのツールが「あつ森」でした。

このゲーム最大8人までインターネットを通じて誰かの島に集まることができるのですが、友達と通話をしながら自分の作った島を自慢したり、一緒にイベントを楽しむことで多くの人と集まり、時間を共有することができます。

ただのゲームではなく、家族や友人とのコミュニケーションツールとしても役割を果たしているため、「あつ森」は安全な「人との接触」を実現してくれるのです。

三密が許された世界・・・。それが「あつ森」だったのです。

まとめ


・・・というわけで僕はお金を沢山稼いで任天堂の株を買ってきます。
それでは!

今流行のインスタバエ(映え)の末路を描く社会風刺作品『ブラックミラー』ランク社会

近年大量発生の新種のハエその名も「インスタバエ」

この先社会問題化するかもしれない「インスタバエ」。そんなSNS中毒を皮肉ったNetflix作品を今回は紹介します。

フォトジェニックor社会問題?「インスタ映え」

近年、何かとオシャレな写真をインスタグラムに載せる行為「インスタ映え」が話題となりました。全部食べることができないのにもかかわらず、写真を撮るという目的の為「だけ」にパフェやクレープを購入する女子が多いそうです。

以前、私が代官山のとあるカフェを昼食の為訪れた際、隣の席の女性がスマートフォンでサンドイッチの写真を撮った後、半分以上を残したまま立ち去り衝撃を受けました。確かにその店のサンドイッチは独特の形で切られており付け合わせのサラダもオシャレに盛られていて「さすが代官山!?」と考えもしましたが、やはり食事は、残さず食べてほしいと思います。

というよりも残してしまうなら最初から単品メニューで頼めばよいのに!!

そのような行為を皮肉った「風刺画」がまさにこの「インスタバエ」です。

SNSにのめり込むのはほどほどにしなければならないのではないでしょうか。

SNS中毒の私が言えることではないですが・・・。

そんな話はさておき本題に入ります。

もし人々の評価が全てSNSで格付けされる世界だったら?

『ブラックミラー』とは?

Netflixオリジナル作品『ブラックミラー』は、1話完結型のアンソロジー形式の作品で現代社会における新たな技術が人々にどう影響を及ぼすのかをダークに描いた社会風刺作品です。また、本作は“21世紀のトワイライト・ゾーン”との評価がなされています。

そして、今回ピックアップするのは、S3-1「ランク社会」というエピソードです。

S3-1「ランク社会」あらすじ

SNSの星による5段階の評価付けによって人間としての格付けがなされてしまう社会。人々は皆、自分の評判を気にしてより良い評価を得るために他人に優しくしたり、愛想笑いをしている。

via GIPHY

なぜこの世界では皆、評価を気にしているのだろうか。

実はこの世界では、あまりにも低評価(星3.0以下)の人間になると周りから無視をされたり、(評価の低い人間と関わる=同類と見なされてしまう)。つまり、この世界で生活する上では、高評価(星4.5以上)の人間と低評価(星3.0以下)の人間では、サービス面での質が大幅に違うなど苦労を強いられる。

そんな世界で生きる主人公、女性レイシー(ブライス・ダラス・ハワード)もまた、日々自身の評価[星]を気にしていた。ある日、レイシーは新居を探していたが、彼女の気に入った新居は星4.5以上の人ならば格安で住むことができるが、レイシーの評価は星4.3。そこで必死に星を上昇させるために努力をするが、大きく空回りをしてしまい逆に星を下げてしまう事態に陥る。そんな時にセレブな結婚式に招待をされ、点数を稼げると有頂天になるが・・・。

S3-1「ランク社会」を読み解く

彼女は息苦しい世界に限界を感じ、ありのままの自分であるべきだと考えるが社会の大多数の人々はそうは思わない。最後には世にも奇妙な〜的なオチが待っています。

そして本作は、いいね稼ぎの現代の若者を皮肉っていると同時に、潜在的に社会に潜在しているカーストについても風刺しているのではないでしょうか。

この作品では、社会的に充実した生活をしている人には同様に充実している人が周りにいる(=リア充)一方で社会的に充実しておらず不満の多い生活をしていて誰にも相手にされていない(=隠キャラ)という区別を星という評価として具現化しているのです。

現実世界でも自分の評価を上昇させるために周りに良い顔をしている人、あなたの周りにいますよね。大体はボロが出てますけど・・・

人工知能=A.Iに支配される世紀末映画(ターミネーターなど)は、遠い未来に起こる可能性がある話かもしれないが、SNSに人が支配されるのは時間の問題。その一方でSNSは自分磨きに役立ちQOL(=生活の質)の向上に繋がる面もあるのではないかと考えられます。

結論としては、”SNSは節度を持って利用しよう。”ということに尽きるのではないでしょうか。

現代に置いて「SNS」、「マッチングアプリ」、「VR」、「AI」など日々革新的な技術が利用されている中、同時に様々な問題も提起されています。

そんな技術が人間を追い抜い抜く近未来!?をあなたも『ブラックミラー』を通じて見てみるのはいかがでしょうか。

『ブラックミラー』は、Netflixにて独占配信中です。

『ブラック・ミラー』を観る

https://atomic-temporary-151149301.wpcomstaging.com/2020/06/25/netflix/

[itemlink post_id=”4320″]
[itemlink post_id=”4322″]

「今日から俺は」とツッパらない僕たち

「今日から俺は」から考える1980年代と今

「今日から俺は」映画公開

「今日から俺は」の劇場版が7月17日始まった。コロナ下でどこまで売上を伸ばせるのかと疑問視されていたが、映画公開後最初の土日の動員数は50万人近い数を記録し、作品の人気を改めて実感させられる。
さて、今回はこのドラマを軸に「今の若者にとっての80年代とはどのようなものか」について考えていきたい。

そもそも「今日から俺は」とは

「今日から俺は」の原作は、1988年に少年サンデーで連載の始まった西森博之の漫画である。今回の作品は、2勇者ヨシヒコや映画「銀魂」の監督をつとめた福田雄一が脚本・演出を務め、賀来 賢人・伊藤 健太郎が主演で作成された2018年ドラマシリーズの映画化である。
時代の舞台は1980年代。ヤンキー文化の全盛期であったこの時代に、これまたヤンキーの代名詞である千葉県に同じタイミングで引っ越してきた三橋(賀来賢人)と伊藤(伊藤 健太郎)が「今日から俺は、ツッパリになるぞ」と宣言し、実際に学校の番長になってしまうという話。
キャストには、福田組常連であるムロツヨシや佐藤二郎、そして橋本環奈に清野菜々など豪華な顔ぶれが揃い話題を集めた。

80年代ブーム?

さて、今日このドラマに限らず1980年代を舞台にした作品、または80年代作品のリメイクがたくさん登場してきているように思う。ストレンジャーシングスやIT/イット、BANANA FISHを中心にゴーストバスターズ、トップガン、ジョーカーなど少し考えるだけで、たくさんの作品が挙げることができる。
この現象にはどのような意味があるのだろうか。
映画監督の世代が幼少期を過ごした時代への回帰という意味もあるだろうが、私が注目したいのは現代と80年代の関係性という切り口である。

80年代と僕らの時代

80年代とはどういう時代であったのか。
日本においては、バブル絶頂期で(当時はバブルとは考えていなかったが)このまま世の中はどんどん良くなっていくと信じていた時代で、経済的に一時期アメリカを追い越すか?というところまで迫っていた時代である。
Back to the futureⅢでマーティーが「良いものは全部、メイドインジャパンだよ」なんて言っていたことも思い出す。
アメリカに目を向けるならば、それはトランプ–レーガンという保守の時代の繋がりがキーワードだ。BTTFの一作目で、マーティは、1985年から1955年にタイムスリップするのだが、この1955年もアイゼンハワーの共和党政権時代で、85年と55年の保守という関係性は、度々主張されている。
2016年にトランプ政権が誕生した後、保守とは何か?が考えられる中で、レーガンの、あの時代はどうだったのか?という再確認と再定義が進んでいる動きの中に80年代ブームは位置付けられるだろう。

「今日から俺は」と今

話を戻すと、「今日から俺は」はツッパリの話である。「俺は決められたレールの上を走りたくないんだよ」みたいなセリフを不良少年が言うツッパリのセリフは、決められたレールやツッパる対象があった80年代的なセリフである。学校組織が、社会集団としての機能を弱め、明日が見えにくくなった現代では、ツッパることすら難しい。今の私たちは、「逃げるは恥だが役に立つ」の森山みくりや「ハケンの品格」の派遣社員のように明日への不安で一杯で、ツッパることもできないのだ。だからこそ、今不良ものの作品をシリアスに描くことは無意味になっており、「今日から俺は」のようなコメディーかつ(現実から離れたと言う意味で)ファンタジーでのみ描くことができるのだ。
また、1980年代の作品と規定することで現代を舞台にする作品では許されない80年代的な価値観や表現・関係性を描くことができるという効果も存在する。
例えば、この作品は伊藤健太郎演じる伊藤が、橋本環奈演じる早川京子に対して「女だから喧嘩するな」という姿勢で接している設定があるが、もしこれが現代設定ならアウトだろうと感じる。もちろんこのステレオタイプ的な設定の意味というのは単純ではなく、様々な解釈があると思うが、今見ると1980年代と2020年では大きく価値観が変わったなと考えさせられる。

