私は何故、れいわ新選組を支持するのか

私がれいわを支持しようと決めたのは、舩後さんを一目見た時だった

初めて記事を書きます。自己紹介がてら、私の支持政党である、れいわ新選組との出会いについて書いていこうと思います。

【自己紹介】

かもめんと申します。宜しくお願い致します。
れいわ新選組若者勝手連 (Twitter:@reiwawakamono)代表で中の人。大学1年19歳。 与野党問わず反緊縮派の議員を応援。支持政党はれいわ新選組と国民民主玉木派。 共産党、あたらしい党、自民党反緊縮派を消極的に支持。自民党、公明党、維新は基本不支持。安倍政権断固不支持。れいわ新選組が一番の推し政党。山本太郎代表をはじめ、舩後やすひこ議員、木村英子議員を支持、候補者を支援。ポスター貼りボランティアやスタンディングなど、リアルでの主体的な活動とともに、Twitterやtiktokなどでの広報活動を進めている。

序章。浪人生となった私

2019年の春。私は高校3年生で、都内の某国立大学を目指して受験勉強に励んでいた。高校が進学校だったこともあり、周りは皆優秀で勉強熱心な人が多く、勉強しなきゃダメなんだ、“いい大学に入らなきゃダメなんだ”と漠然と思い込んでいたこともあり、それなりに勉強した(つもりになっていた。)しかし、いざ臨んだ受験で、結果はほぼ全落ち。私は志望校に落ち、軽い絶望を覚えつつ浪人生となってしまう。これが、私がれいわを支持する一つの序章となるのでそのあたりから書いていく。

浪人生には人権がない(断定)。「勉強しなきゃ」という強迫観念のもと、遊びに出かけても罪悪感、机に向かっても焦燥感。時折覗くSNSには同級生が楽しげに大学生活を送っている写真ばかりで劣等感。「自分は社会のなんの役にも立てていない」「家族に迷惑ばかりかけている」と、申し訳なさがいっぱいで、生きている心地がしなかったのを覚えている。なんとなーく生きるのが辛くなり、なんとなーく死にたい。この電車に飛び込んだら、、とか、この歩道橋から落ちたら、、とか、なんとなーくずっとかんがえていた。進学校だったということもあり、大学進学できなかった自分を嫌悪し貶め、こんな俺には生きる価値などないと思っていた。社会から排除されたという疎外感もあった。社会の役に立っていない自分、承認欲求を満たせない自分。苛立ちを超え無力感すら覚えていた。大手予備校に通わせて貰えたほど、経済的にも社会的にも私は恵まれていたが、心は空虚で貧困だったと、いまはおもう。もちろん本当に自死や自傷などは親が悲しむのが目に見えているし痛いので(ココ重要)そんなことはしないけれど、やはり心のどこかでずっと、生きている価値などないと思っていた。これが去年の2月3月辺りのこと。

きっかけは「生きててくれよ!」

本当にたまたまだった。私は休憩がてら、YouTubeを見ていた。2013年の参院選のときにたまたま演説を生で聞いて以来、ほぼリアタイで見てきた、山本太郎と、彼が4月に立ち上げたばかりのれいわ新選組の動画。5月5日のこと。それは小倉での演説の動画だった。

普段の街宣での山本太郎は、モニターに具体的なデータなどを映し政策を訴え、支持を呼び掛けるスタイルで、聴衆にマイクを渡し山本太郎が回答する形式で議論を深め、たまにやじが飛びそれにユーモアを交え応えるという、有権者とのやり取りが主眼のもの。普通に勉強になる内容で、山本太郎のトーク力も相まって中々面白い。しかし、このときの街宣はのちに“伝説の演説”と呼ばれるくらい有名になる、特に見ごたえのあるものであった。

聴衆とのやり取りで感情が高ぶり泣いた山本太郎。片付けしながら動画を見ていた私は、引き込まれた。片付けの手が止まった。動画を見てほしいが、私は、山本太郎の熱意、気概に圧倒された。以下、文字起こしを抜粋してコピペする。

