【メラニア夫人】トランプ政権ファーストレディーを解説

メラニア・トランプ氏は東欧の旧ユーゴスラビアで生まれ育ちました。26歳で渡米、ファッションモデルとして活躍します。2005年にはドナルド・トランプ氏と結婚、後に彼が大統領に就任したことで自身もファーストレディーとなりました。

キーワード解説:メラニア・トランプ

経歴

1970年 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国(現在のスロベニア)で生まれる

1996年 渡米

2001年 米国永住権所得

2005年ドナルド・トランプと結婚

2017年 大統領夫人(ファーストレディー)となる

メラニア夫人の生い立ち

1970年に旧ユーゴスラビアで生まれました。(複数の国家に分裂していますが、メラニア夫人の故郷は現在のスロベニアにあたります)

その圧倒的な美貌から16歳でモデルデビューを果たします。

コマーシャルへ出演やパリミラノでの活動など、10代の頃から頭角を現して現していました。

26歳の頃、母国でユーゴスラビア内戦が悪化したこと、アメリカ人実業家を出会ったことなどを理由に渡米しています。(メラニア氏の故郷は比較的平穏だったそうです)

その後、アメリカでのパーティーで出会ったドナルド・トランプ氏と2005年に結婚しました。

メラニア氏はトランプ氏の3人目の妻です。

2人の間にはバロン・トランプという男の子の子供がいます。

2017年、夫のトランプ氏が大統領に就任したことに伴いアメリカ合衆国「ファーストレディー」として大統領を支えることとなりました。

メラニア・トランプは外国出身ですが、外国出身のファーストレディーは190年ぶりだそうです。

また、ドナルド・トランプの前妻のイヴァナ氏が自身をファーストレディーだといったことに対して「残念ながら、単に注目されたいだけの、自分勝手な真似だ」と反論を唱えたことが話題となりました。

このイヴァナ氏はイヴァンカ・トランプ大統領補佐官の母親です。

メラニア夫人ってどんな人? ドナルド・トランプ氏の妻【画像集】(HUFFPOST)
メラニア夫人の若い頃が可愛い!年齢・身長・生い立ちと経歴・学歴の噂も!(Groove)

[itemlink post_id=”9070″]

ファーストレディーとしての外交

2019年に来日した際に皇后の雅子さまと時間をかけて話をしました。

その時、雅子さまは自らメラニア夫人の手を握り、顔を寄せられました。

メラニア夫人も自然にそれに応え、両頰を軽く触れ合わせるチークキスを交わされました。

故郷である東欧のスロベニアでは、親しい友人にはチークキスをする文化があるそうです。

メラニア夫人の思想は?

メラニア氏は外国出身のファーストレディーであることからリベラル寄りではないかとされています。

実際にトランプ氏の移民政策を批判したことがあります。

こういった経緯も相まって、バイデン氏と闘った2020年アメリカ大統領選挙ではトランプ氏に敗北の受け入れを進言したと報道されました。(この報道に対してはトランプ陣営から否定の声明が出され、メラニア氏自身もTwitterで「違法なものを除き、合法的な票はすべて集計されるべきだ」と投稿しています)

メラニア夫人らが「敗北を受け入れる時」とトランプ氏説得との報道も 陣営幹部はTwitterで否定<アメリカ大統領選>(東京新聞)

最後に

東欧で生まれたメラニア氏は、あのアメリカ合衆国大統領の夫人となりました。

これからもメディアで大注目を浴びるであろうトランプ氏の妻とあって、目が離せない存在ですね。

【アメリカ大統領選挙】5分でわかるバイデン氏の政策

キーワード解説:ジョー・バイデン

本名:ジョー・バイデン

経歴

出身:ペンシルヴァニア州スクラントン

出身校:デラウェア大学、シラキューズ大学

前職:弁護士

所属政党:民主党

政治家としての経歴

アメリカ合衆国上院議員:当選回数6回

2009年〜2017年:アメリカ合衆国副大統領(オバマ政権)

バイデンの生い立ち

1942年、アメリカ東部のペンシルヴァニア州で生まれます。

幼少期より「きつおん症」というスムーズに言葉を発することができない病気に悩まされながら育ちました。
毎日鏡に向かって詩を朗読することで克服したそうです。

学生時代はフットボールに熱中、デラウェア大学入学後は政治学と歴史学を専攻します。

その後シラキューズ大学で法律を学び弁護士となりました。

大学在学中に出会った女性と24歳の時に結婚し3人の子供を授かります。(妻と娘は上院議員となった翌月に交通事故でなくなりました)

1972年に上院議員に当選を果たし、当時幼かった息子を育てながら政界での活動にも励みます。

自身も病気を経験しながらも復帰し、そこから30年以上民主党を支えてきました。

重鎮となった2008年、アメリカ大統領選挙に挑戦します。
(ブッシュ大統領が当選した1988年の大統領選挙にも挑戦していたため2度目の挑戦でした)

当時民主党の代表として激戦を繰り広げていたオバマ氏ヒラリー・クリントン氏を前に苦戦、撤退を表明してオバマ氏の支持を表明しました。

オバマ氏が大統領になると、バイデン氏は副大統領に指名されオバマ大統領の任期満了まで務めます。

2017年、退任直前のオバマ大統領から大統領自由勲章を受賞しました。

中国に対しては?

