【ママ友いじめ】無視・陰口・ウワサ話。ママ間で起こるいじめ

無視・陰口・ウワサ話。

疲弊する”ママ友”

産後、多くのママコミュニティで頭を悩ませている問題があります。

それは、ママ友間のコミュニケーションについてです。

誰もが、許されない行為だと思っているはずなのに、なかなかこの世界から消えてなくならない”いじめ”ですが、それはママ友コミュニティでも例外ではありません。

そんなママ友いじめについてスポットを当てていきます。

ママ階級、何で決まる?

NHK番組”あさイチ”ではママの階級はなにで決まるのかというアンケートを行いました。

基本的に多くの部分で「高収入」が階級を上げる要素になるようです。

階級に差ができるということは、”ボスママ”が存在するということです。

単にボスママといっても、自らボスになったわけではなく、周りからボスママ扱いされることもあるようです。

「あの人ボスママだから逆らわない方がいい。後で怖いよ」というように、政治的な駆け引きが行われるようです。

中見出し:ママ友いじめ

いじめは子供だけでなく、大人も起こしてしまいます。

グループ内の会話が無視されてしまったり、大切なことを教えてもらえないなど、無視型が多いようです。

ママ友からのいじめの原因は何なのでしょうか?

それは、家庭内のストレスや嫉妬、また子供間の関係によって引き起こされることもあるようです。

[itemlink post_id=”9313″]

結局どうすれば良い?

ママにも様々な種類があり、告げ口ママ、ボスママ、クレクレママなど種類があるようです。

告げ口ママとは、あることないこと周りに吹き込むママ友のことです。

ボスママとは、序列が生まれることで支配構造を生み出すママのボスのことです。

クレクレママとは、「あれ頂戴(クレ)、これ頂戴(クレ)」とドンドン要求してくるタイプのママ友です。

そういったタイプのママ友としっかりと対処していくことが大切です。

告げ口ママの対処法

告げ口をしたり、他人の噂話を伝えてくる人間の情報は鵜呑みにしないようにしましょう。

告げ口ママは情報の真偽はどうでもよく、単に話好きな人がうわさを流す点が薬価隠者ところです。

情報が真実であるかを、元の発言者に確認するなどして、裏取りをしましょう。

ボスママの対処法

ボスママの厄介なところは、ボスママに対してご機嫌取りをしなければならない点にあります。

機嫌を損ねてしまうと、絶妙な根回しによって村八分にされてしまいます。

対処法としては、ボスママがいるグループには参加しないことが大切です。

入ったグループで後でボスママがいることが分かった場合は、違うグループに徐々に移行することも考えてください。

ボスママのコミュニティに近寄らないことが対処法になります。

まとめ

ママ友のトラブルは女性だけの、閉鎖的な空間で縄ばり争いが行われることで起こります。

夫婦共働きが進み、夫が育児に均等に関わるようになれば、雰囲気が変わっていくのかもしれません。

ママ友には非常に助けになる方もいれば、距離を置いたほうが良い方もいます。

[itemlink post_id=”9311″]

【5分でわかる】男性の育児休業取得の現実は?

男性の育児休業取得は一般的?

男性の育児休業取得の現状

男性の育児休業はなかなか進んでいません。

平成25年度 育児休業制度等に関する実態把握のための調査研究事業_報告書によると、「男性の育児休業取得率は、低調に推移しており目立った増加は見られない。」としています。

画像からわかるように、男性の育児休業取得は全く一般的になっていないようです。

男性は育休取れるの?

育児休業(育休)は性別を問わず取得できます。

育児・介護休業法には「子が1歳に達するまでの間(子が1歳を超えても休業が必要と認められる一定の場合には、子が最長2歳に達するまで)、育児休業をすることができる」と定められています。

男性が育休を取得できた理由として最も多いのが「休暇を得やすい職場だったから」と挙げられています。

休業の取得率はその会社の雰囲気に左右される部分が大きいのです。

男が育児休業を取得するメリット

男性が育休を取得することで、多くのメリットがあります。

・ 子どもと過ごす時間が増え、よりコミュニケーションを取ることが出来ます。

・一緒にいる時間が増え、日中の子どもの様子を見られるので、普段は気付かない発見があるかもしれません。

・ 配偶者の復職時の最も大変な時期に、父母が協力して子育てできるようになります。

・ 育休前後で業務の引き継ぎが発生をしますので、自身の担当業務の効率化を図る機会になります。

まとめ

現状として育休はなかなか取得できていない世の中です。

だからこそ、育休を取得し「育休をとるのは当たり前なんだ」とみんなが思う必要があります。

育休は認められた権利ですので、遠慮せずしっかりとりましょう!

[itemlink post_id=”9173″]