まとめ

今回は、「今日から俺は」という作品について1980年代と現代というテーマで分析を行った。わざわざ、80年代の関係という面倒なテーマで作品を論じたが、この作品は、福田作品としてめちゃくちゃ面白い作品であると思う。
この作品は現在、HuluなどVODでも見ることができるので是非、今からでも見て、映画館にも足を運んで欲しい。

【部活動廃止論】現役大学生が考える弊害と代替案

部活動廃止論 現役大学生が考える部活動の弊害と部活動の代替案

今回は、部活動廃止論者の僕が、なぜ部活動を廃止すべきと主張するのか、部活動に変わる文化・スポーツ教育の枠組みをどうすべきと考えているのかをまとめていきたい。

部活動廃止すべき理由①教員の質の低下

まず、部活動が存在することにより教員の質が低下していると考える。

なぜなら、授業やクラスの運営に対してはあまりやる気はないが、部活動をやりたいから教員を続けているという教員が一定数いてもおかしくないと思うからだ。
しかし、そのような教員の個人のやる気のなさだけに責任を押し付けるのではなく、子供たちにスポーツを教えたい、文化を継承していきたいといった人たちを受け入れる体制ができていないことが大きく影響しているといえる。

僕は、部活動を廃止して、後ほど述べる新たな文化・スポーツ教育の枠組みを作ることにより、そういったスポーツ・文化を通して子供たちとかかわりたいという人たちが活躍できる場を提供することが大切だと考える。

部活動廃止すべき理由②授業への影響

部活動は授業に悪影響をもたらしているといえる。

部活動での負担により、授業中に寝てしまうなど、学業に支障が出てしまう事もあり得るだろう。(しかし、これは部活動以外の活動(塾や習い事など)によっても起こりうることであり、部活動だけを責めることはできない)
それよりもむしろ部活動によりできた生徒と教員の人間関係が授業や成績評価に悪影響を及ぼしている可能性について私は指摘したい。

例えば、授業中に自分が顧問をしている部活に所属している子ばかりに発言をさせることであったり、無意識のうちに進路にもかかわる成績評価を自分の部活の子に優遇してしまったりといったことが起こってもおかしくないだろう。

部活動廃止すべき理由③教員への負担

部活動は、残業に含まれない(に等しい)と言われており、教員にとって非常に重い負担となっている。さらに、その負担に応じた報酬が払われていないというのが現状もある。

「教員は部活動のスケジュールを組むことができ、負担が少なくなるように調節できるだろう」という意見もあるが、彼らも保護者や生徒の意向などに配慮しなければならず、自由に活動を減らしたりするというのが難しい。

部活の伝統や風習など、いきなり方向性を変えるというのは、生徒や保護者、OB、OGらの反発がある可能性もあり、権限があるとはいえ教師の一存ではどうしようもないのだ。

「活動量が多い部活動の顧問に配属された教員は多くの負担を強いられる」という伝統は、なかなか変わらないと思う。

部活動廃止すべき理由④生徒の選択肢を狭める

部活動が学校の枠で区切られてしまっているため、例えば、本当は野球がしたいのにうちの学校は野球部の顧問が厳しいからやめておこうとして、その子の野球をする選択を取れなくしてしまう、野球部が強い学校に行きたいから偏差値があまりよくない学校に行く選択をしてしまうなどといったことが考えうる。

部活動と学校が同じ枠組で区切られているがゆえに、生徒が選択肢を狭められてしまっていると思う。

部活動廃止すべき理由⑤合わなかった集団から抜け出せない

もしクラスが合わなかったとしても、一年たてばクラス替えがあり、集団が変わり、毎年やり直せるチャンスがある。しかし、部活動は二年半同じ集団に所属し続けなければいけない。

いやなら部活をやめればいいという人もいるのかもしれないが、部活動のコミュニティがクラスの中でも強かったり、学校から部活動に所属することが強制されていたりということがあり、なかなかやめられないというのが現実である。

部活動廃止すべき理由⑥学校内のコミュニティに縛られてしまう

高校時代に、部活動が学校内・クラス内でも大きな影響力を持っているとを感じることが多々あった。

仮に、部活動が存在しなかったら、多くの人が学校外でのコミュニティを作ろうとして、人間関係の軸を複数のところに置くことが出き、いじめ問題なども起こりにくくなるのではないかと思う。

学校のコミュニティを超えた文化・スポーツ教育の新たな枠組みの構築

僕は、部活動を廃止さえすればいいとは思っていない。

自分自身も中学時代は野球部に所属していた。白球を追いかけた日々が仲間の大切さでや努力の尊さを教えてくれたことは否定しようがない。しかし、小学校の頃に所属していたドッジボールのクラブチームや、保育園のころからずっと所属している空手道の会から学ぶことは、同じくらいたくさんあったと思う。

文化・スポーツを通して学ぶことは多いとは思うが、なぜ学校の枠組みに縛られなければならないのだろうか。僕は、学校のコミュニティを超えて新たな枠組みを作るべきだと思う。
学校単位ではなく、学校間の壁をなくして、自由な枠組みの中でクラブチームや習い事を行うべきではなかろうか。

まずは、部活動の大会として開催されているインターハイ・甲子園が学校単位の部活動だけでなくクラブチームでも参加できるようにするところから始めてはどうか。

新たな枠組みを作ることによるメリット

まず、一人が選べるスポーツクラブの数が一種目ひとつから同じ種目の中でも複数から選べるようになり、体罰などが蔓延しているクラブは人が集まりにくくなり、体罰を減らすことに繋がるかもしれない。
また、学校という狭い空間の中で狭まっていた視野が、学校の壁を越えた枠組みを構築することにより、広い視野を持った人が育つのではないかと思う。
学校とクラブチームがそれぞれ独立することにより、学校を学問や教育方針により選ぶことができるようになり、教員がクラブチームの人間関係により偏った見方を学校現場に持ち込むことを防ぐことができる。

部活動は廃止すべき!

以上のことから、僕は部活動を廃止すべきと思う。かといって、文化・スポーツをないがしろにしてよいというわけではない。新たな枠組みを作り、文化・スポーツ教育の推進と閉塞的な學校現場に流動性をもたらすべきだ。

https://atomic-temporary-151149301.wpcomstaging.com/2020/07/08/education/

瑛人の「香水」を君は知っているか

瑛人の「香水」って何?

ドルチェアンドガッバナーがやってきた

2020年を代表する音楽といえば、瑛人の香水となるのは間違いない。

2020年4月突如トップに躍り出たアーティスト・瑛人。

「この人は誰だ?」と思っているうちに、apple music、spotify、line musicといった各ストリーミングサービスで第一位を獲得した。

チャートに変化の予兆あり

「2019年:日本の音楽」と言われれば「King Gnu」と「official髭男dism」だった。

テレビやラジオでの露出が増え、世間からの注目度も一気に上がった。

SpotifyやAppleMusicなど各サブスクのチャートを見てもほとんどこの「四人組バンド」がTOPを占めていた。しかし、2020年の前半、「YOASOBI」「瑛人」がチャートTOPにランクイン。

2020年はまだまだ中盤だが、時代が動き出した感覚が確かにある。

「異色の存在」瑛人

今回、瑛人を取り上げるのは彼が「異色の存在」だからだ。

彼はどのレーベルにも属していない「本当に無名の状態から、一気にTOPに躍り出た」アーティストなのだ。

ちなみに、日本ではレーベル無所属のアーティストがチャート一位になるのは史上初めてのことだ。

先述したKing Gnuも、地道な音楽活動を重ねて注目を集め、レーベルとの契約を経てメディア露出が増えたことでその人気が爆発した。

「今のネット社会、レーベル契約やテレビ露出がそんなに大切か?」と思われるかもしれないが、大衆の注目を集めるためには現在もテレビやレーベルの力が重要だと言われている。

しかし、潮目が変わってきているのも事実だ。

例えば「Novelbright」というバンドは、去年の夏、突如、SNS上で路上ライブの映像がバズったことをきっかけに人気が出始めた。

彼らは、SNSを活用した戦略を練り、少しずつ知名度を上げていき、2019年度のバズリズムの「2020年にバズるアーティスト」の第一位に輝いた。

今年夏フェスがあれば、多くのステージを沸かせたことだろう。

SNS時代のスター誕生?