オバマ政権下では中国への宥和政策がとられたのに対し、トランプ大統領は中国へ高関税を設定し中国が報復で関税を引き上げる状況でした。

直接的な戦闘はなかったものの経済面でお互いに報復しあったこの状態は米中貿易戦争と呼ばれています。

さらには、2020年初頭から全世界へ猛威をふるっている新型コロナウイルスが中国の武漢で発生したこと、香港の一国二制度が脅かされていることから米中に緊張が走っています。

バイデン氏も近年のアメリカが取ってきた対中強硬路線を取る可能性が高いとみられています。

バイデン氏はこれまでの選挙戦で、中国の少数民族や台湾への圧政を批判してきました。

また、歴代アメリカ政権が「あえて明確な姿勢を示さなかった」台湾の問題についても「台湾に対する軍事力行使にわが国が即応することを明確にするべき」としています。

他方では、国際機関に懐疑的だったトランプ政権を批判しています。

バイデン氏は「トランプ政権が国際機関を軽視したことが中国の横暴さを招いた」という考えです。

アメリカ・ファーストではなく国際強調を選択するようですが、「オバマ政権下での対中協調が中国の台頭を引き起こした」との批判があることも事実です。

黒人暴動と人種差別問題

2020年5月、白人警官が黒人男性を射殺したことが世界中で大きなニュースとなりました。

ブラック ライヴズ マターという合言葉で大規模なでもが行われたことで、アメリカの根深い人種差別問題が再燃しています。

バイデン氏は「治安の維持と法律を遵守すべきだ」として過激なデモや暴動を取り締まる姿勢を示すトランプ大統領のを批判し「トランプ大統領が人間の差別的な感情を正当化している一方で、これまで注目されなかったアメリカの構造的な人種差別にも光が当たっている」と述べました。

バイデン氏は抗議活動には賛成で、人種差別とは徹底的に戦うようです。

景気対策

アメリカでは、

共和党は小さな政府(日本の自民党)
民主党は大きな政府(日本の立憲民主党など)

を掲げています。

民主党中道派のバイデン氏は、格差是正を目指し増税を訴えています。

消費税のような一律増税ではなく、年収40万ドル以上の高額所得者を対象に増税する構えです。
(全納税者の1割未満です)

法人税も引き上げる考えを示しており、富裕層や大企業からの税収アップを図り格差是正を見込んでいます。

一方で、法人税を引き上げられた大企業がお金を溜め込んで新規事業の投資や雇用がなくなり、結果的に経済が低迷するのではないかと不安視する声もあがっています。

【日米関係】バイデンと日本

結論から述べますと、バイデン氏の大統領就任で日米関係がどうなるかは「わかりません」。

アメリカ歴代民主党政権は「国際協調」の傾向があります。

日本の視点から考えると、日米同盟を特別視するよりも世界の情勢を見た上で日本との関係を構築していこうとする思想ともいえるでしょう。

戦後75年を迎え世界の情勢が目まぐるしく変化し利権も複雑に絡み合う中で「アメリカの最大の同盟国は日本だ」と断言することは容易ではありません。

トランプ大統領と安倍前首相は良好な関係を築いていたことから、バイデン大統領の誕生は日米関係に悪影響を与え、中国のさらなる脅威をもたらすのではないかとの意見があります。

対して「トランプもバイデンもさほど変わらない」との見方もあります。

アメリカが世界を圧倒的に引っ張る存在でなくなっている今、政治思想が異なる、ましてや人権問題で糾弾されている中国をバイデン氏も無条件で受け入れる可能性は極めて低いとされています。

「なってみなければわからない」というのが結論です。

「バイデン大統領」誕生なるか

目下、アメリカ大統領選挙が行われています。

テレビ討論や候補者、支持者のSNSも連日盛り上がりを見せています。

「国家元首」を直接投票で決めるアメリカ大統領選挙(厳密には違いますが)は2年前から政党の代表者を決める程大規模なもので、アメリカ国民にとってはお祭りのようなものです。