【あなたに何ができるの? あなたは国の役に立ってる? 会社の役に立ってる? 家の役に立ってる? 常に(このように)言われるのは「マウンティング」ですよ。そんな中で自分自身に自信が持てなくて、生きてていいのかとまで思ってしまって、自分は存在していていいのかとさえ思わされる。そんな世の中に生きているのがもう嫌なんだって話なんですよ。それを救えるような政治を作りたいからここに立っているんですよ。】

【今の自民党の若手は何か? 働き方がぶっ壊されたり、外国から大量に外国人が…、外国の労働者を呼び込めるようになったり、TPPに賛成したりとか。この国がぶっ壊されることを次々に賛成し続けているんですよ。理由は何? 自分のキャリア、潰したくないから。ここで総理がやることに反対するなんて言ったら、次、自分に目がないから。そんな人間にこの国救えるかよって思いますよ。ガチで喧嘩する気力もないのに、気概もないのに、どうして政治の場に来たんだよって話なんですよ。】
【もうすでにみんな食われてるんですよ。この国に生きるみなさんのために政治をやりますなんて前提、茶番の国会の中ではないんですよ!だから6年いたから、もう一回同じ茶番に6年、自分があの中に入ったとしても、ガス抜きにしかなれてないんじゃないですか。それをもう一回、僕がやるんですか?意味がないとは言わない。でも本当にそれじゃ救えないじゃないかってことですよ。だから力貸してくださいって。みんなで変える時に来てるんだよって。もう時間ないですよ。時間ない。だからこうやってお願いしてるんです。力貸してくれませんか。】

「力を貸してください。」山本太郎は何度も頭を下げていたが、私はそれに呼応しようと決意した、のである。私は、この動画を見て、そうだ、私は生きてていいんだ。と、晴れた気持ちになったのを覚えている。そして私は、気分転換のため、れいわのボランティア活動に参加することを決意した。(正確には、気づいたら街宣会場にいたくらいの、開き直りである)

舩後さんを一目見た。泣いた。

先述の通り、浪人生ながられいわの街宣ボランティアに参加するようになった私だが、まだ、このときも、私は閉塞感の中にいた。予備校通いの日々。授業も面白いし、友達にも恵まれ、学業も安定してきたので、浪人生活初頭に比べ明るく過ごせていたのが事実である(死にたいと思うこともなくなった)。しかし、まだ、このときも、私は閉塞感の中にいたのである。言葉にはできないレベルの、モノクロの世界。無機質な感じ。なぜかは今でも私にはわからない。外部からの影響なのか、内部の問題なのか。

とある街宣で大型車椅子を押され移動中の舩後さんを見たときのことである。一目見て、私は泣いていた。ほんとうに。自発的に。この人、生きてる、生きてるんや、、、、と感動して泣いた。

舩後さんは見た目には寝たきりであるため、正直なところ、死んでいるようにも見える。喋れないし、手足も動かせない。しかし、私の目の前で、舩後さんは生きていた。頬を紅潮させ、必死で生きていた。手足を動かせないかわりに、その心臓の拍動の生々しさが、私の目に飛び込んできた。その衝撃で、私は泣いていたんだと思う。生きなきゃ、と思った。ほんとうに、今でも鮮明に覚えているが、舩後さんが私の目の前を横切った瞬間、今までモノクロだった世界が色づき、耳に街宣の騒音が飛び込んできたのである。ぶわあぁっと。
「死にたくなる社会をやめたい」「生きててよかったと思える社会をつくりたい」。それをキャッチコピーで終わらせることなく、舩後さんや木村さんというアイコンで可視化し、明確なメッセージとして打ち出したれいわ新選組。私は、自身の浪人時代の経験から、これらに共感し、支持するようになったのである。これが2019年7月の頭らへんの話。

れいわ新選組若者勝手連って何すか?

