【メラニア夫人】トランプ政権ファーストレディーを解説

メラニア・トランプ氏は東欧の旧ユーゴスラビアで生まれ育ちました。26歳で渡米、ファッションモデルとして活躍します。2005年にはドナルド・トランプ氏と結婚、後に彼が大統領に就任したことで自身もファーストレディーとなりました。

キーワード解説:メラニア・トランプ

経歴

1970年 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国(現在のスロベニア)で生まれる

1996年 渡米

2001年 米国永住権所得

2005年ドナルド・トランプと結婚

2017年 大統領夫人(ファーストレディー)となる

メラニア夫人の生い立ち

1970年に旧ユーゴスラビアで生まれました。(複数の国家に分裂していますが、メラニア夫人の故郷は現在のスロベニアにあたります)

その圧倒的な美貌から16歳でモデルデビューを果たします。

コマーシャルへ出演やパリミラノでの活動など、10代の頃から頭角を現して現していました。

26歳の頃、母国でユーゴスラビア内戦が悪化したこと、アメリカ人実業家を出会ったことなどを理由に渡米しています。(メラニア氏の故郷は比較的平穏だったそうです)

その後、アメリカでのパーティーで出会ったドナルド・トランプ氏と2005年に結婚しました。

メラニア氏はトランプ氏の3人目の妻です。

2人の間にはバロン・トランプという男の子の子供がいます。

2017年、夫のトランプ氏が大統領に就任したことに伴いアメリカ合衆国「ファーストレディー」として大統領を支えることとなりました。

メラニア・トランプは外国出身ですが、外国出身のファーストレディーは190年ぶりだそうです。

また、ドナルド・トランプの前妻のイヴァナ氏が自身をファーストレディーだといったことに対して「残念ながら、単に注目されたいだけの、自分勝手な真似だ」と反論を唱えたことが話題となりました。

このイヴァナ氏はイヴァンカ・トランプ大統領補佐官の母親です。

メラニア夫人ってどんな人? ドナルド・トランプ氏の妻【画像集】(HUFFPOST)
メラニア夫人の若い頃が可愛い!年齢・身長・生い立ちと経歴・学歴の噂も!(Groove)

[itemlink post_id=”9070″]

ファーストレディーとしての外交

2019年に来日した際に皇后の雅子さまと時間をかけて話をしました。

その時、雅子さまは自らメラニア夫人の手を握り、顔を寄せられました。

メラニア夫人も自然にそれに応え、両頰を軽く触れ合わせるチークキスを交わされました。

故郷である東欧のスロベニアでは、親しい友人にはチークキスをする文化があるそうです。

メラニア夫人の思想は?

メラニア氏は外国出身のファーストレディーであることからリベラル寄りではないかとされています。

実際にトランプ氏の移民政策を批判したことがあります。

こういった経緯も相まって、バイデン氏と闘った2020年アメリカ大統領選挙ではトランプ氏に敗北の受け入れを進言したと報道されました。(この報道に対してはトランプ陣営から否定の声明が出され、メラニア氏自身もTwitterで「違法なものを除き、合法的な票はすべて集計されるべきだ」と投稿しています)

メラニア夫人らが「敗北を受け入れる時」とトランプ氏説得との報道も 陣営幹部はTwitterで否定<アメリカ大統領選>(東京新聞)

最後に

東欧で生まれたメラニア氏は、あのアメリカ合衆国大統領の夫人となりました。

これからもメディアで大注目を浴びるであろうトランプ氏の妻とあって、目が離せない存在ですね。

【トランプファミリー】イヴァンカ・トランプとは何者なのか?

キーワード解説:イヴァンカ・トランプ

第45代目アメリカ大統領ドナルド・トランプの娘イヴァンカ・トランプ。女性実業家、ソーシャライト、女性相続人、ファッションモデル、大統領補佐官と、その経歴から尋常な人物でないことはうかがえるが、彼女の実像はどのような物なのでしょうか?今回は、トランプファミリーの1人イヴァンカ・トランプについて解説していきます。

イヴァンカ・トランプはどのような人物なのでしょうか?経歴やその人柄に迫ります。

イヴァンカ・トランプとは?

本名:イヴァンカ・マリー・トランプ

生年月日:1981年10月30日(39歳)

出身:ニューヨーク州ニューヨーク市、マンハッタン

出身校:ペンシルベニア大学ウォートン・スクール

所属政党:共和党

前職:実業家、ファッションモデル現職:大統領補佐官

イヴァンカ・トランプ の経歴

1981年、イヴァンカ・トランプは不動産王ドナルド・トランプの長女としてニューヨークのマンハッタンに生まれます。

10歳の時にアメリカ社交界で最も有名だった父ドナルド・トランプ母イヴァナ・トランプが離婚し、離婚騒動が長きにわたりタブロイド紙を賑わせたため、イヴァンカもパパラッチのターゲットになりました。

幼い頃から芸能界に興味を持っていたイヴァンカは、15歳の時にモデルとしてデビュー。両親の知名度もあって、イヴァンカはすぐに注目を集め、有名老舗雑誌『セブンティーン』の表紙を飾り、アパレルブランド「トミー・ヒルフィガー」のキャンペーン広告や、「ヴェルサーチ」「ティエリー・ミュグレー」など有名ブランドのファッションショーにも起用されるようになります。しかし、モデル活動は長く続かず、高校を卒業するとともに引退を発表。

