【緊急避妊薬を巡る法律改正へ】実体験から日本の「性意識」を考える

【緊急避妊薬を巡る法律改正】実体験から日本の「性意識」を考える

なんとか這いつくばってきた婦人科。頑張れ私。

渋谷の婦人科はまだ閉まっていた。
当然だ。平日の朝9時なんだから。
朝だというのに、沢山の同い年の女性がいた。

日本の「性知識」は充分なのか

10月7日、政府は緊急避妊薬について医師の処方箋がなくても薬局で購入できるようにする方針を固めた。2021年にも導入する予定だ。

このニュースは、SNS上で多くの女性から、賛成の声が見られた。

これまで署名活動を行ってきた人たちは、やっとの思いで掴み取ったもの。
まだ通過点ではあるけれど、性意識について男女で問うべき問題だと窓口を広げることができたと思う。

避妊薬が手が届く値段では、近場では、買えない。
欧州やアジアなど世界86カ国では、医師の診察なしで購入することができる中、日本は性意識で遅れを取っていることが分かる事実だ。

避妊薬をまだ薬局で買えない理由は、悪用・乱用を防ぐためなど言われているが、一番は性教育の不十分さがあると思う。

この法案を検討する世代の性知識は十分であろうか。
女性の立場に沿った考えができる人はどれほどいるだろうか。

性はどこかタブー視され、正しい知識を学校から学べなければいけないけれど不十分である。

誰にも言えない。どうすれば良いかわからない。
女性だけが背負う問題では決してない。

私は今年、緊急不妊薬を貰いに勇気を出して婦人科まで足を運んだ。
そのことを思い出せる範囲で振り返って見る。

実体験から「緊急避妊薬」を考える

まだ人通りが少ない時期の渋谷。
ぐちゃぐちゃの髪と崩れたメイクで泣きそうになっていた。
どこからどう見ても朝帰りの女だ。

帰りたい、帰りたいと思ったけど、嘘のような数時間前の記憶が、私を全力で婦人科に行くよう奮い立たせてきていた。

「あぁ…なんてことしちゃったんだろう…」

当時、彼氏もいなかった私は、コロナで久々の外出で完全に舞い上がっていた。いや、病んでいたんだと思う。
友達に誘われ、数人かの知らない人たちと、久々のお酒を楽しむ。カシオレ、ハイボール、テキーラ、ハイボール、ハイボール。ベロンベロンに楽しい気分でフラフラしていた。

そんな私を見かねたのか、12時過ぎ。バラバラと解散していく中で、私はさっき会ったばかりの男と気付いたらタクシーにいて、気付いたら、部屋にいた。いい雰囲気だったのか、自分でもわからないけど。でももう、いいやって思っていた。

それから気付けば朝になり、うっすらゴムつけてないなぁっと思った。
でも考えないようにしていた。
私は人生で初めて遊ぶという体験をし、どうすればいいか分からなかった。

これが、ほんと数時間前のわたしだ。
冷静になり、朝のマックでコーヒーを飲んでいた。なんとなく、パンツが不快な気がして、嫌な事を考えて、おもむろに検索をし始めた。

「避妊 失敗」「妊娠確率」「渋谷 婦人科」

ある婦人科の緊急避妊薬はジェネリックを含めると3種類だ。
一番高く、効果の出るものは、一万円以上。そこから5千円、7千円で妊娠確率が費用により変わっている。学生にとっては高価だ。
もちろん「頭痛」「吐き気」など副作用もある。

数十分迷った。行かなくても大丈夫かもしれない。100%妊娠するわけじゃい。でも次、生理がこなかったら?中絶するときの費用は?

72時間以内に緊急避妊薬を服用すると、約8割の確率で妊娠を防げるらしい。
早いほど、効果はあがる。

かかるかもしれない1万円を捻出しなければいけない事が恨めしい。
せめてあの男にお金さえもらっておけば…最悪な事を考える。
そしてお金だけではない。
タイムリミットも迫っている事にさらに追い討ちをかける。

最初の行為から何時間だ。酔って記憶のない私は指を追って、何時間か考える。寝たい、家に帰って寝たいけど、寝たら死ぬ。

私は意を決して、婦人科に行く決意をした。
誰にも相談できずとにかく不安だった。

這いつくばってきた婦人科。
頑張れ自分。
渋谷の婦人科は、まだ閉まっていた。
当然だ。平日の朝なんだから。
でも朝だというのに、沢山の同い年の女性がいた。
「仲間だー!イェーイ!」
と心の中でハイタッチする気分ではなかった。
全員が目的一致で朝から婦人科に並んでいる訳ではないと思う。
でも、崩れた髪と眠そうな顔で並ぶ女性だけの列は、地獄の入り口かのような風景だった。

婦人科の前に10人以上の女性が並ぶこの現状に、絶望を感じた。
どんな背景があるか分からない。でもきっと婦人科にいる相応の理由があるのだ。

ガラガラガラ。
シャッターが開いて、受付をする。
何十分か待つ時間は、ここ最近で1番長く感じた。副作用、お金、時間、罪、馬鹿だなぁと思いながら怒りの矛先が自分だけになる事に気付いた。

