【大阪都構想に迫る】第2回 そもそも「都」とは何か(By るた)

【大阪都構想に迫る】 第2回 そもそも「都」とは何か

賛成派、反対派の見解の相違

いわゆる「大阪都構想」の住民投票の結果がまもなく出る。

この連載は、少し政局的な話とは距離を置いて、根本的な2つの論点について検証する企画だ。
前回は、「区」とは何か、を検証した。

今回はもう一つの論点、「都」とは何か、について考えていきたい。

この住民投票の正式名称は大阪市廃止・特別区設置住民投票というが、主に賛成派は「大阪都構想」というフレーズを多用し、反対派は「大阪市廃止~」という住民投票の名称を強調することが多い。

すなわち、賛成派にとってこの住民投票はいわゆる「大阪都」を実現するための手段だといい、反対派は「大阪都」などできず、「大阪市廃止」こそ住民投票の焦点であるという。

ここにそもそも、見解の相違がみられる。

この住民投票で「賛成」が過半数となれば、「大阪『都』」が成立するのか、という点である。

賛成派は、道府県が大都市地域に特別区を設置する際の諸手続きについて定めた法律である大都市地域特別区設置法の第10条に、「特別区を包括する道府県は、地方自治法その他の法令の規定の適用については、(中略)都とみなす」とあることを根拠に、大阪府は「都」になる、と主張する。

反対派は、都道府県の名称の変更について定めた地方自治法第3条第2項に「都道府県の名称を変更しようとするときは、法律でこれを定める」と規定されており、大阪府が名称を変更する法律は成立していないことから、大阪府は「都」にはならない、と主張する。

この見解はいずれも正しい。
というのも、ここで賛成派と反対派が指す「大阪『都』」が、そもそも別物だからだ。

賛成派がいう大阪「都」とは、法令の適用上の意味において「都」となることを指しており、反対派がいう大阪「都」にはならないとは、呼称上の意味において「都」とならないことを指している。

さて、「区」に続いて厄介な話である。

そもそも法令上の「都」とは何か、呼称上の「都」とは何か。

このあたりを改めて紐解いていく必要がある。そのために、都区制度の元祖である東京の都制成立の歴史にフォーカスして、今回の住民投票における「都」をめぐる論点について考えていきたい。

法令上の「都」

「都」の定義は?

さて、元も子もないことを言うようだが、地方自治法において「都」の定義は存在しない

ただし現在のところ東京都にしか存在しない特別区についての規定を参照すると、「都の区は、これを特別区という」(同法第281条)とある。

このことから逆説的に、特別区の存在する道府県が法令上は「都」である、と解釈することができる。
しかしあまり満足のいく説明ではない。

そこで、東京に都制が成立するまでの経緯を確認し、それが道府県といかなる相違をもった制度として検討されてきたのかを見ていくことにしたい。

東京の行政史

前稿で触れた通り、東京府と東京市が合併する形で東京都が誕生したのは、太平洋戦争が激化し、その戦局が切迫する1943年のことである。

このとき東京都制の目的は以下の通りである。

・帝都たる東京に真の国家的性格に適応する体制を整備確立すること
・帝都に於ける従来の府市併存の弊を解消し、帝都一般行政の、一元的にして強力な遂行を期すること
・「帝都行政の根本的刷新と高度の効率化を図ること

しかし、その実質的な理由は戦争遂行の効率化であった。

さて、そんな戦時法制の一環たる東京都制は、このとき突然提案されたものではない。

東京に特別な制度をしこうという問題は、明治いらい実に約50年にわたって検討されてきたことで、政府の行政能率化の要請に対し、東京市の側が民主的自治を要求する構図の中で、長きにわたって紛糾し続けた。

双方の主張は時代によって微妙に変化があるが、要旨はこうだ。

すなわち、東京市は東京府の管轄外とし、公選の市長を置くという「東京市制案」を、政府の側は東京市ないし東京府の区域をもって東京都を設置し、官選の都長を置くという東京都制案を掲げてきた。

多くの場合、東京市の主張は衆議院に、政府の主張は貴族院にそれぞれ議員提出法案として審議にかけられ、ことごとく審議未了に終わっている。

大正に入り衆議院は「東京市制案」を捨てて「帝都制案」を掲げるようになったことから、名称上の相違はなくなるが、それでも官治か自治かをめぐった東京市=衆議院ラインと政府=貴族院ラインの対立は続いていくことになる。