話ガラッと変わって若者連という団体のはなし。2019年7月。参院選に向けて、少しでも多くの人に知ってもらいたいと、私はTwitterでの情報発信を始めた。当時は、「若者が政治に口出すな」「若造のくせに生意気」という感じのリプが多かったが、一方で、「今の若者は政治に無関心だ、なさけない!」といった風潮もあり、若者の政治参加には高いハードルを感じていた。声を上げないと聞いてくれないが、声を上げると叩かれる。それに対するアンチテーゼとして、「れいわ若者連」を一人で立ち上げた。若者も声を上げているぞ、政治に関心ある若者はここにいるぞ、と声を上げるつもりで。そうしたら、同じような思いを持つ仲間がちらほら声かけてくれて、若者勝手連は人数を増やしていく(現在進行形)。現在、若者勝手連には80人以上のメンバーがおり、日々議論を交わしている。大変楽しい。

【れいわ新選組若者勝手連】れいわ新選組や反緊縮を応援支持する若者が集う、政治談義やリアルでの活動のための非公認の勝手連。れいわ新選組の支持を広げ、反緊縮や、若者の声を永田町や霞が関に届けるべく活動中。 ご質問や参加ご希望の方は reiwawakamono@gmail.com或いはTwitterのDMへお願いいたします。

締め。

これが参院選やら都知事選やらいろいろすっ飛ばしつつ書いてみた今に至るまでのれいわ新選組若者勝手連の活動のダイジェストと、なぜ私かもめんはれいわ新選組を支持しボランティアに勤しんでいるか、という自己紹介も兼ねた記事です。駄文長文、お目汚しを失礼いたしました。こんな感じで記事を書いていくつもりですので、policyのライター仲間の皆さん、読者の皆さん、以後お見知りおきを。また、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします。参院選や都知事選、次期衆院選の話題はこれからの記事にて皆さんにも共有したいと思いますので、その時はまた読んでくださると幸いです。

[itemlink post_id=”5268″]

https://atomic-temporary-151149301.wpcomstaging.com/2020/06/25/yamamoto/

【山本太郎】「れいわ新選組」代表・山本太郎ってどんな人?

キーワード解説:山本太郎

経歴

生年月日:1974年11月24日(45歳)

出身校:箕面自由学園高等学校中退

前職:俳優、参議院議員

現職:れいわ新選組代表

政党:れいわ新選組

当選回数:1回(参議院議員)

参議院議員:2013年~2019年

政治家としての経歴

2013年 参議院選挙に東京都選挙区から出馬し、当選

2014年 「生活の党」に入党し、党名を「生活の党と山本太郎となかまたち」に改めさせ、共同代表

2019年 参議院選挙に向け「れいわ新選組」を設立、比例区で出馬するも落選

ツイッター :山本太郎 Twitter

Facebook:山本太郎 Facebook

山本太郎 経歴〜追いたち〜

大阪の箕面自由学園高校1年の時に『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』の「ダンス甲子園」に出場し、芸能界に入ります。

1991年、映画『代打教師 秋葉、真剣です!』で俳優デビューを果たします。

2011年4月に反原発運動を開始した際、自身が政治的な活動をすることに対する事務所への影響を考え、所属事務所を退所します。

以後はフリーで俳優活動をしていました。

2012年4月、太陽光発電設備の販売や施工を手掛ける「ソーラーリフォーム社」(横浜市)に正社員として就職します。

山本太郎 経歴〜政治家として〜

2012年に「新党 今はひとり」を立ち上げます。

衆議院議員選挙に出馬し日本未来の党・社会民主党の支持を受けますが、落選します。

2013年の参議院議員選挙には東京都選挙区から出馬し、生活の党、社会民主党、緑の党、新社会党の支援を受け、4位で初当選を果たしました。

その後は脱原発を主張する候補を党として公認するなど、反原発活動を進めます。

2014年の衆院選後、小沢一郎氏が中心となった「生活の党」に入党し、党名変更した「生活の党と山本太郎となかまたち」の共同代表に就任します。

2019年、参院選に向けて離党後「れいわ新選組」を設立しました。

優先的に障がいを持つ候補を2人当選させたため、自身は落選します。

山元氏自身は落選したものの、比例区で最多の個人名を獲得し、政見放送は84万回再生されるなど、「れいわ旋風」や「れいわフィーバー」とメディアで評され注目を集めました。