そんな「SNS時代」流れを決定づけたのが、今回紹介する瑛人。

この曲、ブレイクしたのは今年の4月。

では、その時期にリリースされたのかと思いきや、実は2019年の春から配信されている。

この曲は、1年間あまり注目を集めてこなかったのだ。

しかし、「TikTok」でこの曲をカバーや「歌ってみた」がたくさん配信されたことで流れが変わっていった。

そして、このブームは「FANTASTICS from EXILE TRIBE」の中島颯太が弾き語り動画を配信したことで、さらに広がっていった。

元々、コロナのなかで多くの人が自宅にいる中で、この曲はTikTokユーザー以外にも広がり、ついにチャート一位に輝いた。

彼は、戦略的にS N Sを使ったわけではないので「novelbright」とは、異なるが、SNSが普及して約10年立つ中で、やっと、SNSのシンデレラストーリーが誕生したことは感慨深い。

考察:香水と和歌

この曲は、サビの「ドルチェアンドガッバナー」のなんとも言えない、つい口ずさんでしまうような譜割りが特徴だ。

歌詞の物語としては、元カノからLINEが来たことを起点とする、元カノへの未練と、それを断ち切ろうという矛盾する思いを描いている。

香水の匂いと、元恋人という関係は、なんかよく聞いたことあるなと思ったが、

最古の元ネタはこれじゃないかなとふと思った。

さつきまつ はなたちばなの かをかげば むかしのひとの そでのかぞする

中高時代に古典の授業でやったことがある人もいるかもしれないが、この和歌は古今和歌集や伊勢物語に収録されていた歌で、意味は、5月に橘の匂いをかぐと、昔の恋人の香水の匂いを思い出す。というものである。

このように、香水の匂いと元恋人との関係は古典的なテーマなのだ。

香水はコロナ禍の話?

コロナ禍の中で、オンライン飲み会やオンライン授業の中で、様々な生活様式が変わっていった。コロナがなかったら、そろそろオリンピックだったのかと、ふと思い出してしまう。

香水は、そんなコロナがなければという話なのではないか?

何もなくても 楽しかった頃に戻りたいとかは思わないけど君の目を見ると思う

この話は、もちろん、元彼女との関係の頃に戻りたいという話だが、楽しかったコロナ以前の頃に戻りたいという思いは私達全体が共有している思いだろう。

ちなみに、歌詞に出てくるタバコと香水もコロナに関するキーワード。

友人やバイト先の社員の方と話していると、コロナで家にいることが増えたことで、

タバコを吸う量が増えてしまったという話をよく聞く。

これもある種のコロナの影響なのだろうか。

最後に香水について。

コロナの影響の中でも、オンラインで様々なことができることが証明された。

ただし唯一、オンラインで伝えることができないものそれが匂いだ。

匂いは、直接出会わないと伝えることができない。

その意味で、香水はコロナ以前の状態を示す象徴になっている、のかもしれない。

*ちなみに、この作品は2019年の作品なので、この解釈は1つのネタです。

あまり真剣にとらないでください。

B L Mの時代の『13th-憲法修正第13条-』

人種問題と映画

人種差別問題と僕たちの世代

2020年5月25日、アメリカ・ミネソタ州においてある黒人男性が現地警察に殺害されたことから「Black lives matter(BLM)」を訴える運動がアメリカ全土、ひいては世界中に広がっている。日本においても、デモが行われる他、S N S上にも様々な意見が飛び交っており、我々もその潮流の中にいると言える。

日頃から、日本人、特に我々日本の若者は、グローバルな問題に関心が低いと言われることが多いが、今回の問題に対しては、これまでになく関心が高いと感じる。その要因の一つとして、人種問題を扱った映像作品の存在は否定できないだろう。

さて、本日紹介する作品は僕たちが知るべき「現実」を教えてくれるものだ。
この作品に描かれていることは、我々にとってあまりに非現実的でありながら、当事者にとっては現実、常識である問題を扱っている、人種と社会の作品だ。

「13th-憲法修正第13条-」

(7月1日現在、YouTubeでも見ることが出来る)

2016年の9月に出されたこのドキュメンタリーは、Netflix作品『僕らを見る目』の監督、エヴァ・デュヴァーネイの作品である。
作品内では、マイノリティに対して犯罪者であるというイメージ付けを行い、差別を肯定してきた歴史を振り返り、南部奴隷解放後から現在まで続く、マイノリティーと刑務所への大量投獄体制をテーマとする。

大量投獄体制とは、何か。

アメリカの奴隷解放以前において、奴隷は綿花・タバコを生産する安価な労働力として使用されてきた。安価な労働力を使用して生産された綿花やタバコは、安価で販売することが出来、それによって、アメリカ社会は莫大な利益を生み出していた。

しかし、奴隷解放となってしまうと、安価な労働力を失うことになる。
そこで、アメリカ社会は「元奴隷」を様々な法律で取り締まり、刑務所での懲役によって労働力を確保することにシフトした。「犯罪者」を見つけるために、これまで微罪とされ、取り締まられなかったものや犯罪とは考えられないものも厳罰化した。そうして、多くの黒人を(無実の者も当然いた)大量に投獄した。
これが、大量投獄体制である。

そもそも、アメリカでは64年までジム・クロウ法が存在し、黒人は「合法的」に差別されている。確かに56年前それは撤廃されたが、社会そのものが変わったわけではない。人は変わらず、圧倒的な差別は残ったのだ。だから、それに不満を持つ多くの黒人が犯罪に手を染め、逮捕・投獄されたというのも自然の流れだろう。
黒人は粗暴で貧乏だから犯罪を犯す、などという間違った言説が流れることもあるが、人種問題は明らかに「社会」が生み出した歪みだ。

「現実」は続く?

ここまでは、歴史の教科書でも、よく教えられる内容であるが、
驚くべきことに、現在もこの体制は続いていることを映画は伝える。

アメリカには、2012年の時点で、200万人以上もの刑務所収容者がおり、全世界の約4の1の囚人がアメリカに集中しているのだ…。

KW解説

この先の内容は映画の本編に譲りたいと思うが、せっかくなので人種主義を扱う映画をもっと楽しむためのキーワードを2つ紹介する。

クラック
元々、コカインの歴史は、粉末のコカインが、比較的富裕の白人を中心に広まっていたことに始まる。
1980年代には、固形のコカインであるクラックが新たに発明され、黒人層を中心に広まっていった。
それと同じ時期に、純粋な反麻薬運動によって始まった麻薬の取締が始まる。
この運動は、固形のクラックを、粉末型のコカインに比べ、100倍以上の量刑になるまでに重罪化させてしまう。
結果的に、多くの黒人がクラックによって逮捕され、黒人コミュニティや家庭を崩壊させてしまうという事態が発生した。

刑務所産業複合体
刑務所における懲役刑とは、刑務所内において、仕事を行いながら生活するという刑である。賃金も発生するが、非常に低いこともあり、事実上、無いに等しい。
ここに目につけたのが、企業である。懲役囚を労働力と見なすことで、人件費を抑えることが可能であるのだ。
刑務所という社会的なシステムと企業との関係。
これが、刑務所産業複合体である。

ちなみに、弁護士ドラマとして日本でもリメイクされた原作の「SUITS」においても、刑務所と、企業の関係の関係性が触れられるエピソードが存在している。
こちらもぜひ、チェックしてもらいたい。

「最強の二人」

「最強の二人」は2011年にフランスで作られた、大富豪でありながら、過去の怪我により体が不自由な老人と、その介護人となった貧しい移民の若者の物語である。
全世界で大ヒットしている名作で、2013年には日本アカデミー賞を受賞している。
そしてこの作品は、2017年にブライアン・クランストンとケヴィン・ハートによって「人生の動かし方」としてリメイクされた。

リメイク版との相違点

リメイクを見る時に重要になってくるのが、原作との相違点である。
リメイク版において、貧しい黒人のデル・スコットは、刑務所において父親と出会い、「おかえり」と言われたことで、(父親は、刑務所=黒人という構図に諦めており、刑務所=家と考えている)、自分は息子に対して、自分達とは違う生活を歩ませたいと考える場面がある。

「黒人コミュニティ」の意味

この設定は、一見ありきたりなものに感じてしまうこともあるが、重要な意味があり、現代の大量投獄体制を知っていると、この設定が、特別なものではなく、黒人コミュニティーと家族という意味において、示唆的であること気が付く。
今回は一例を紹介したが、様々な作品において人種主義の問題は扱われているのでぜひ見て、考えてください。

我々は「現実」を知らなければ。

グローバル化と、インターネット社会化によって、世界は一体になりつつあるが、真に彼らとわかり合うためにはこうした問題への理解は不可欠かもしれない。
日本人の僕らはこうした「社会問題の常識」を、あまりにも知らない。
今回のBLM運動の中で、自分に出来ることは何かと考えた時、その答えの1つは「知ること」であると思った。
21世紀において、この問題は国外の問題ではなく、一人一人が取り組むべき問題なのである。
今回紹介した「13th-憲法修正第13条-」は正直、内容として難しいところもある。
しかし、人種問題を考えるための「第一歩」として映画を見るというアクションをおこしてみてもらいたいと考えます。