昭和に入ると政府は地方行政の刷新を狙い、各種の審議会・調査会を置くようになる。

そして1933年には、官治色の強い「東京都制案」を政府自ら提出し通過をはかろうとしている。
これに対する衆議院の批判は強く、やはり審議未了に終わっているが、その後、戦時体制に入ると、むしろ政治的摩擦を引き起こす問題だとして、議論が避けられてきた。

しかし1943年の第81議会は決戦議会と称され、重点産業の生産力を拡充するための権限を総理大臣の手に集中できることを定める「戦時行政特例法案」「戦時行政職権特例案」や、言論の徹底的取締を目指した「戦時刑事特別法」の改正案と併せて東京都制案が審議された。

ゆえに、政府は「都制案」に反対する新聞記事を禁じ、会合や東京市会などの意見書や決議文の提出に干渉するなどして、強行をはかったことは言うまでもない。

緊迫する戦局の中では衆議院も抗うことができず、ついに「都制案」が成立をみたのだ。

こうして歴史を顧みれば、結局のところ、東京の都制が他の道府県と異なる制度として成立している背景には、戦時体制に伴う行政の効率化があり、そこには長年にわたって東京市が反発し続けた官からの干渉の強い内容を戦時体制にかこつけて強行したという事実がある。

そうしたあり方は戦後の地方自治法においても受け継がれ、東京都の特別区は市町村より著しく権限の小さい団体として成立した。

つまり都をめぐる自治は道府県より制限された所から始まっているというのが歴史の語る事実であり、だからこそ都に存在する特別区は、戦後の長きにわたって自治獲得に奔走してきたのだ。

呼称上の「都」

このようにして実現された東京の都制であるが、それではそこに込められた「都」にはいかなる意味があるのだろうか。

上述した通り、都制は明治の頃から検討されてきた課題だったが、それが結実したのは太平洋戦争の最中だった。

それまで「都」とは「国都」や「帝都」という意味で用いられていたが、戦時中における「都」の成立は、八紘一宇、すなわち全世界を天皇制が中心となるひとつの世界にする、という思想を背景とした「皇都」としての性格を帯びることになった。

『東京百年史』(1974)では、こうした「都」をめぐる文化人の言説を追うことによって「都」の意味をつかもうとする試みがによって行われているので、ここではその検証に沿って「都」への考え方を探っていきたい。

大正から昭和初期にかけての文献においては、東京を表す抽象名詞には「国都」や「帝都」があてられる。

そこに込められる意味合いは
「明治元年七月十七日(中略)大詔下りて、江戸は東京と改称せられ、(中略)翌年帝都を此処に奠め(さだめ)給い、東京は統治の発源地となれり」(『東京市政概要』)だとか「地域が拡がり市民が殖えたばかりが決して大東京ではない。大東京には別に大東京としての意義がなくてはならない。大日本の首府として、又大日本の国都として、そこに格段の意義が蔵せられている。全日本の看板であり、精神であり、生命であり、対象である。」(『大東京』)
というように、本邦における政治・経済・文化の中枢的大都市であることが含意されている。

時代が下り、準戦時段階にはいると、さらに中央集権的国家体制の強化策の一環としての「掛まくも畏き帝皇が此処に天が下知ろし食す大宮所」(喜田貞吉)である「皇都」が用いられるようになり、1943年の都制成立段階に至ると、その「皇都」の意味合いが、日本列島を超えた中央権力の思想支配の中心としての役割へと変容していく。

「呼びなれた東京市が本年(1943年)7月から東京都と呼ばれるやうになった。慣れないうちは耳障りで言ひにくく、聞きづらかったが今となると、東京市などと聞くとどうも地方都市のやうで米英を相手に戦う日本の首都としては如何にも規模が少さく、みすぼらしい感じだ。(中略)これまでは日本の東京でよかった。

