【解説】あの偉人に似てる!?マーベル映画『アイアンマン』を見るべき理由・あらすじ

世界で若年層を中心に、人気の「マーベル・コミック」の実写映画。

今回は、同一の世界観のクロスオーバー作品として扱う『マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)』シリーズの第一作、ロバート・ダウニー・Jr主演の『アイアンマン』シリーズを今見るべき理由を教えます。

世界中の若者に大人気の「アイアンマン」を見るべき理由

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の第一作だから

[ふきだし col=”gray” type=”thinking”]

毎年何本もマーベル映画が公開されていてどれから見れば良いかわからない・・・。

[/ふきだし]
[ふきだし icon=”https://timetankcom.files.wordpress.com/2022/02/198af-e3115a4d-ca64-4835-9ed5-749985614907_1_105_c.jpeg” align=”right” name=”Kyo” col=”green” border=”none”]

とりあえず、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の第一作にあたる2008年公開の『アイアンマン』から見ればOKだよ!!

[/ふきだし]
[ふきだし type=”thinking”]

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)ってそもそも何?

[/ふきだし]
[ふきだし icon=”https://timetankcom.files.wordpress.com/2022/02/198af-e3115a4d-ca64-4835-9ed5-749985614907_1_105_c.jpeg” align=”right” name=”Kyo” col=”green”]

2008年以降に公開されたマーベル映画の多くが同じ世界での出来事
つまりキャラクターが相互に登場したりするんだ

そして多くのキャラクターが一斉に集結したエピソードが、一度は聞いたことがあるかもしれない『アベンジャーズ 』って映画だよ!

『アイアンマン』とその続編『アイアンマン2』をチェックすれば『アベンジャーズ』を楽しめること間違いなし

[/ふきだし]
ディズニープラスでチェックしよう

新型コロナ流行で新作映画の公開がストップ!マーベル映画一気見のチャンス到来

[ふきだし type=”speaking”]

今年は新型コロナで劇場公開の映画が減っているよね

[/ふきだし]
[ふきだし icon=”https://timetankcom.files.wordpress.com/2022/02/198af-e3115a4d-ca64-4835-9ed5-749985614907_1_105_c.jpeg” align=”right” name=”Kyo” col=”green” type=”speaking”]

新型コロナの影響でマーベル映画も公開が延期になっているよ

だからこそMCU映画を一気に見るチャンス。映画を見たら今度はドラマもチェックすると良いかも!?

[/ふきだし]
Netflix×マーベルドラマも個人的には大好きです

マーベル女子急増中!?観ていない男子がモテない時代が来るかも

[ふきだし]

近年、街中でマーベルをファッションに取り入れている女子も増えているよね

[/ふきだし]
[ふきだし icon=”https://timetankcom.files.wordpress.com/2022/02/198af-e3115a4d-ca64-4835-9ed5-749985614907_1_105_c.jpeg” align=”right” name=”Kyo” col=”green”]

確かに「MARVEL」のロゴの入ったシャツやバッグを持った若者を見かけるよね

コミックはいわゆるオタクだけの文化という時代じゃなくなってきたね

マーベルはファッションやインテリアにも力を入れているから、映画を見ればいろんなアイテムがどんどん欲しくなって金欠間違いなし!

[/ふきだし]
アイアンマンに登場するスターク社のロゴが入ったシャツ

【解説】アイアンマンは「死の商人」だった!?映画『アイアンマン』あらすじ

[ふきだし icon=”https://timetankcom.files.wordpress.com/2022/02/198af-e3115a4d-ca64-4835-9ed5-749985614907_1_105_c.jpeg” align=”right” name=”Kyo” col=”green”]

なんとなくマーベル映画観た方がよくね!?となったそこのあなたへ

第一作『アイアンマン』から順に観て行きませんか?

[/ふきだし]

軍事企業の社長からスーパーヒーローへ、アイアンマンはこうして生まれた

映画『アイアンマン』(2008年)の物語は、巨大軍事企業「スターク・インダストリーズ」の社長トニー・スターク(以下トニー)が、自身が開発したミサイル兵器のプレゼンのためにアフガニスタンを訪問したところから始まります。

しかし、トニーは、車で移動中にテロリスト集団からの襲撃を受け、皮肉にも自身の開発した兵器の爆風に吹き飛ばされ意識を失ってしまいます。そのままテロリスト集団の基地に拉致されてしまうトニーでしたが、先に捕虜となっていた科学者・インセンの処置によって何とか一命を取り留めます。

捕虜となったトニーは、インセンと協力し、「アークリアクター」と呼ばれる動力源装置を開発し、ロボットスーツ「マーク1」を完成。その後、インセンは時間稼ぎのために犠牲となりますが、トニーはスーツを起動し、テロリスト集団を蹴散らし基地を脱出。