【アメリカ合衆国大統領】リンカーンの目指した民主主義とは

温故知新 U25歴史講座:「エイブラハム・リンカーン」

Abrahamlincoln.jpg
出典:ウィキメディア・コモンズ (Wikimedia Commons)

名前
エイブラハム=リンカーン

生きた年代(死没した年齢)
1809~1865

性別

出生地
アメリカ合衆国 ケンタッキー州

死没地
ワシントンDC

地位、称号、階級
アメリカ合衆国第16代大統領

親族
メアリー=トッド=リンカーン (配偶者)
ロバート=トッド=リンカーン (息子)

同時代に活躍した人物
勝海舟(武士、政治家)
土方歳三(新撰組)
徳川慶喜(江戸幕府第15第征夷大将軍)
明治天皇
ルイ=ナポレオン(ナポレオン=ボナパルトの甥)
ペリー(アメリカ海軍軍人)

パラメーターで分析「エイブラハム・リンカーン」

政治力4

 リンカーンの政治家としての政策の中で最も有名なのは、奴隷制度に対する者である。州議会議員時代、彼は奴隷制度に反対しながらも、奴隷制度即時廃止論にも反対していた。州によって相違があることを認めていたのである。その後、カンザス=ネブラスカ法の成立によって奴隷制度反対派のリーダーとなるわけであるが、その際には共和党の意見をまとめあげ、死後、合衆国の修正憲法に「奴隷制の廃止」という文言を挿入させることに成功している。

人望5

 建国以来、国王制を採用していないアメリカ合衆国にとって大統領とは、いわば国家元首である。リンカーンは親族が政治家であったわけではなく、彼自身も若い頃は様々な仕事を転々としながら独学で弁護士資格を取得し、さらに政治家として大統領まで登りつめた。彼の人望に満点をつけることに異論はないだろう。

指導力5

 アメリカ合衆国大統領は、軍部の最高責任者もかねている。その最高責任者として南北戦争に勝利した。この戦争の勝利は、奴隷制度の廃止という道徳的、倫理的な観点から評価されているのはもちろんであるが、今日世界に大きな影響を与えているアメリカ合衆国の存続を守ったという点でも評価されている。

知力4

 大統領選挙の共和党推薦候補に選ばれる際、対立候補の主張の矛盾を巧みに突いて見事勝利した。リンカーンの頭の回転の速さを象徴する瞬間であった。また、大統領になる前に彼は独学で法律の勉強をし、イリノイ州で弁護士資格を取得した。

演説5

 リンカーンと聞いて真っ先に「of the people, by the people, for the people」というワードを思い浮かべる人もいるだろう。これはゲティスバーグ演説の一部であるが、彼の言葉は自軍を鼓舞し、人々のモチベーションになっただけでなく、敵軍内部の不満をもつ人々までをも魅了した。エイブラハム=リンカーンの言葉は、それほど大きな力を持っていたのである。

政界へ進出するまで 

 1809年2月12日、トーマスとナンシーのリンカーン夫妻の間に男の子が誕生した。彼は、エイブラハムと名付けられた。後にアメリカ合衆国大統領となったエイブラハム=リンカーンである。ケンタッキーの田舎で生まれ、家族とともにインディアナへ、そしてイリノイへ移り住んだ。

 大人になった彼は独り立ちし、店員や粉屋の作業員、郵便局長を勤めながらもホイッグ党員としての政治活動を行った。1832年のイリノイ州議会選挙には敗れたが、2年後の1834年の選挙で当選し連続4期議員を勤めた。同時に彼は独学で法律の勉強をはじめ、1836年にイリノイ州で弁護士資格を取得した。翌年スプリングフィールドで弁護士事務所を開業し、弁護士としても活躍をした。一方、1830年代はアメリカ南北の溝が次第に深まっていった時期であったが、当時、奴隷制についてリンカーンは公的な発言はしていなかった。

北部自由州vs南部奴隷州

 アメリカがイギリスから独立して以降、工業で発達した北部自由州に対して、南部自由州は奴隷を酷使して大農園を展開していた。徐々に深まっていく両者の溝は、1850年代には妥協点のないところまでに達していた。その発端は、1840年代に獲得した西方の新しい領土に対して、奴隷制の拡大を認めるか阻止するかを巡る論争であった。

 1820年のミズーリ協定によって、ミズーリ準州(1803年にフランスから購入したルイジアナの一部)を奴隷州として州に昇格させる代わりに、以後北緯36度30分以北のルイジアナ地域については奴隷州を作らないと定められていた。1840年代末の時点では、自由州15:奴隷州15と均衡を保っていたのだが、カリフォルニアが自由州としての連邦への加盟を望んだためにバランスが崩れた。

 リンカーンは南部の奴隷制については容認していたが、その動きが北部の自由州にまで及ぶことには反対していた。南部諸州の奴隷制を認めたのは、奴隷即時廃止を訴えれば混乱を招くと考えていたからである。

 1854年に成立したカンザス=ネブラスカ法により、南北の対立はさらに激化することとなった。この法律は、ミズーリ協定を否定し、新たに連邦に加わる州が自ら自由州か奴隷州か選択できるとする者である。ほぼ同時期に、最高裁判所がミズーリ協定を違憲とし、自由州でも奴隷の所有を認めたドレッド=スコット判決を下した。これらは、黒人奴隷制拡大を支持する南部の大農園主を支持基盤とする民主党のブギャナン大統領任期(1861年〜1865年)の下で下された者である。

 一方、奴隷制度に反対していた自由州の政治家たちは、この動きに対抗するために共和党を結成した。当初奴隷即時廃止論にはあまり肯定的でなかったリンカーンも共和党に加わった。彼は、カンザス=ネブラスカ法の成立で目が覚めたと語っている。以後、彼は西部諸州での奴隷制禁止を訴えるスピーチを6年間で175回行った。

 1859年、奴隷解放は武力によってしか達成できないと確信した奴隷制即時廃止論者(アボリジョニスト)のジョン=ブラウンが、20名ほどの仲間とともにヴァージニア州(奴隷州)の、連邦が管理する武器庫を襲撃し一時占拠した。この蜂起はすぐに鎮圧されたが、北部では彼を讃える声も上がり、南部は奴隷反乱を恐れていたためにますます態度を硬化させていった。

 このような緊迫した状況下で、1860年、アメリカ合衆国大統領選挙が行われたのである。

大統領誕生と南北分離

 1860年にアメリカ合衆国大統領選挙が行われた。民主党は完全に分裂し、北部派はスティーブン=ダグラスを、南部派はジョン=ブレッキンリッジ(当時の副大統領)を指名した。保守的なホイッグ党や州境の穏健派などを集めて結成された憲法統一党は、テネシーを基盤にもつジョン=ベルを候補者に指名、共和党の候補者にはエイブラハム=リンカーンが選ばれた。選挙では、民主党の候補者は票を2分し、ベルは自由州、奴隷州の境界3州で勝利を収めた。当選したリンカーンは、南部9州では全敗であったが、北部では全ての州で勝利した。これこそが、当時の南北の対立を象徴していると言えよう。

 リンカーン当選の場合には連邦を離脱すると公言していた南部諸州は、次々と合衆国を離脱していった。サウスカロライナ、ミシシッピ、フロリダ、アラバマ、ジョージア、ルイジアナ、テキサスが合衆国を離脱し、アメリカ連合国を結成した。大統領にはジェファソン=デヴィスが選出された。南北戦争勃発後にはアメリカ連合国の構成州は11にのぼっていた。(ヴァージニア、アーカンソー、テネシー、ノースカロライナが加盟)

 リンカーンの当選から就任式までの4ヶ月、ブギャナン政権は分離への動きを阻止することはできなかった。南部諸州の離脱を避難したものの、当時彼の信用はほとんどなく、その発言も効力がないに等しかったのだ。

アメリカ史上唯一の内戦

 1861年、南部諸州がほとんどアメリカ連合国に加盟する中、サウスカロライナ州(アメリカ連合国加盟州)のサムター要塞の司令官ロバート=アンダーソンはアメリカ合衆国に忠誠を誓うと宣言した。敵地にありながら忠誠を誓ったサムター要塞の部隊に対して、リンカーンは、サウスカロライナ州知事に食料と水を補給する旨を告知した。州知事はそれを南軍(アメリカ連合国)の指揮官に報告した。南軍の判断は「サムター要塞の即時引き渡しに北軍が応じなければ、制圧せよ」というものであった。北軍は引き渡しを拒み、南北戦争が開戦した。

 戦争初期、両軍ともに戦争の準備は全く万全ではなかった。特に、南軍は新しく作った国の政府機能を1から創設しなければならなかったた、すでに政府機能が確立していた北軍の方が優位であった。また、北部は中央集権体制をとっていたのに対し、南部はそれぞれの州権が強く、加盟州の意見をまとめるのにジェファソン=デヴィス大統領は苦戦していた。加えて、北部の方が人口が多く、鉄道も発達していたために物資の補給も比較的容易であった。一方で優秀な軍の幹部が多く合衆国を離脱し南軍に加わったことは、南軍のアドバンテージであった。