しかし現在はさうは行かぬ。大東亜の盟主日本の首都であれば即ち大東亜の東京でなければならない。」(『都の歴史と文化』)という具合である。

また「都の国体的意義」という一文によれば、日本の古語の都(みやこ)という言葉は、英語のシチー(city)や漢語の都会、都市という言葉とは意味が違い「宮処」であって、天皇の宮居(皇居)があるとし、「大東亜が八紘為宇の世界となるためには、まずその中心地たる東京都が名実兼ね具えた真の都になければならぬ。東京都制施行の第一義はここにある」(前掲書)とし、都制の成立は「神によって与えられた光栄」とさえ言う。

こうした記述から、都制成立期における「都」には、単に政治的・文化的中枢であるというだけでなく、「皇都」すなわち八紘一宇の思想を背景とした、何か精神的な、あるいは神がかり的な意味合いが含まれていることが分かる。

「都」が持つ意味合い

このように見ていくと、法令上の「都」とは、戦時が要請した大都市行政の効率化に端を発するもので、その背景には、より上位のアクター(=政府)による大都市資源へのアクセスの要求があった。

また呼称上の「都」には、戦争遂行のため皇都という精神的、あるいは神がかり的な意味合いを付与することによって世界征服を正当化しようとする思想が背景にあった。

こうしたことを総合すると、「都」は大都市行政を効率化して戦争遂行に資するための道具として導入され、その名目に「皇都」なる神がかり的な意味合いが付与されることによって正当化された、という考え方が成り立つ。

そうしたことを踏まえたときに、大阪が「都」を名乗ることの意味合いがどこにあるのか、何が隠されているのか、それとも隠されていないのか。

こうした見極めが、大阪の帰趨を決めることになると言っても過言ではない。

  • 古井喜実(1943)「東京都制について(一)」『国家学会雑誌』第57巻第9号
  • 東京都編(2013)『都史資料集成II 第1巻 東京都制の成立』東京都
  • 都政20年史編さん委員会編(1965)『都民と都政の歩み : 東京20年』東京都
  • 東京百年史編集委員会編(1972)『東京百年史〈第5巻〉復興から壊滅への東京(昭和期戦前)』東京都

https://atomic-temporary-151149301.wpcomstaging.com/2020/10/25/osakato-ku/

課外活動ガチ勢の私は中学3年間の不登校でどう変わったのか

1.中学受験の失敗

元々私は中学4年生の頃から塾に通っていたいわゆる「中学受験ガチ勢」でした。成績も悪くなく、志望校は都内私立の男子校ですべて固めていたほど、受験に対しての意識は高い方でした。しかし、友人と遊べないといういかにも小学生らしい理由から、塾をやめてしまったのです。しかも、中学受験の勉強によって小学校での授業内容を先取りしていた私にとって、当時の授業は退屈であったため、ちょっと早めの反抗期も既に来ていました。
しかし、そんな早めの反抗期に入った私にとって「受験で負ける」というのがだんだん嫌になってきて、再び中学受験を目指すようになります。それが確か小学5年の後半か小学6年の前半。
塾に入って初めての面談で私は志望校として、小学4年の頃と同じところを挙げていましたが、学力とのギャップが1年のブランクによって生まれてしまい、ショックを受けました。
そのことによって小学6年の半ば頃~後半は不登校になり、受験勉強にも打ち込めず、結果的に滑り止めの滑り止めしか受かることができませんでした。
中学受験といえば、2月1日からの3~5日が受験の本番ですが、3日の時点であまりのショックでそれ以降の私見をすべて欠席していたほど、当時はショックでした。

2.中学入学直後

そうして私は都内の私立中高一貫男子校に入学しました。滑り止めの滑り止めであった頃からも、クラスは一番上からスタート。交友関係も試験結果もよく、順風満帆な中学生活でした。
しかし、そんな生活が徐々に変わって行ってしました。
その理由は「中一ギャップ」です。
テニスを幼少のころから続けており、当然のように入ったテニス部が私にはあまりマッチしなかったのです。そのせいで授業に終わってすぐ部活、そして死んだように帰宅直後に寝てしまう。そして朝起きたら終わっていない宿題のプリント(いわゆる自称神学校だったため、毎日のプリントや宿題は常にあった)が鞄の中に。
私は性格的に見栄っ張りで、宿題をせずに学校に行くということができず、不登校の癖ができていきます。
ただ、そんな不登校癖があってもテストでの点数は相当よく、「学校行かなくても大丈夫だ」という謎の余裕が生まれ、中一の半ばごろから消極的不登校から積極的な不登校へと変わっていきました。