「奴は、奴はなんも思ってないだろ..(いつの間にか奴呼ばわりしていた)」

なぜ女性だけがこんなに悩むのか。抱え込まなければいけないものなんだ。
もっと自分を大切にしないと!そう言われるのは分かってるけど、分かってるけど、、まるでドラマみたいな現象に哀れな自分。
漫画なら確実に、後ろの背景に白黒の縦線が入っていた。絶望。

名前が呼ばれ、医師に一連の出来事を話す。
幸い私は日常的にピル を服用していたことが功を奏し、「多分大丈夫だろう」と言われた。
急いで帰宅して、服用してくださいということだった。

今すぐ飲みたいという気持ちを抑え、泣きそうになりながら、深く頭を下げ、お礼を言った。

結果的に残ったのは、死ぬほど焦る時間とすり減った心だけだ。
バカみたいだった。バカで、バカで、死んでしまいたいと思った。

緊急避妊薬を薬局で

緊急避妊薬を薬局で買えるようにすること。
日本産婦人科医会は「女性の知識不足」を反対の理由にしている。

薬局に避妊薬を置くと、「悪用される」とか「若い女性は性知識がない」「次を防ぐにはどうするかの説明が必要だ」などと言われている。

でも、男性たちが中心となり慎重な意見を話し合っていく中で今もなお、絶望の淵にいる女性を忘れないでほしい。

そして男性が考えもしない所で、何倍もの重さを女性が背負っている事も考えてほしい。

この問題は女性だけの問題ではない。日本全体で性別を問わず性教育の低下が挙げられているのは事実だ。

しかし、環境を整える事を願っていては、先には進まない。今、生理がこないで悶々とする女性はたくさんいると思う。

私は本当にバカな事をした。
性の知識不足だから避妊をしてないのではない。

それでも、間違いを犯してしまう時がある。

緊急避妊薬を薬局に。

それだけで、死にたくなるような絶望から救われる人たちがいる。

[itemlink post_id=”8116″]

[itemlink post_id=”7767″]

https://atomic-temporary-151149301.wpcomstaging.com/2020/06/19/woman/

生理について考える。低用量ピルは女性活躍に繋がるのか?

ピルと生理と女性活躍

低用量ピルって何?

男性目線から言うと「低用量ピルって避妊薬のこと?」と考える方が多いのではないかと思いますが、低用量ピルは普段の生理痛を和らげたり、子宮内膜症の治療にも使われます。

この「低用量ピル=避妊薬」という認識が、女性が学校や職場でピルを服用しづらい原因と言えます。本記事を書いた理由としまして、男性に「女性の生理」を少しでも理解していただいて、社会が生理に対して、少しでも寛容になれば良いなと思いました。

生理を理解しよう

生理は月に1回のものという理解が一般的だと思いますが、そこには期間的な幅があります。生理が始まる1、2週間前からPMS(月経前症候群)が始まり、多くの場合で生理が始まると症状が軽くなります。

人によっては日常生活に支障をきたす場合もあり、その性質には個人差があります。

誤解を生んでいる「アフターピル」

前述しましたように、低用量ピルは避妊薬以外にも生理痛の軽減などにも使用されます。また、生理不順で生理が来なかったり、逆に生理が多くある場合にも使用されます。

おそらく、よく想像するのがアフターピル(緊急避妊薬)だと思いますが、アフターピルの印象が強く、「避妊の為に飲んでいるんだな」と思われる最大の要因です。

アフターピルは処方箋医薬品といい、医師の処方なしでは購入する事はできません。アフターピルの入手しにくさも指摘されています。

生理は女性の社会進出の妨げとなるか

■生理休暇取得について (女性対象)
・取得したことがない(87.2%)
・就いている職業に関わらず、取得したことのない人が多い
■生理について周囲に言えなくて困った経験(女性対象)
・非常にある/あると答えた人(39.1%)

【調査概要】
調査名:生理に対する意識に関する調査
調査方法:インターネットリサーチ
調査対象者:16歳~65歳 男女
調査サンプル数:624名(10代・20代・30代・40代・50代・60代 各104名)
※10代は16歳~19歳を対象
調査期間:2019年12月12日(木)~2019年12月13日(金)

引用:「令和」の生理に対する意識の実態とは

生理休暇の取得をした事がない人の割合や、生理について周囲に言えなかった経験を持つ人の割合は多いのが実情です。

この結果は生理について社会の理解が進んでいない結果であることは言わざるを得ません。

生理が重たい日のコンディションは半分以下です。働き方における生産性の向上や効率化が進んでいます。また、向上させようという動きが活発です。

しかし、生理は女性のパフォーマンスアップを妨げてしまう原因になっているようです。

仕事で迷惑を掛けたくないからが1位、仕事を休むほどでもないが2位と続きます。

男性の理解も必要だが女性の発信も必要

男性は本質的には生理というものを理解できません。

この「本質的」というのがミソで、男性は経験する事がないからです。

上司が男性の場合、生理によるパフォーマンスの低下を察知することが難しく、それを空気感的に「察せ」というのは無理だと思います。

男性と女性の相互理解をより深めるために、女性自身も問題を主体的に取り組み、発信する事で、認知されるスピードが早くなるのではないかと思います。

私が強調したいのは、女性全員がそうではないという事で、「生理が辛いので休ませて下さい」という方がいれば、「生理の中でも仕事をしたい!」という方もいると思います。女性という枠で見るのではなく、個人で見ることが男性には必要になっていくスキルではないでしょうか。