【BLM】リンカーンの奴隷解放宣言後の19世紀の黒人たち

多様な人種、民族が暮らすアメリカ合衆国は、人種差別の歴史と闘ってきました。
今ではヒスパニックやアジア系の人々もたくさん住んでいますが、「差別」と聞くとやはり黒人の歴史を思い浮かべるでしょう。
アメリカにおいて黒人の地位が確立されたのは1865年のことです。
しかし、人種差別がすぐになくなることはありませんでした。

キーワード解説:19世紀の黒人差別

リンカーン大統領の奴隷解放宣言

ブラック・ライブズ・マター(BLM)運動が全米で話題となりました。

黒人に対する白人警官の行為への抗議から始まった運動です。

アメリカと人種差別問題は、アメリカ合衆国そのものの歴史と密接に結びついています。

南北戦争真っ只中の1863年1月1日、リンカーン大統領によって奴隷解放宣言が発布されました。

「アメリカ全土の奴隷たちは即時自由人としての権利をもつ」という内容です。

1865年12月、憲法修正第13条が成立し、アメリカ全土で奴隷制度が完全に廃止されます。

では、解放された黒人奴隷たちは本当の意味での自由を手にしたのでしょうか。

ご存知の通り、答えはNoです。

今回は、奴隷解放宣言後、とりわけ、19世紀後半の黒人たちについて紹介します。

「黒人取締法」の成立

南部の黒人たちは解放され自由を手にしたかに思われました。

ところが、実際には社会的地位が保証されたわけではなく政治的権利も認められませんでした。

黒人の労働力を酷使していた南部の白人農園領主たちは、奴隷制度廃止後も黒人たちを自分の支配下におき続けたいと考えます。

そして、1865年に南部の州議会で黒人取締法が制定されました。

これは、南部諸州で黒人に対して定められた様々な非人道的な法律の総称です。

土地所有の制限、夜間の外出禁止、人種間の結婚の禁止など、多岐にわたる内容でした。

 これらの諸法律は、1964年に公民権法が成立するまで続いたのです。

白人至上主義団体〜K・K・K〜

1865年12月、南北戦争中のテネシー州の南軍帰還兵士らによって組織された白人至上主義団体が創設されました。

K・K・K(クー・クラックス・クラン)です。

彼らの目的は、南北アメリカの再統合に反対することでした。

新たに選挙権を得た黒人男性に対する暴力と脅迫によってその目的を成し遂げようとしました。

彼らは降伏した北軍の黒人兵士たちを何百人と殺戮します。

街を歩いている黒人に集団で襲いかかり、選挙の際投票に来た黒人男性に銃を突きつけ投票先を強制するなど、非人道的な行為を繰り返したのです。

1871年、クー・クラックス・クラン法が制定され連邦政府の取締りで人数は減少しましたが、この時期は南部における白人至上主義がおおむね達成されたためでもあったとされています

翌年以降、KKKは事実上解体されたもののルイジアナ州の白人同盟や、サウスカロライナ州の赤シャツ隊など、各地で暴力的な反黒人団体が存在し続けました。

公民権が再び失われる

リンカーン大統領が一掃を図った奴隷制度擁護派は勢いを盛り返し、黒人への報復意思を持って政治の表舞台へと戻って来ます。

彼らは共和党の政治を批判し、暴力に加えて、黒人が選挙に行くことができないよう遠い場所に投票所を設置し投票箱を塞ぎ、あらゆる手段を使って黒人を妨害しました。

南部諸州では、父か祖父が選挙権を持っていた者にだけ選挙権を認めたり、人頭税(全ての国民に一律で課される税金)を払っている者だけに選挙権を認めたりするなど、事実上黒人を選挙から締め出したのです。

[itemlink post_id=”9224″]

まとめ

奴隷解放宣言は有名無実化され、黒人たちは差別と戦い続けました。

彼らが本当の意味での自由を手にするのはおよそ100年後、キング牧師の登場によるものでした。

21世紀に入った現在ですら、度々人種差別問題が議論され激しい抗議活動が行われています。

「人種差別」という言葉そのものがなくなるような時代がくるのはいつになるのでしょうか。

B L Mの時代の『13th-憲法修正第13条-』

人種問題と映画

人種差別問題と僕たちの世代

2020年5月25日、アメリカ・ミネソタ州においてある黒人男性が現地警察に殺害されたことから「Black lives matter(BLM)」を訴える運動がアメリカ全土、ひいては世界中に広がっている。日本においても、デモが行われる他、S N S上にも様々な意見が飛び交っており、我々もその潮流の中にいると言える。

日頃から、日本人、特に我々日本の若者は、グローバルな問題に関心が低いと言われることが多いが、今回の問題に対しては、これまでになく関心が高いと感じる。その要因の一つとして、人種問題を扱った映像作品の存在は否定できないだろう。

さて、本日紹介する作品は僕たちが知るべき「現実」を教えてくれるものだ。
この作品に描かれていることは、我々にとってあまりに非現実的でありながら、当事者にとっては現実、常識である問題を扱っている、人種と社会の作品だ。

「13th-憲法修正第13条-」

(7月1日現在、YouTubeでも見ることが出来る)