現在は「れいわ新選組」公認候補として東京都知事選挙に出馬しています。

山本太郎の政策診断

問1:憲法改正に賛成ですか、反対ですか。
回答:反対

問2:憲法9条の改正について、あなたの考えに近いのはどれですか。
A:改正には反対だ

問5:安倍政権の経済政策「アベノミクス」は成果を上げていると思いますか。
A:思わない

問6:消費税率は今年10月に10%に引き上げることが法律で決まっていますが、引き上げの延期または中止を求める声があります。あなたはどう思いますか。
A:法改正し、引き上げを延期または中止すべきだ

問9:原発は日本に必要だと思いますか。
A:必要ない

問16:日本の核武装について、あなたの考えに近いものを一つ選んで下さい。
A:将来にわたって検討すべきではない

問18:同性婚を制度的に認めるべきだと考えますか。
A:認めるべきだ

問20:皇族の数が減らないようにするため、皇族の女性が結婚後も皇室に残る「女性宮家」を認めることに賛成ですか、反対ですか。
A:賛成

引用:2019参院選 比例区 山本太郎-毎日新聞

れいわ新選組は山本太郎氏が立ち上げた政党であり、党の政策は山本太郎氏の政策であるといえるでしょう。

政治を志すきっかけとなった反原発活動

原発(原子力発電所)に関する問題は、山本太郎氏が政治を志すきっかけともいえます。

山本氏は「巨大地震が起こった時に原発が耐えられるのかどうかは、地震が起こった後にしかわからず、その場合の危険性」という観点から脱原発を訴えています。

当面の電力は火力でまかない、将来的には100%再生可能エネルギーを目指しています。

このことに対して原発賛成派からは「原発はコストパフォーマンスが良い」「電力の安定供給には必要である」といった意見も出ています。

山本太郎が訴える「消費税廃止」

山本氏は消費税廃止を強く訴えています。

「消費減税でまとまることが出来なければ野党共闘に協力しない」と明言するほどです。

その目的として、消費減税、消費税廃止による景気の回復を図ることを挙げています。

さらに、「景気が回復することで結果的に賃金も上がる」と主張しています。

国債発行による積極財政

山本氏は国債発行を財源とした積極的な財政政策を主張しています。

デフレ時(物価が下がっている状態)限定で国民に3万円給付、コロナ対策として都民にもう10万円給付などの政策を掲げています。

「れいわ新選組」経済政策公約の財源論

山本太郎のツイッター

山本太郎氏のツイッターのフォロワーは現在42万人です。

これは東京都知事選挙に立候補した時のツイートです。

最後に

山本太郎氏は都知事選にも立候補しており「れいわ新選組」の名前と共に度々話題となっています。

今後もメディアなどで注目されていく政治家の一人でしょう。

https://atomic-temporary-151149301.wpcomstaging.com/2020/06/23/totijisen-yukue/

東京都知事選の見方(小野・山本編)自由主義 VS 社会主義

東京都知事選の見方(小野・山本編)~自由主義vs社会主義~

現職の小池百合子都知事の任期満了伴う東京都知事選が18日に告示され、17日間に及ぶ選挙戦が幕を開けました。

今回の選挙戦には、過去最多となる22人が立候補しています。情勢(20日現在)は、毎日新聞と社会調査研究センターの世論調査(「都知事にふさわしいのは」小池氏51%、宇都宮氏10% 毎日新聞全国世論調査 )によると、前評判通り現職の小池百合子氏が優勢となっており、宇都宮健児氏、山本太郎氏、小野泰輔氏が追う展開となっているようです。