 1861年5月、南部同盟政府は、首都をアラバマ州モンゴメリーからヴァージニア州リッチモンドに移した。鉄道路線の交通度が高かったことや、北部よりの地域の防衛に力を入れることで、連合国全体にヴァージニアの重要性を訴えることが目的であったと考えられる。南北戦争の主戦場は北部の首都ワシントンから、南部の首都リッチモンドを隔てるおよそ100マイル(160km)であった。

 南北戦争の大半は、両軍が向き合っての待機合戦であったとされている。そんな中、最初の主要な戦闘が起きたのは1861年7月のことである。北軍37,000人が、南軍35,000に攻め込んだ。南軍が押し返し、北軍は退却を余儀なくされたのだが、戦闘慣れしていない兵士の中にはパニックに陥り南軍へ突っ込んでいく者もいた。彼らは、この戦争が早期決着に終わると考えており、ワシントンから戦争の光景を眺めようと気楽な気持ちで参加していた。

リンカーンの目指す民主主義を守ったアメリカ合衆国

 次の大きな戦いとなった半島開戦では、北軍が南軍の首都リッチモンドまで後一歩のところまで肉薄した。マクレラン率いる北軍が南部への上陸作戦を実施した。軍編成において素晴らしい裁量を発揮したマクレランであったが、自軍が優勢であったのにも関わらず小勢であると思い込み、軍を極めて慎重に進軍させた。その様子に苛立ったリンカーンは、マクレランに攻撃を要請したが、彼はそれでも牛歩的な戦術を曲げなかった。

 一方、デヴィス大統領にヴァージニアでの南軍野戦指揮官に任命されたロバート=E=リーは、マクレランが敵勢力を過剰評価しがちなことを認識しており、南軍が先に攻撃を仕掛けた。北軍の将軍の中には、リー率いる南軍にはわずかな手数しか残っていないと言う者もいたが、マクレランはリスクを恐れて退却を命じた。リッチモンドまであと6マイルのところまで迫っていた。また、この戦いは「7日間戦闘」とも呼ばれた。

 南北戦争での最大の戦いと言われているのが、ゲティスバーグの戦いである。南軍は、北部地域を戦場に巻き込み、講和に持ち込むことを狙っていた。南北戦争のクライマックスとなったこの戦いは、1863年7月1日からの3日間で決着がついた。南軍のある部隊が、軽武装の民兵だと勘違いして北軍の部隊に攻め行ったことで始まった。民兵だと勘違いした部隊は、たまたま下馬していただけで実はライフルで武装した北軍の騎兵隊だったのだ。この出会い頭の偶然の戦闘が、一瞬にして多くの部隊を巻き込む決戦となり、南軍のリー将軍自身も主要な戦闘に引きずり込まれたのであった。3日間、南軍は大きな犠牲を出しながらも北軍を崩すことはできず、本拠地の南へと後退して行った。

 この戦いで勝利した北軍の士気は著しく高まり、一方で南軍の士気は間違いなく低下して行った。北部はゲティスバーグの戦い以降、経済が上向きとなり、鉄砲、弾薬、軍服などの軍需品も大量に生産していった。

 1864年、グラントがリンカーンに任命され北軍の指揮官に就くと、会戦で負けていても完全撤退せずに敵地に残ってそのまま粘り続けるというこれまでの将軍とは異なる戦法をとった。アメリカ西部での戦いについては、グラント将軍から引き継いだウィリアム=シャーマンがその有能ぶりを発揮し、アトランタ方面作戦で次々と南軍を破っていった。

 軍の士気も下がり、連戦で大きなダメージを負った南軍は再び盛り返すことなく1865年4月3日、ついにリッチモンドが陥落した。9日にはリー将軍が降伏して戦争は事実上終結し、5月26日、最後の南軍の部隊が降伏して南北戦争は終わりを告げた。

アメリカ合衆国の再統合

 戦後、勝利した北軍の、南軍に対する報復行動はほとんどなかった。南部同盟の指導者らは、一人として銃殺刑や国外追放になることがなかっただけでなく、その多くが戦前の経歴を回復した。アメリカ連合国の大統領であったジェファソン=デヴィスは、収監こそされたものの2年後の1867年の5月には釈放された。資産が没収されることもなかった。

 このような寛容な条件での講和がすすんだのは、リンカーン大統領がそれを望んだからである。南部同盟に加わった者たちについても、アメリカ合衆国への忠誠を誓えば恩赦を認めた。

 激しい内戦後、様々な混乱がありながらも驚異的な立ち直りをみせ、アメリカ合衆国はすぐに始まる帝国主義時代とやがて始まる二つの大きな戦争を経て、世界のリーダーとしての階段を上ってゆくこととなる。

奴隷解放宣言

 アメリカ南部にはおよそ400万人の黒人奴隷が住んでいた。彼らにとって、南北戦争は、「自由」を手にするための戦いになるはずであった。北部に住む黒人はすぐに募兵となったが、南軍は当初、黒人を入隊させなかった。

 1863年1月1日、リンカーンは奴隷解放宣言を発布した。合衆国に反乱する地域の奴隷は即時無償解放されることや、黒人奴隷が逃げ出して北軍に加わった場合、すぐに自由を与えるという内容であった。南部諸州の合衆国離脱の阻止が当初の戦争の目的だったが、この宣言以降、奴隷解放が戦争の目的であると見なされるようになった。

 南部の奴隷たちは、主人の命令に背いたり、仕事の妨害をしたり、脱走したりと、南部の経済を混乱させ、北軍の勝利に貢献した。

 1865年12月に批准、成立した憲法修正第13条により、奴隷制度の廃止が定められた。イギリス人によるアメリカ入植以来続いた奴隷制度は全土で禁止されることとなった。

初めて暗殺された大統領 

 1865年4月14日の夕方、リンカーン大統領夫妻は劇場で観劇していた。22時過ぎ、27歳の俳優ジョン=ウィルクス=ブースは、数人の護衛しかついていなかったボックス席のリンカーンを狙撃した。護衛が持ち場を離れた瞬間だった。銃撃後、「暴君は常にこうなる。南部の仇は撃ったぞ。」と叫んだという。

 瀕死のリンカーンは、向かいの下宿屋に運び込まれた。彼の意識は戻ることのないまま、憲法修正第13条の成立を見届けることなく、翌朝絶命した。後に判明した事実によると、リンカーン大統領の暗殺は、数名のアメリカ合衆国の指導者皆殺しにする計画の一環であったと言われている。グラント将軍やジョンソン副大統領にも尾行がつけられた。

 アメリカ大統領が任期中に暗殺されるのは史上初めてであった。混乱の中、当時の副大統領であったジョンソンが新大統領に就任し、リンカーンの推し進めてきた政策を引き継ぐこととなった。

 望まぬ形で最期を迎えてしまったエイブラハム=リンカーン。現在、石像となった彼はワシントンDCで私たちを見守っている。

 

Netflix初心者が絶対に見るべきおすすめオリジナルドラマ10選

U25に見て欲しいNetflixオリジナルドラマ10選

THE 海外ドラマ好きにオススメ『サバイバー: 宿命の大統領』

[jinstar3.5 color=”#ffc32c” size=”16px”]

大ヒットドラマ『24 -TWENTY FOUR-』の捜査官ジャック・バウワー役で全世界を虜にしたキーファー・サザーランドが新たに主演した大人気ドラマシリーズ。

アメリカ合衆国の現大統領や閣僚メンバーの大多数が巻き込んだ爆破テロ事件が発生し、閣僚のひとり、トム・カークマン(キーファー・サザーランド)が思いがけず新大統領に任命されることから物語が始まる。

混乱のホワイトハウスを舞台に、様々な陰謀に翻弄されながらも大統領となったトム・カークマンは、この前代未聞の危機に立ち向かうことができるのか!?

国家転覆を企むテロ集団との攻防、誰が味方で誰が敵か分からない中繰り広げられる頭脳戦、謎解きなど緊張が走り続ける展開は必見!!

『サバイバー:宿命の大統領』を観る

王道SFアドベンチャー好きにオススメ『ストレンジャー・シングス』

[jinstar5.0 color=”#ffc32c” size=”16px”]

全ては、1983年11月6日、インディアナ州の小さな町・ホーキンスで、12歳の少年ウィル・バイヤーズが失踪した1件から始まる。

ウィルの母、ジョイスは、失踪した息子を探し、警察署長のホッパーに助けを求める。同じくウィルを捜索する友人のマイク、ダスティン、ルーカスの元に頭を剃り病衣を着た少女・エルが突然現れ行動をともにするが・・・。

新たな失踪事件の発生。謎の少女、不気味な政府機関、新たな失踪者、そして“裏側の世界”。

点が線となり全てが結びつく。

少年の家族、友人たちはこの大きな陰謀に満ち溢れた事件の解決、そして救い出すことはできるのか!!