モデル活動から身を引いた理由は、他のモデルたちとの不和だと言われています。(後のインタビューで、彼女はモデルたちのことを「世界で最も意地悪で卑怯な女性たち」と表現している)

その後、イヴァンカはアメリカのビジネススクールの中でも超名門のウォールトン・スクールを「優等(cum laude)」(成績が上位15%以上の人に送られる称号)で卒業すると、複数の不動産企業を渡り歩き、父ドナルドがCEOを務めるトランプ・オーガナイゼーションに入社します。

入社後は、不動産開発・買収部門の副主任を任され、父譲りのビジネス手腕を発揮。多くの事業の立ち上げだけでなく海外事業も数多く手がけました。

2009年、イヴァンカは不動産関係のビジネスランチで出会った、ジャレット・クシュナーと結婚します。

クシュナーは、不動産開発会社クシュナー・カンパニーズの跡取りで、タブロイド紙『ニューヨーク・オブザーバー』のオーナー。不動産界隈の超ビックカップルの誕生となりました。

ブランド経営者としての「イヴァンカ トランプ(IVANKA TRUMP)」

イヴァンカは、そのビジネス手腕を不動産業だけではなくファッション業界でも発揮することを決め、2014年に自身のファッションブランド「イヴァンカ トランプ(IVANKA TRUMP)」を立ち上げます。

ブランドのコンセプトは「すべての働く女性のために」

20代をターゲットとして、ヤングキャリアのワーキングウーマンのため「適度にセクシー」で「手の届く価格帯」の商品を揃えていました。

しかし、実際の購買層は30~40代と言われており、父ドナルドが大統領選に勝利した後は不買運動に見舞われ、ブランドから客足はどんどん遠のいていきました。

そして、ブランドの顧客として残ったのはトランプ擁護派。それはつまり、イヴァンカが想定した顧客より年齢層が上の共和党地盤の地域に住む白人女性でした。イヴァンカの商品を買い続けている層は「大統領選でトランプに投票した層と一致」するとされ、イヴァンカのブランドは、最終的にトランプ支持者が政治的な理由でのみ買っているという、政治的アイコンになってしまいました。

その結果、イヴァンカは、父ドナルドが大統領選に勝利し不買運動が始まってから1年半ほどで、自身のファッションブランドを閉鎖することを発表しました。

ゴシップガールにも出演?

さて、そんな華々しい経歴を持つイヴァンカは義母であるメラニアトランプとの確執や父・ドナルドとの関係など、様々なゴシップに囲まれた人生を送っていますが、実はアメリカの超人気ドラマ「ゴシップガール」にも出演したことがあります。

ゴシップガールは、実在するニューヨークの高級住宅街、アッパー・イースト・サイドを舞台として、名門私立学校に通うセレブな高校生の恋や友情をゴージャスに描いた人気青春ドラマで、多彩な数々のゲストが登場するドラマです。

[itemlink post_id=”8899″]

イヴァンカが出演したのは、シーズン4第6話「小悪魔はなぜモテる?!」。

イヴァンカは、夫のジャレッド・クシュナーと一緒に本人役で出演しました。出演の理由は、ドラマの舞台であるアッパー・イースト・サイドに住んでいたからだそうで、イヴァンカにはセリフがあったのですが、ジャレッドにはセリフがありませんでした。

元大統領の娘・注目度は変わらず?

アメリカ大統領選がようやく決着し、ドナルド・トランプ氏は大統領任期を終えることなくホワイトハウスを去ることがほぼ確実となりました。

このことは、おそらくトランプファミリーの一員であるイヴァンカ・トランプにも影響を及ぼす事態でしょう。

今後のアメリカの動向だけでなく、彼女らトランプファミリーの動向を見守るのも、面白いかもしれません!

20代というブランドのターゲットより年齢層 が上の共和党地盤 の地域 に住む白 人女性でした。イヴァンカの 商品を買い続けている層は「大統領選でトランプに投票 した 層と一致 」するとされ、イヴァンカのブランドは、最終的 にトランプ支持者が政治的 な理由でのみ買っているという、政治的 アイコンになってしましました。その結果、イヴァンカは、父ドナルドが大統領選に勝利し不買 運動が始まってから1年半ほどで、自身のファッションブランドを閉鎖することを発表しました。ゴシップガールにも出演? 実はイヴァンカ、原作本が全米でシリーズ通算400万部のベストセラーとなった人気ドラマ「ゴシップガール」にも出演したことがあります。ゴシップガールは、実在するニューヨークの高級住宅街、アッパー・イースト・サイドを舞台 として、名門私立学校に通うセレブな高校生の恋や友情をゴージャスに描いた人気青春ドラマで、多彩な数々のゲストが登場するドラマです。 イヴァンカが出演したのは、シーズン4第6話「小悪魔 はなぜモテる?!」。イヴァンカは、夫のジャレッド・クシュナーと一緒 に本人 役で出演しました。出演の理由は、ドラマの舞台 であるアッパー・イースト・サイドに住んでいたからだそうで、イヴァンカにはセリフがあったのですが、ジャレッドにはセリフがありませんでした。