ただし、この世論調査はあくまで全国調査であり、対象は都民に限定したものでは無いため、注意が必要です。

いずれにせよ、現職の小池氏の圧勝ムードが漂よっている選挙戦であるのは間違いありません。しかし、日本の首都である東京のリーダーを決める選挙を、小池圧勝の一言で終わらせるべきではありません。

そこで、今回は、小野氏と山本氏に焦点を当て、主要な報道とは違う視点から、選挙戦を分析していきます。

堅実的な小野候補

あまりに勿体ない「行政マン演説」

告示後初の週末となる6月20日、筆者は小野氏の演説会場へと足を運びました。そこで小野氏は、8年間務めた熊本県副知事としての実績や、科学的エビデンスに基づいたコロナ対応の必要性などを、丁寧に訴えていて、小野氏の実務能力、政策立案力の高さを感じると共に、良い意味でも悪い意味でも堅実な印象を受けました。というのも、内容自体のレベルは高いのですが、話し方が一本調子で、会場の一体感や盛り上がりが欠けてしまっているように感じたのです。

これはまさに、元行政マンらしい演説とも言えますが、他の主要候補者と比べて知名度の低さが課題なので、人々を寄せ付ける演説が必要不可欠です。勿論、キャッチコピーを多用する必要はありませんが、いくら良い政策を掲げていても、都民に届かなければ絵に描いた餅でおわってしまいます。間の取り方や、抑揚の付け方など、伝え方を工夫していく必要があるのではないでしょうか。

地味に見えて画期的な政策の数々

小野氏の掲げる政策は、他の候補者と比べると一見地味に思えるかも知れませんが、実は画期的な政策が多々盛り込まれています。例えば、東京都知事選にも関わらず、多極分散型社会の実現による地方創生を掲げている点です。

これは、東京の人・物・金・情報が地方に流れる訳ですから、一見すると、東京都にとって不利な政策に見えるかも知れません。しかし、小野氏は地方と東京の循環を促し、地方と東京が共存・共栄することで、東京が持続可能な都市になると訴えており、筆者はこの点に、特に共感しています。他にも、公営事業の一部民営化や、学校外教育バウチャーの導入、都立大学の無償化等、未来志向かつ攻めの政策が数多く見受けられます。( 政策 – Policy )

また、小野氏は政治手法として、「職員を信頼し、失敗をおそれず都民の幸福のために挑戦する組織文化をつくり、その能力を最大限引き出す」ことを掲げています。このことは大変重要で、小池都政の足らざる点であると筆者は考えます。その証拠に、かつて都庁職員を活かす行政運営を掲げていた石原慎太郎元都知事に比べ、小池都知事に対する都庁職員の評価は30%近く低い数字となっています。優秀な都庁職員を信頼し、いかに上手く動かすことが出来るのかは、まさに都知事の力量そのものではないでしょうか。

投機的な山本候補

心が突き動かされる「メイ演説」

筆者は小野氏の演説会場へ足を運んだ後、山本氏の演説会場へも足を運びました。そこで驚いたのは聴衆の数です。肌感覚ですが、小野氏の10倍程度はいたように感じました。それも若者が多く、通行人が足を止める姿も多く見受けられました。勿論、知名度の違いはあるとは思いますが、元俳優ということもあり、演説の上手さは見事なもので、思わず聴いてみたくなる気持ちも分かります。

正直、筆者は山本氏の政策には共感出来ないものが多いですが、山本氏の血の通った言葉の数々には、思わず心が突き動かされそうになりました。見出しに、「メイ演説」と表記したのは、内容には共感出来ない(迷演説)ですが、演説の上手さは認めざるを得ない(名演説)という意味があります。

美濃部都政の二の舞を演じかねない政策の数々

山本氏の掲げる政策は、一見聞こえは良いかも知れませんが、結局は非現実的な理想論で、財源を気にせず福祉政策を充実させた結果、財政悪化を招いた美濃部都政の二の舞を演じかねないものであると筆者は危惧をしています。例えば、都債発行による15兆の財政出動は、財政悪化を招き、財政破綻にも繋がりかねないものです。(詳細は後述します。)