本作は、2016年のシーズン1、2017年のシーズン2共にSFドラマ史上最大のヒットを成し遂げた人気作品。

怖いけれども最後まで見たい!

とにかく80年代の音楽、ファッションが大好き!

キャラクターがみんなそれぞれ魅力的!

人気ドラマであるだけにそれぞれ大好きなポイントがあるのでは!?

『ストレンジャー・シングス 未知の世界』を観る

近未来SF好きにオススメ『ブラックミラー』

[jinstar4.5 color=”#ffc32c” size=”16px”]

急速な進化を遂げたテクノロジーがもたらす歪みと人間の醜い業が交わる時、そこに広がるのは世にも不思議で奇妙な世界…。

オムニバスで綴るSFシリーズ。

Netflixオリジナル作品『ブラックミラー』は、1話完結型のアンソロジー作品で現代社会における新たな技術が人々にどう影響を及ぼすのかをダークに描いた社会風刺作品です。

さらに、本作は“21世紀のトワイライト・ゾーン”との評価がなされており、S3-4「サン・ジュニペロ」は、2017年エミー賞テレビ映画部門作品賞を受賞している。

現代に置いて「SNS」、「マッチングアプリ」、「VR」、「AI」など日々革新的な技術が利用されている中、同時に様々な問題も提起。

そんな技術が人間を追い抜い抜く近未来!?をあなたも『ブラックミラー』を通じて見てみるのはいかが!?

『ブラック・ミラー』を観る

アクションドラマ好きにオススメ『Marvel デアデビル』

[jinstar5.0 color=”#ffc32c” size=”16px”]

少年時代に視力を失ったものの並はずれた感覚を得たマット・マードックは、ニューヨークのヘルズ・キッチンを舞台に、昼は弁護士、夜はダークヒーロー「デアデビル」として不正と戦う。

街を守るためならどんな代償もいとわない彼が直面したものとは?

マーベルコミックの人気作品「デアデビル」の映像化作品。

アベンジャーズのようなきらびやかなスーパーヒーローが活躍する一方で、街はマフィアが牛耳っていた!!

武器、ドラッグ、人身売買・・・。

果たしてデアデビル(マシュー・マードック)は、弁護士・スーパーヒーローの表裏の顔からニューヨークの平和を守り抜くことができるのか!?

アメコミ作品初心者にもオススメの作品。

『Marvel デアデビル』を観る

実話を元にしたクライムドラマ好きにオススメ『ナルコス』

[jinstar5.0 color=”#ffc32c” size=”16px”]

暴力的で知られるコロンビアの悪名高きドラッグ・カルテル。

80年代に世界市場を急速に支配したコカインの掌握をめぐり、あらゆる勢力が衝突する様子を麻薬王、パブロ・エスコバルの物語を軸に描くNetflixオリジナルドラマ。

実際に存在した麻薬王の物語だからこそ面白い。

随所に挟まれる実際の映像からコロンビアの時代背景を感じられるのも良い。

『ナルコス』を観る

青春(ティーン)ドラマ好きにオススメ『リバーデイル』

[jinstar4.0 color=”#ffc32c” size=”16px”]

小さな田舎町リバーデイルを舞台に主人公・アーチー、隣の家に住む金髪の美少女・ベティ、NYからの転校生で黒髪の美少女・ベロニカを中心に巻き送る恋愛、セックス、学校生活、家族問題。

悩み多き青春は穏やかな街で起きた殺人事件によって大きく転換する事に・・・。

一見平和な街“リバーデイル”の暗く深い闇をあなたは知ることとなる。

ツイン・ピークス』と『ゴッシップ・ガール』を混ぜたような世界観が話題沸騰中!!

アメリカの長寿ティーン向けコミック作品『アーチー』の世界観にサスペンス色を加えたCWネットワークの2016年より放送中の人気シリーズ。

主人公・アーチーが学校の音楽の先生とセックス中に銃声が聞こえちゃうという驚きの展開からスタート。しかし、田舎ならではの親、先祖まで遡る関係性が明らかとなり…

『リバーデイル』を観る

家族と観れるコメディー好きにオススメ『フラーハウス』

[jinstar3.5 color=”#ffc32c” size=”16px”]

ホームドラマの決定版『フルハウス』のその後を描く続編。

あのタナー家が帰ってきた!

今回は、幼い息子3人のシングルマザーとなったDJが、妹のステファニー、親友のキミーと、ひとつ屋根の下で子育てに大奮闘!!

吹き替え声優もフルハウスから引き続き一緒。

NHKで『フルハウス』を観ていた人には絶対にオススメ!!

現代ならではの子育て問題から懐かしのネタまで…

『フラーハウス』を観る

多様性あふれる日常コメディー好きにオススメ『マスター・オブ・ゼロ』

[jinstar4.0 color=”#ffc32c” size=”16px”]

俳優の仕事も女の子との関係も、ワンランク上を目指したいデフ。頼りになるかは微妙だが、個性的な友達に囲まれて人生は続く。

ニューヨークに暮らす30歳独身男性の凡庸な日々&ちっぽけな苦悩をユーモラスに描く新感覚コメディ。

日常系コメディの決定版。

毎回、インド系アメリカ人の主人公・デフを中心に様々な年齢・人種・マイノリティなどが物語を展開する。

きっとあなたも共感する点が見つけられるはず!!

『マスター・オブ・ゼロ』を観る

社会問題に関心のある人にオススメ『13の理由』

[jinstar3.5 color=”#ffc32c” size=”16px”]

セレーナ・ゴメスプロデュースの2017年Netflixで最も観られたソーシャルチェーン・ミステリードラマ作品です。

高校生のクレイ・ジェンセンが学校から帰宅すると、玄関に7本のカセットテープが入った箱が置いてあった。

7本のテープの中には2週間前に謎の自殺をした同級生、ハンナ・ベイカーが自らこの世を去る決断をするに至った13の理由が録音されていた。

自殺した女子高校生ハンナが残したテープを中心に巻き起こる周囲の人々への影響を回想とともに描く青春ミステリー。

本作は、性的暴力、いじめ、うつ病をはじめ現代に潜む社会問題を扱っているため米国内で賛否を巻き起こし、”自殺”というワードの検索数がここ半年で伸びる結果に至った。

その一方で、若者のスマートフォン、SNSとの付き合い方、現代の恋愛関係、友情などのプライベートのあり方など共感できる部分があるだけに、今作を通して悩み事の解決のきっかけにするなど良い方向に向かう為に視聴をしていただきたい。

『13の理由』を観る

冒険心を忘れられない人にオススメ『ロスト・イン・スペース』

[jinstar4.0 color=”#ffc32c” size=”16px”]

今作は、1960年代に放映されたSFドラマ『宇宙家族ロビンソン』のリブート作品です。

前置きなし、オープニングなしの開始2分でロビンソン一家は新天地を求めて旅立つ途中、彼らの宇宙船が突然軌道から外れる事態が発生し、一家は目的地からはるか遠く離れ未知の惑星に不時着する。

舞台は、人類が地殻変動によって地球以外の地を探索せざるを得ない状況にある宇宙への入植が現実のものとなった30年後の未来。

新しいコロニー建設のミッションで宇宙へと向かったロビンソン一家。

しかし、本来の目的地から何光年も離れたところに取り残されてしまい…

あらゆる危険や困難が待ち受ける、生き残りをかけた戦いが始まる。

何故ロビンソン一家は宇宙で遭難してしまったのか。生存者は他にいるのか。そして、未知の生物の秘密と脅威とは…

『ロスト・イン・スペース』を観る

編集後記

今回、紹介した8作品はまさに「ベスト・オブ・ネットフリックス」と言える質の高いオリジナル作品。

1話あたりの所要時間もチェックしながら好きなジャンルをイッキ見しよう!!