大統領の権限が非常に強いアメリカは、トップが変わると様々なことが変わります。

アメリカ国民の決断が世界中に影響を与えることは間違えありません。

トランプ大統領続投かバイデン新大統領の誕生か、世界中が注目しています。

https://atomic-temporary-151149301.wpcomstaging.com/2020/10/22/trump/

【トランプ大統領】大統領選間近!政治経験がない大統領

キーワード解説:ドナルド・トランプ大統領

経歴

生年月日:1946年6月14日

出身校:ペンシルベニア大学ウォートン・スクール

政党:共和党

前職:会社経営者

生い立ち~大統領になるまで

トランプ氏は1946年にニューヨークで生まれ、不動産開発で成功を収めた父の後を継ぎ経営者として名を馳せました。

ニューヨークのトランプタワーを筆頭に世界中で自らの名を冠した建物を運営して成功を収める一方、カジノリゾート事業に失敗するなど挫折も経験しています。

また、自らが司会者を務めるアプレンティスという番組で人気を博しました。

トランプ氏は2016年の大統領選挙で共和党の予備選に出馬します。

当初は政治経験が全くないトランプ氏は不利と見られていましたが、既存の政治に失望した白人労働者層などの支持を集め、共和党の大統領候補に指名されました。

本選においてもかつての大統領夫人であり、国務長官も務めたヒラリー・クリントン氏を僅差で下し、第45代アメリカ合衆国大統領に選出されました。

トランプ大統領の政策

移民問題

トランプ大統領は就任前から「メキシコとの国境に壁を作る」と発言し、移民に対して厳格な姿勢を見せました。

就任後すぐにイスラム教徒が多い国7カ国の出身者に対してアメリカへの入国を一時禁止しました。

また、中南米の国々からアメリカへの亡命を目指す「移民キャラバン」に対しても国境警備に軍隊を派遣するなど、強硬に対応しています。

経済政策

トランプ大統領の経済政策は減税と規制緩和を軸としています。

個人法人税の減税や金融、エネルギー関連の規制緩和などを行ったことにより、株価や失業率といった各種経済指標は好調を表しています。

今秋の大統領選挙の相手バイデン氏は富裕層への増税などを訴えており、選挙での重要なテーマとして注目です。

コロナ対策

トランプ大統領の新型コロナウイルスへの対応は経済再開を重視し、対策に積極的ではありません。

アメリカでは累計700万人以上の感染者が発生し、大統領自らも感染しました。

しかし、トランプ大統領はコロナ対策をめぐる与野党協議を大統領選が終わるまで停止させるなど、対策に本腰を入れているとは言えないようです。

外交

トランプ大統領はビジネスマン出身ということもあり、外交においても今までの歴代政権とは一味違う外交を展開しています。

日本に対しても就任前から「日本が在日米軍の費用負担を増やさなければ米軍を撤退させる」と発言するなど、強硬な姿勢が目立ちました。

しかし、安倍前総理と友好的な関係を築き、大統領就任後の日米関係は極めて良好です。

国際社会における最大のライバルである中国との関係においては貿易赤字を問題視して中国からの輸入品の関税を引き上げるなど、現在も白熱している貿易摩擦を生み出しました。
「米中貿易戦争」とやばれていたこの両国の批判の応酬は、連日報道されていました

その他にも北朝鮮の金正恩委員長と三度の直接会談を行うなど、良くも悪くも歴代政権が行動に移せなかったことを実行しています。

トランプ大統領のTwitter

トランプ大統領はツイッターを積極的に活用しています。

ツイートがニュースで引用される、問題になることもあります。トランプ大統領のTwitterは、世界に8,700万人のフォロワーがいることでも有名です。(2020年10月現在)

最近、話題になったツイートをいくつか紹介します。
https://twitter.com/realDonaldTrump/status/1266231100172615680?s=06
白人警官に黒人男性が殺された事件への抗議暴動に対して軍の派遣と銃撃を示唆するこのツイートは、暴力を賛美するとしてTwitter社により自動表示が停止されました。

https://twitter.com/realDonaldTrump/status/1266231100172615680?s=20
コロナウイルスに感染し入院していたトランプ大統領は退院後「コロナを恐れるな」とツイートしました。

この他にもコロナウイルスを軽く見ているとも取れるツイートが多く、物議を醸しています。

良くも悪くも話題になるトランプ大統領のTwitter。フォローしてみるとおもしろいかもしれません。

最後に

今年の大統領選挙においてニュースでは劣勢といわれるトランプ大統領ですが、一方で熱烈な支持者も多いようです。

いよいよ来月に迫ったアメリカの選択から目が離せません。

https://timetankcom.wordpress.com/2020/06/19/shinzo-abe/