そして、アメリカ軍に保護されて帰国したトニーは、記者会見に望むが、自身らが開発した兵器がテロリストに悪用され、罪のない人々の命が奪われていることを思い知ったことから「兵器製造を中止する」と宣言したのです。

アイアンマンに似ている?ダイナマイトの生みの親・ノーベルの苦悩

スウェーデンの化学者、発明家、実業家のアルフレッド・ベルンハルド・ノーベル(1833年10月21日 – 1896年12月10日)は、単なる鉄工所だったボフォース社を兵器メーカーへと発展させます。

350もの特許を取得し、中でもダイナマイトが最も有名です。ダイナマイトの開発で巨万の富を築いたことから、「ダイナマイト王」とも呼ばれましたが、ある時、彼も悟ります。

1888年4月12日、カンヌを訪れていた兄・リュドヴィックが死去。この時、ノーベルと取り違えて死亡記事を載せた新聞があり、見出しには「死の商人、死す」と書いていた記事を見たノーベルは死後の評価を気にするようになります。

そのことが後に財産の大部分をあてて国籍の差別なく毎年授与するノーベル賞の創設に繋がるのです。 

軍事企業の社長として兵器を製造してきたトニーが、自らの人生を悔い改めて「死の商人」から世界平和のためスーパーヒーロー「アイアンマン 」になり、巨大な悪と闘う決意したことにとても似ているように感じますね。

死の商人と呼ばれた男・ノーベル

衝撃の事実が発覚!どうする「アイアンマン」

「兵器製造を中止する」と宣言したトニーでしたが、この決断が、軍需産業からの撤退を認めたくない「スターク・インダストリーズ」副社長のオバディア・ステイン(以下オバディア)と対立することへと繋がります。

そんな最中、トニーは自宅で新たなロボットスーツ「マーク2」の開発と飛行実験に成功します。そして、上機嫌のトニーは、招待されてもいないパーティーに出席します。しかし、女性記者から声をかけられたトニーは、とある写真を見せられ、驚愕の事実を知ることになります。なんと、トニーを襲撃したテロリスト集団とミサイルを取引していたのは、スターク・インダストリーズ」だったのです。

愕然としたトニーは、自身の会社である「スターク・インダストリーズ」、そしてオバディアと対決する決意をしますが・・・。

トニーの運命はいかに!!

[ふきだし icon=”https://timetankcom.files.wordpress.com/2022/02/198af-e3115a4d-ca64-4835-9ed5-749985614907_1_105_c.jpeg” align=”right” name=”Kyo” col=”green” type=”speaking”]

毎回マーベル映画には社会的なメッセージが込められています

自身の会社が製造した兵器によって罪のない人々の命が奪われていることに、ショックを受けたトニーの成長と、アイアンマンの誕生を見届けよう!!

[/ふきだし]

[itemlink post_id=”8758″]

[itemlink post_id=”8759″]

B L Mの時代の『13th-憲法修正第13条-』

人種問題と映画

人種差別問題と僕たちの世代

2020年5月25日、アメリカ・ミネソタ州においてある黒人男性が現地警察に殺害されたことから「Black lives matter(BLM)」を訴える運動がアメリカ全土、ひいては世界中に広がっている。日本においても、デモが行われる他、S N S上にも様々な意見が飛び交っており、我々もその潮流の中にいると言える。

日頃から、日本人、特に我々日本の若者は、グローバルな問題に関心が低いと言われることが多いが、今回の問題に対しては、これまでになく関心が高いと感じる。その要因の一つとして、人種問題を扱った映像作品の存在は否定できないだろう。

さて、本日紹介する作品は僕たちが知るべき「現実」を教えてくれるものだ。
この作品に描かれていることは、我々にとってあまりに非現実的でありながら、当事者にとっては現実、常識である問題を扱っている、人種と社会の作品だ。

「13th-憲法修正第13条-」

(7月1日現在、YouTubeでも見ることが出来る)

2016年の9月に出されたこのドキュメンタリーは、Netflix作品『僕らを見る目』の監督、エヴァ・デュヴァーネイの作品である。
作品内では、マイノリティに対して犯罪者であるというイメージ付けを行い、差別を肯定してきた歴史を振り返り、南部奴隷解放後から現在まで続く、マイノリティーと刑務所への大量投獄体制をテーマとする。

大量投獄体制とは、何か。

アメリカの奴隷解放以前において、奴隷は綿花・タバコを生産する安価な労働力として使用されてきた。安価な労働力を使用して生産された綿花やタバコは、安価で販売することが出来、それによって、アメリカ社会は莫大な利益を生み出していた。