明智光秀~『麒麟がくる』信長を裏切った本当の理由とは~

温故知新 U25歴史講座:「明智光秀が信長を裏切った本当の理由」

2021年2月に最終回を迎えることが決まった長谷川博己主演・NHK大河ドラマ「麒麟がくる」。当初帰蝶役であった沢尻エリカが突然降板し、川口春奈に急遽キャスティングが変更されたり、コロナウイルスによる緊急事態宣言で収録が一時中断するなど多くのトラブルに見舞われてきた本作。

ドラマ版は「最新の史実に基づく」とある。しかし文献の少なさから、光秀の生涯にまつわる説はひとつではない。

今回は文献を参照した上で、史実により近い観点から「明智光秀」を考察する。

 

明智光秀 像 
明智光秀像:WikimediaCommmonsより引用

名前 明智十兵衛光秀(あけち じゅうべえ みつひで)

生きた年代(死没した年代) 
おそらく1516年(永正十三年)~1582年(天正十年)

性別 
男
出生 
美濃国(みのこく・現在の岐阜県南部)にて1516年生まれ。
(所説あり。ここでは当代記を参照)

死没
山崎の戦い(摂津国と山城国の境・現在の大阪府三島郡本町山崎にて)

所属していた勢力 土岐氏→斎藤道三→朝倉義景→幕府奉公衆→織田信長

官位
従五位下日向守(日向:現在の宮崎県)

親族
 光兼(父・光綱であるとの説もある) 牧(母)光重(祖父)
玄宣(曾祖父・幕府奉公衆かつ連歌の歌人として著名)
煕子(正室)
光慶(長男)岸(長女) 細川ガラシャ(三女・細川忠興の正室)光安(叔父)左馬之助(光安の嫡男)

同時代に活躍した人物 織田信長/豊臣秀吉/徳川家康/斎藤道三/雪舟/ガリレオ・ガリレイ(伊)/マルティン・ルター(神聖ローマ帝国)/ウィリアム・シェイクスピア(イングランド)ほか


楊斎延一(ヨウサイノブカズ)の「本能寺焼討之図」
楊斎延一(ヨウサイノブカズ)の「本能寺焼討之図」:WikipediaCommonsより引用

「敵は本能寺にあり!!」

―天正十年(1582年)6月2日未明。草木も寝静まったころ、織田信長は突如として家臣・明智光秀からの襲撃を受けた。一万三千もの明智軍勢は一瞬にして本能寺をとり囲み、守衛を次々と突破していく。このとき織田軍はわずか100人であり、信長にもはや勝ち目はなかった。自らの死を悟った信長は、最愛の正室、濃姫(のうひめ)とともに寺に火を放ち、腹を裂いて自害した。燃え上がる本能寺が、あかあかと京の空を染めた―

主君として忠誠を誓ったはずの信長を奇襲して自害に追いやった明智光秀。当時天下統一まであと一歩のところであった信長を陥れ、遂にその名を天下に轟かせたようにみえた。しかし本能寺の変のわずか13日後、山崎の戦いにおいて羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)に敗北を喫し、その生涯に幕を閉じることとなる。この非常に短期間で終わった明智光秀の権勢は「三日天下」と揶揄されるほどだ。しかしながら、この本能寺の変によってその後の日本の歴史は否応なしに大きく動いていくこととなった。

パラメーターで分析「明智光秀」

(1)

指導力4(5段階で評価)

信長に仕えていたころの光秀は、各地の制圧を任され軍を率いることが多かった。持ち前の軍才と明晰な頭脳で多くの戦いを成功に導いた。ただし、丹波平定の際には長期におよび苦戦するなど完璧であるとは言い難い。しかしながらその指導力は非常に優れていたと言ってよいだろう。

人望4

戦国時代は動乱の世である。各地に戦国大名が群雄割拠し勢力拡大を目指してしのぎを削っていた。さながら今日の味方は明日の敵といった塩梅だ。主人、家臣を問わず騙しあいが横行したこの下克上の世で、勿論、光秀もしっかりと処世術を身に着けていた。

いくつか例をあげよう。斎藤道三、義龍に美濃の支配権を奪われ、居場所をなくしたときのことだ。光秀は主人であった土岐頼純(トキヨリズミ)の母の家系である朝倉氏を頼って美濃から越前(福井県)にうまく逃れた。そして移ったさきの越前では称念寺(ショウネンジ)の坊主であった薗阿上人(エンアショウニン)と親交を深め、連歌(レンガ)の腕に磨きをかける。この越前での20年近い生活で彼は盤石な人脈を築いた。これらの事実から鑑みるに、人望は十分にあったといえるだろう。更には京都に移ったのちも公家(貴族)の吉田兼右(カネミギ)、兼見(カネミ)親子と親しい間柄であったことが明らかになっている。そして何より、本能寺の変で信長を包囲した一万三千もの大軍を率いたのは、明智光秀、その人である。

政治力4

光秀は直接政治を行ったことはほぼないといえる。しかし諸国で群雄割拠する大名を支配下に置き、全国を統一する野望を持った信長が作戦立案をする際、光秀に相談をもちかけたことからも窺えるように、彼は頭脳として信長から深く信頼を寄せられていた。しかし直接手を下すことはあまりなかったため、光秀にだけフォーカスした伝記などはあまり残されず、後世に伝わるものは多いとは言い難い。

知力5

もともと単なる地方出身の侍であった光秀は偶然幕府に見初められて類いまれなスピードで昇進していく。なぜか。それは彼が非常な歌詠みのセンス高い行政処理力軍才を有していたからに他ならない。いわばマルチプレイヤーであったといってもよい。ずっと地方の辺境に身を置いていた光秀は、当然最初は足軽衆(武士と農民の間に位置する身分の低い武士)であった。しかしある日突然、晴れ舞台に立つこととなる。まず1つは貴族の間で催される連歌会への出席だ。これは地方の足軽には到底考えられない格式高い場であり、光秀も戦々恐々としたことだろう。しかし、ここで光秀は実に見事な句を6句詠み、その名を貴族社会に知らしめた。もとはと言えば彼の曾祖父も名高い歌人であり、その血を見事に受け継いだといもいえる。天性の芸術肌だ。

快進撃はとどまらない。彼は幕府の役人として仕事を始めたのち、膨大な量の訴訟問題を扱うようになる。そしてすべて裁く。その高い行政処理能力はやがて信長の目にも留まるようになる。キャリアマンとしても大変優れていた

さらに1570年(元亀元年)、織田軍と幕府軍がともに朝倉軍に戦いを挑んだときのこと。越前(福井県)に人脈と土地勘があり、戦の経験が豊富な光秀の存在は彼らに必要不可欠であった。その後に起きた姉川の戦いでは、見事織田軍は朝倉・浅井両氏を打ち破り勝利を手にしている。光秀の軍才は信長すらも唸らせるものだったのだ。

忍耐力5

彼が信長や足利義昭にその存在を認知され、日本史に大きく姿を現すのは彼が50歳を超えてからである。それまでの彼の人生は、お世辞にも華やかなものとは言い難い。むしろ苦難の連続であったといってよいだろう。幼いころから運命を共にし、固く忠誠を誓った主の毒死や、自らの一族の没落辺境での生活を20年近く強いられたことなどが、光秀にとってどれだけ辛く厳しい現実であったかは想像に難くない。しかし決して腐らず、その場その場でできることを地道に積み重ねた。その結果、高い能力を身につけ信長に見いだされていくこととなるのだ。

知られざる苦難の半生

明智城跡
明智城跡:WikimediaCommonsより引用
現在の岐阜県可児市・光秀出生の地と伝わる

1516年(永正十三年)、美濃国にて生まれたといわれる明智十兵衛光秀。かつて美濃を支配下に置いた土岐(トキ)氏の家臣である明智光兼のもとに生まれる。戦国の世ではあったが、当時はまだ室町幕府が存在していた。のちの江戸幕府などと同様に、この室町幕府でも1代、2代・・・と直系家族的に将軍の位の継承が行われていた。しかし1493年に起きた明応(メイオウ)の政変。これによって足利将軍家は二分されてしまう。東軍と西軍の2つに分かれた将軍家のどちらの肩を持つか。内部抗争が光秀の身近な場所にも巻き起こったのである。光秀の仕える土岐一族は不安定な時代に突入していく。土岐氏はかつては美濃で大きな力をもち繁栄した一族であったが、このころ既に斜陽であった。

光秀はその父、祖父とともに足利東軍の義澄(ヨシズミ)を支持。同じく義澄を支持する一派の主である土岐頼純(ヨリズミ)にはじめて家臣として仕えることとなる。ここで驚くべきはその年齢である。仕えた当時光秀がわずか10歳、主人である頼純は2歳の赤ん坊であった。

はじめて家臣として仕えた主人は自分と8歳も年下。大名と御家人というよりはさながら兄弟のような間柄であったのではないだろうか。ある意味、主と家臣という立場を超えた紐帯が二人の間には結ばれていた。事実、斎藤道三との三度におよぶ戦いでも光秀は必死に主人・頼純を守り抜いたのだ。光秀が20歳の時に起こった戦いでも、12歳の主君頼純を弟のように守り抜いた。頼純もまた光秀を兄のように慕っていた。少年期・青年期の時間の多くを頼純のもとで過ごした

鷲林山常在寺(ジュウリンザンジョウザイジ)所蔵の斎藤道三像
鷲林山常在寺(ジュウリンザンジョウザイジ)所蔵の斎藤道三像:WikipediaCommonsより引用

しかしこの頃になると、斎藤道三の美濃に持つ影響力はますます大きなものとなる。 土岐氏の美濃支配は、道三の登場によって危機的状況に追い込まれていく。 1544年(天文十三年)、四度目の戦いを道三に仕掛けるも敗北。 すでに美濃は道三に支配され光秀らの居場所はなかった。 その二年後に主君・頼純は道三と和睦を結び、その条件として道三の娘を嫁にとることとなった。 光秀31歳、頼純23歳のことである。 この若い主君にとって、宿敵の娘を嫁にとるという決断が苦しいものであったことは想像に難くない。 まるで弟のようであった主人のこの決断は、光秀の眼に果たしてどう映ったであろうか。