また、山本氏はキャッチコピーとして「あなたはすでに頑張りすぎている。本当に頑張らなければならないのは政治だ。」を掲げています。このキャッチコピーは、まさに山本氏の思想そのものであると筆者は考えます。例えば、山本氏は都が空き家等を買い上げ、低廉な家賃で貸し出すという政策を主張されています。これは、行政による経済への介入を強めるもので他なりません。このように、山本氏が掲げる多くの政策の根底には、社会主義的思想が存在しているのです。(政策)

国の行く末を占う小野・山本対決

誤解だらけの緊縮批判

近頃、消費増税や、新型コロナウイルス感染症による経済的打撃により、国や地方公共団体が財政の支出規模を縮小すること(緊縮財政)に対する国民の不満が高まってきているのはご案内の通りです。確かに、昨年の10月に消費増税を行ってしまったのは問題であり、国の財政支出における、いわゆる真水が不足していることは否めないと筆者も考えています。(このことは、いずれ詳しく寄稿する予定です。)

ただ、緊縮財政への行き過ぎたアンチテーゼが目立ち始めたことには危惧をしています。そして、その代表的存在がMMTであり、そのMMTを掲げている国政政党が、山本氏率いるれいわ新撰組であると筆者は認識しています。

そのれいわ新撰組公認かつ代表である山本氏は、その思想を地方行政に持ち込んでいると言わざるを得ません。前述の都債発行による15兆円の財政出動(全都民への10万円給付、1年間の授業料免除、中小零細企業・個人事業主の粗利補償など)は、まさにその象徴ではないでしょうか。

山本氏は、他県に比べて東京都の実質公債比率(地方自治体の収入に対する実質的な借金の割合)が低く、20兆円の都債が発行が可能なため、15兆円の都債発行は問題ないという主張をされています。また、多額の都債を発行する際の買い手の問題に関しては、日銀に引き受けさせれば良いとの意見があります。

しかし、引き受けの確証も無く多額の都債を発行することはあまりにリスクが高いのではないでしょうか。それに、国が国債発行を伴う大胆な財政出動が可能なのは、国債を日銀が引き受けることで、結果的に利子が税外収入として政府に戻ってくるからです。即ち、日銀が政府の実質的子会社だからこそ出来るのです。よって、日銀や通貨発行権を持たない地方自治体が、多額の地方債を発行すれば、財政破綻を招くリスクが十二分にあるのです。

対立軸は自由主義か社会主義か

小野氏と山本氏のどちらが多くの票を得るかは、国の行く末を占うものであると筆者は考えています。緊縮財政への行き過ぎたアンチテーゼが目立ち始めていて、今回の山本氏の政策にその思想が反映されているのは前述の通りです。

また、山本氏は都職員の3000人増員と、都庁消防庁の設置による1000人増員を政策に掲げています。これらは、社会主義政策そのものではないでしょうか。対して、小野氏は公営事業の一部民営化など、行政のスリム化を実現し、民間活力を活かす政策を掲げています。つまり、小野氏と山本氏の対立軸は自由主義か社会主義かであり、お二方の勝敗は、今後日本が民間活力を活かす経済社会を進むのか、国家主導の経済社会を進むのかを占うものであると筆者は考えます。

編集後記

3500字を超える長文となってしまいましたが、最後までご一読ありがとうございました!小野氏と山本氏に焦点を当て、主要な報道とは違う視点から、問題提起をさせて頂きましたが、皆さんはどう思われましたか?少しでも、都知事選や政治や経済などのことについて考えるきっかけとなれば幸いです。今回は、初寄稿となりました。これから、少しでもクオリティーの高い記事を提供できるよう全力を尽くしますので、応援の程をよろしくお願い申し上げます!

https://atomic-temporary-151149301.wpcomstaging.com/2020/06/19/tokyo2020/