しかし、奴隷解放となってしまうと、安価な労働力を失うことになる。
そこで、アメリカ社会は「元奴隷」を様々な法律で取り締まり、刑務所での懲役によって労働力を確保することにシフトした。「犯罪者」を見つけるために、これまで微罪とされ、取り締まられなかったものや犯罪とは考えられないものも厳罰化した。そうして、多くの黒人を(無実の者も当然いた)大量に投獄した。
これが、大量投獄体制である。

そもそも、アメリカでは64年までジム・クロウ法が存在し、黒人は「合法的」に差別されている。確かに56年前それは撤廃されたが、社会そのものが変わったわけではない。人は変わらず、圧倒的な差別は残ったのだ。だから、それに不満を持つ多くの黒人が犯罪に手を染め、逮捕・投獄されたというのも自然の流れだろう。
黒人は粗暴で貧乏だから犯罪を犯す、などという間違った言説が流れることもあるが、人種問題は明らかに「社会」が生み出した歪みだ。

「現実」は続く?

ここまでは、歴史の教科書でも、よく教えられる内容であるが、
驚くべきことに、現在もこの体制は続いていることを映画は伝える。

アメリカには、2012年の時点で、200万人以上もの刑務所収容者がおり、全世界の約4の1の囚人がアメリカに集中しているのだ…。

KW解説

この先の内容は映画の本編に譲りたいと思うが、せっかくなので人種主義を扱う映画をもっと楽しむためのキーワードを2つ紹介する。

クラック
元々、コカインの歴史は、粉末のコカインが、比較的富裕の白人を中心に広まっていたことに始まる。
1980年代には、固形のコカインであるクラックが新たに発明され、黒人層を中心に広まっていった。
それと同じ時期に、純粋な反麻薬運動によって始まった麻薬の取締が始まる。
この運動は、固形のクラックを、粉末型のコカインに比べ、100倍以上の量刑になるまでに重罪化させてしまう。
結果的に、多くの黒人がクラックによって逮捕され、黒人コミュニティや家庭を崩壊させてしまうという事態が発生した。

刑務所産業複合体
刑務所における懲役刑とは、刑務所内において、仕事を行いながら生活するという刑である。賃金も発生するが、非常に低いこともあり、事実上、無いに等しい。
ここに目につけたのが、企業である。懲役囚を労働力と見なすことで、人件費を抑えることが可能であるのだ。
刑務所という社会的なシステムと企業との関係。
これが、刑務所産業複合体である。

ちなみに、弁護士ドラマとして日本でもリメイクされた原作の「SUITS」においても、刑務所と、企業の関係の関係性が触れられるエピソードが存在している。
こちらもぜひ、チェックしてもらいたい。

「最強の二人」

「最強の二人」は2011年にフランスで作られた、大富豪でありながら、過去の怪我により体が不自由な老人と、その介護人となった貧しい移民の若者の物語である。
全世界で大ヒットしている名作で、2013年には日本アカデミー賞を受賞している。
そしてこの作品は、2017年にブライアン・クランストンとケヴィン・ハートによって「人生の動かし方」としてリメイクされた。

リメイク版との相違点

リメイクを見る時に重要になってくるのが、原作との相違点である。
リメイク版において、貧しい黒人のデル・スコットは、刑務所において父親と出会い、「おかえり」と言われたことで、(父親は、刑務所=黒人という構図に諦めており、刑務所=家と考えている)、自分は息子に対して、自分達とは違う生活を歩ませたいと考える場面がある。

「黒人コミュニティ」の意味

この設定は、一見ありきたりなものに感じてしまうこともあるが、重要な意味があり、現代の大量投獄体制を知っていると、この設定が、特別なものではなく、黒人コミュニティーと家族という意味において、示唆的であること気が付く。
今回は一例を紹介したが、様々な作品において人種主義の問題は扱われているのでぜひ見て、考えてください。

我々は「現実」を知らなければ。

グローバル化と、インターネット社会化によって、世界は一体になりつつあるが、真に彼らとわかり合うためにはこうした問題への理解は不可欠かもしれない。
日本人の僕らはこうした「社会問題の常識」を、あまりにも知らない。
今回のBLM運動の中で、自分に出来ることは何かと考えた時、その答えの1つは「知ること」であると思った。
21世紀において、この問題は国外の問題ではなく、一人一人が取り組むべき問題なのである。
今回紹介した「13th-憲法修正第13条-」は正直、内容として難しいところもある。
しかし、人種問題を考えるための「第一歩」として映画を見るというアクションをおこしてみてもらいたいと考えます。