1547年(天文十六年)11月。頼純、急死。

死因は誰も突き止められなかった。斎藤道三の毒殺が疑われたが、強い支配力を持った彼に歯向かえる者はどこにもいなかった。幼少の頃から運命を共にしてきた主人を失った光秀。弟のような大きな存在を失った悲しみと喪失感がどれほどのものだったかは想像に余りある。光秀32歳でのことである。

斎藤道三らによる美濃支配は強固になる一方で、光秀ら土岐一族の居場所はなくなってしまった。美濃に彼らの支配力はもう既になかったのだ。彼は仕方なく、縁を頼りに戦国大名・朝倉氏の本拠である越前(現在の福井県)に移り、実に10年におよぶ隠居生活を送ることになる。この時すでに光秀は41歳。主人を亡くし、敵勢力に自らの本拠地も奪われ、遠く辺境の地でいつ終わるとも知れない隠居を強いられることとなった。

越前に渡った光秀。道三との四度に及ぶ戦いで経験を豊富に積んでいたため、敵征討の前線基地であった舟寄城(フナヨセジョウ)に身を寄せることとなった。とはいえ、この生活は光秀にとって非常に空虚なものであっただろう。年齢もすでに若くはない。越前に来て娘を三人授かりはしたものの、男子は生まれなかった。かつて幕府奉公衆(幕府の武力担当職)に取り立てられたほどの名門の家系は、自分の代で終わる。おまけに代々大切に繋いできた美濃の所領はもうない。非常に苦しい現実であっただろう。しかしこれが戦国時代なのだ。弱き者は滅び、強き者だけが生き残るのである。

類まれな大出世・遅咲きの戦国武将

―契機は突然にして、訪れた―

時の将軍足利13代目・義輝(ヨシテル)が京都にて暗殺される事件が起こった。1565年のことである(永禄の変)。足利幕府の存続を脅かされた大事件である。これにより足利幕府はさらに衰退。幕府を運営するために必要な人手が大きく減ってしまったため、急遽光秀に声がかかったのである。地方出身の単なる足軽に等しかった光秀が、突如として中央政治の場に転がり込んだのである。京都には室町(足利)幕府や朝廷(天皇の住まい)がある。言ってみれば当時の首都である。これは光秀にしてみればまさしく晴天の霹靂であったといえるだろう。このとき光秀実に50歳であった。

こうして1568年(永禄十一年)、遂に光秀は京都の地を踏んだ。当初は幕府の役人といえども足軽衆(アシガルシュウ)というあまり高くない地位に属していた。しかしここから光秀の驚くべき出世劇が始まる。

冒頭に光秀の曾祖父は名高い連歌の歌人であったと書いた。その名も明智玄宣。彼の名は京都の貴族の間でも広く知れ渡っており、ひ孫であった光秀が貴族主催の連歌会に招かれることの理由となった。地方出身の足軽衆に過ぎなかった光秀が、このような晴れやかな場に招待されることは極めて異例であった。しかしそんなプレッシャーをもろともせず、実に見事な詩を六句披露している。光秀の存在が貴族や上級武士に徐々に認知されはじめた。

続いて1569年(永禄十二年)の出来事である。将軍義昭の滞在する本圀寺(ホンコクジ)を三好氏が襲撃した。幕府が滅びかねない危機的状況である。このとき本圀寺に立てこもり将軍を守り抜いた十三人の侍。このひとりに光秀がいた。結果として将軍は無事であり、幕府転倒の危機は寸でのところで回避された。この光秀の活躍により将軍の光秀に対する評価は格段にあがることとなり、彼は御家人の中核を担う幕府奉公衆に大出世。光秀の地位は盤石なものとなったのだ。翌年には待ち望んだ長男である光慶(ミツヨシ)も生まれている。彼の人生が遂に大きく動き出したのだ。

信長との出会い

こうして彼は将軍義昭のもとで多くの仕事を任されるようになった。例えば大量に寄せられた訴訟処理や、朝廷の対応役である。このころになると光秀は一人で幕府と朝廷の調整役を裁くという大任を任されていた。ここに目を付けたのが信長だ。信長は当時、将軍義昭の権力を後ろ盾に付けることによって自らの権力の更なる増大を目論んでいた。つまり将軍義昭と近しいポジションにいたのだ。当然、彼は信長の目に触れることとなる。次第に、信長が戦術を考案する際には彼の相談を仰ぐようになったのだ。

―1571年(元亀二年)比叡山焼き討ち事件―

信長の残虐さを物語るうえで必ず引き合いに出されるこの事件。ここでも光秀は信長と軍事行動を共にし、大きな手柄をたてた。通説では彼は比叡山焼き討ちに反対したとあるが、実際はそうではない。それが証拠に、この焼き討ち後に彼は信長から志賀軍を与えられ、坂本城を居城にしたのだ。光秀が第一線で活躍した褒美として。

坂本城址公園における明智光秀像
坂本城址公園における明智光秀像:WikipediaCommonsより引用

前述の通り光秀は幕府奉公衆として義昭に仕えていた。しかし一方で信長に重用されその結びつきをどんどんと強めていった為、このころになると両属状態になっていた。しかし結果として光秀は・・・・信長側を選んだのである。なるほど光秀は信長の家臣となれば近江坂本城主に取り立てられ、入京からわずか3年にして異例の出世を成し遂げることとなる。これは義昭のもとで奉公衆を続けていても決して叶わない偉業であったはずだからだ。

こうして美濃からはぐれた末に辺境の越前を放浪した光秀は、中央政治の舞台を経て遂に城を持つ大名にまでのしあがったのだ。このとき光秀は56歳。武将としてはあまりに遅咲きであった。

1573年(元亀四年)天下統一を目論む信長により15代将軍・義昭が京都から追放された。これにより将軍権威は失墜し、室町幕府は事実上滅亡した。義昭のもとを完全に離れ、信長に忠誠を誓っていくのだった。信長の寵愛を受け、彼の武将としての人生は満風を帆に受けて動き出したように見えた。しかしここに苦難が立ちはだかる。

光秀は天下統一を目論む信長に丹波(現在の京都府北部から兵庫県中部にまたがる地域)の平定を命じられた。当初はいとも簡単に制圧出来るものと思われたが、後々非常に時間を要することとなった。そして丹波の敵勢力に敗北を喫してしまう。しかも同じ年、戦に出向いた先で赤痢(セキリ)を患い、既に61歳を迎えた老体は生死をさまようこととなった。加えて4か月後には光秀の妻が病に倒れ帰らぬ人となったのだ。この立て続けに起きた悲劇が彼に与えた影響は計り知れない。1576年のことであった。

光秀の裏切りと本能寺の変

順風を帆に受けてようやく動き出したように見えた彼の武将人生。しかし彼と信長との間の関係に亀裂を入れる重大な出来事が起こることとなる。全ては信長の大いなる野望に起因していた。中国大陸統一である。

当時国内を統一しかけていた信長の次なる欲望は、(ミン、中国大陸の王朝)制服であった。甚だ突飛に見えるこの野望を、信長は大真面目に実行しようとしていたのだ。明に進軍するとなると、前線で戦を指揮し舵をとるのは当然、光秀らとなる。光秀だけではない。ようやく生まれた彼の息子も戦地に赴くことになる。圧倒的な明の軍力に到底敵うわけもなく、野垂れ死ぬことは自明であった。

それだけではない。信長は当時四国を支配していた長宗我部(チョウソカベ)氏を滅ぼそうとしていた。長宗我部氏と光秀は同盟関係にあり、死なれては信長政権下における明智の立場は圧倒的不利となる。

勿論光秀は信長を説得することも試みただろう。しかし信長は反論する年老いた光秀に殴る蹴るの暴行を加えるなど、到底話の通じる相手ではなかった。

そもそも光秀が本当に欲したものは、何だったか。

権力?地位?名誉?そうではない。

彼が本当に望んだものは、明智一族の将来にわたる安寧であったのだ。

既に67歳となった我が身はもう長くはないだろう。しかし、彼には守るべきものがあった。娘や息子が自分の死んだあとも幸せに繁栄していくこと。一度は潰えたように見えた明智の家系を未来に繋いでいくこと。それが男として、武将としての彼の責務だったのだ。彼が一番欲しかったものは、娘や息子の笑顔だったのかもしれない。

戦地で息子を無駄死にさせては絶対にならない。長宗我部氏という同盟がなくなればまだ幼い息子は到底やり抜いていけない。

天正十年(1582年)6月2日未明。明智光秀は信長の待つ本能寺を奇襲した。信長に腹を裂いて自害させ、寺は燃えさかった。その炎は、あかあかと京の空を染めた。