2016年の9月に出されたこのドキュメンタリーは、Netflix作品『僕らを見る目』の監督、エヴァ・デュヴァーネイの作品である。
作品内では、マイノリティに対して犯罪者であるというイメージ付けを行い、差別を肯定してきた歴史を振り返り、南部奴隷解放後から現在まで続く、マイノリティーと刑務所への大量投獄体制をテーマとする。

大量投獄体制とは、何か。

アメリカの奴隷解放以前において、奴隷は綿花・タバコを生産する安価な労働力として使用されてきた。安価な労働力を使用して生産された綿花やタバコは、安価で販売することが出来、それによって、アメリカ社会は莫大な利益を生み出していた。

しかし、奴隷解放となってしまうと、安価な労働力を失うことになる。
そこで、アメリカ社会は「元奴隷」を様々な法律で取り締まり、刑務所での懲役によって労働力を確保することにシフトした。「犯罪者」を見つけるために、これまで微罪とされ、取り締まられなかったものや犯罪とは考えられないものも厳罰化した。そうして、多くの黒人を(無実の者も当然いた)大量に投獄した。
これが、大量投獄体制である。

そもそも、アメリカでは64年までジム・クロウ法が存在し、黒人は「合法的」に差別されている。確かに56年前それは撤廃されたが、社会そのものが変わったわけではない。人は変わらず、圧倒的な差別は残ったのだ。だから、それに不満を持つ多くの黒人が犯罪に手を染め、逮捕・投獄されたというのも自然の流れだろう。
黒人は粗暴で貧乏だから犯罪を犯す、などという間違った言説が流れることもあるが、人種問題は明らかに「社会」が生み出した歪みだ。

「現実」は続く?

ここまでは、歴史の教科書でも、よく教えられる内容であるが、
驚くべきことに、現在もこの体制は続いていることを映画は伝える。

アメリカには、2012年の時点で、200万人以上もの刑務所収容者がおり、全世界の約4の1の囚人がアメリカに集中しているのだ…。

KW解説

この先の内容は映画の本編に譲りたいと思うが、せっかくなので人種主義を扱う映画をもっと楽しむためのキーワードを2つ紹介する。

クラック
元々、コカインの歴史は、粉末のコカインが、比較的富裕の白人を中心に広まっていたことに始まる。
1980年代には、固形のコカインであるクラックが新たに発明され、黒人層を中心に広まっていった。
それと同じ時期に、純粋な反麻薬運動によって始まった麻薬の取締が始まる。
この運動は、固形のクラックを、粉末型のコカインに比べ、100倍以上の量刑になるまでに重罪化させてしまう。
結果的に、多くの黒人がクラックによって逮捕され、黒人コミュニティや家庭を崩壊させてしまうという事態が発生した。

刑務所産業複合体
刑務所における懲役刑とは、刑務所内において、仕事を行いながら生活するという刑である。賃金も発生するが、非常に低いこともあり、事実上、無いに等しい。
ここに目につけたのが、企業である。懲役囚を労働力と見なすことで、人件費を抑えることが可能であるのだ。
刑務所という社会的なシステムと企業との関係。
これが、刑務所産業複合体である。

ちなみに、弁護士ドラマとして日本でもリメイクされた原作の「SUITS」においても、刑務所と、企業の関係の関係性が触れられるエピソードが存在している。
こちらもぜひ、チェックしてもらいたい。

「最強の二人」

「最強の二人」は2011年にフランスで作られた、大富豪でありながら、過去の怪我により体が不自由な老人と、その介護人となった貧しい移民の若者の物語である。
全世界で大ヒットしている名作で、2013年には日本アカデミー賞を受賞している。
そしてこの作品は、2017年にブライアン・クランストンとケヴィン・ハートによって「人生の動かし方」としてリメイクされた。

リメイク版との相違点

リメイクを見る時に重要になってくるのが、原作との相違点である。
リメイク版において、貧しい黒人のデル・スコットは、刑務所において父親と出会い、「おかえり」と言われたことで、(父親は、刑務所=黒人という構図に諦めており、刑務所=家と考えている)、自分は息子に対して、自分達とは違う生活を歩ませたいと考える場面がある。

「黒人コミュニティ」の意味

この設定は、一見ありきたりなものに感じてしまうこともあるが、重要な意味があり、現代の大量投獄体制を知っていると、この設定が、特別なものではなく、黒人コミュニティーと家族という意味において、示唆的であること気が付く。
今回は一例を紹介したが、様々な作品において人種主義の問題は扱われているのでぜひ見て、考えてください。

我々は「現実」を知らなければ。

グローバル化と、インターネット社会化によって、世界は一体になりつつあるが、真に彼らとわかり合うためにはこうした問題への理解は不可欠かもしれない。
日本人の僕らはこうした「社会問題の常識」を、あまりにも知らない。
今回のBLM運動の中で、自分に出来ることは何かと考えた時、その答えの1つは「知ること」であると思った。
21世紀において、この問題は国外の問題ではなく、一人一人が取り組むべき問題なのである。
今回紹介した「13th-憲法修正第13条-」は正直、内容として難しいところもある。
しかし、人種問題を考えるための「第一歩」として映画を見るというアクションをおこしてみてもらいたいと考えます。