3.勉強ができるというアイデンティティの喪失

しかし、中学の半ば~後半で転機が訪れます。テストの点数が低下していったのです。当時私は普段学校を休みながらテストだけを受けるような余裕を見せていたのですが、得意な科目以外が壊滅的な点数だったのです。
このことがあまりにショックで、表向きでは「得意科目でこんなに点数取れているから学校なんて意味がない!」と言いつつ、勉強ができるというアイデンティティを徐々に失っていったのです。
その後はそのアイデンティティを失わないため、テスト自体を受けないという選択肢・消極的な不登校へと変わっていったのです。

4.オンラインゲームでのコミュニティ形成

そんな風に、アイデンティティを失いつつあった私がのめり込んだのはオンラインゲームでした。当時私はランキングに入るような実力を持っており、勉強ができるというアイデンティティからゲームがうまいというアイデンティティを持ちつつありました。
そんな風に毎日10時間以上ゲームに費やすような生活をしていると、ゲームの中でのコミュニティにのめり込んでいくようになっていきます。
ゲームから繋がったいわゆるネッ友とTwitterやLINEで繋がり、元々やっていたゲーム以外にも色々手を出してみたり、気付くとLINEのグループ通話時間が14時間を超えていたりなんてことが多々ある日々を過ごすようになったのです。

5.私のセレンディピティ

そんなオンラインゲームでのコミュニティでは、ある意味社会の縮図と取れるような様々な体験をすることができ、社会性を養うという点ではむしろ学校よりもリアルな姿を学べたのではないかと思っています。

それを通じて私は社会への興味を深めていきました。例えば、当時1つ年上の先輩で中卒で働いている人だったり、学費が払えず大学を中退してしまった先輩、就職先がなかなか見つからずアルバイトで食いつないでいた社会人の方など。私立の中高一貫校で周りに裕福ないわゆるぼんぼんといわれるような人たちに囲まれていた自分にとってはとても新鮮な体験であり、それが社会へ興味を持つ原体験だったのではないかと思います。

度々この頃を自分の中で思い出しながら考えるのですが、このような出会いが、今の私の考えのもとになっているんだなぁと、とても感じます。

この出会い・セレンディピティがなければ、今の車 世栄はいなかったといっても過言ではないでしょう。

6.社会への関心

私はそんなセレンディピティをきっかけに、社会への関心を深め、特に政治について勉強を始めました。当時はネットの情報に大きく影響され、いわゆる右の立ち位置で、和田政宗参院議員や櫻井よしこ氏、西岡力氏などにお会いさせていただき、より考えを強めていきました。
講演会等にも積極的に参加していった私ですが、話の中で学校というワードが出る度に心が痛んでいました。
「学校はどう?」
といった質問ですら毎回深く心にとげが刺さったような感覚を覚えていました。
そこで私は「絶対に学校に行こう」と決心し、高校から学校に通うようになります。

7.高校生活

高校は中高一貫の学校だったため、そのまま進学しました。その学校は高校からの入学者がいない完全中高一貫制の学校だったため、周りはもう既に3年間付き合ってきた仲の良い友達。そんなコミュニティの中に突然名前も顔も知らない人が入ってきたのです。自分にとってもそうですが、周りからも「だれ?」という何も知らない状態から始まった学校生活でした。
ただ担任の先生が相当うまく馴染めるようにサポートしてくださったのもあり、なんとか馴染むことができました(諸説あり?笑)。

そして私を変える一大イベントが学校に訪れたのです。それがリディラバによる2泊3日のスタディーツアーです!

リディラバのスタディーツアーについてはこちら

そこで私は社会問題の何たるかをゼロから学び、それまで政治のイデオロギーの部分に興味を持っていましたが、より実践的な部分へと興味を移していきました。

8.課外活動ガチ勢へ

そこからはスタディーツアーで学んだ知識を活かし、学内でプロジェクトを立ち上げたり、課外で学生団体に所属し、高校1年生ながら高校1年生に出前授業をしに行くといった体験をさせて頂いていました。
自分の人生を振り返ると、完璧に言語化できなかったので深見が感じられませんが激動の学生生活だったと思います。
このような体験全てが今の私、車 世栄を作ってきたのです。
そう考えると、不登校も、ゲーム漬けの日々も、欠かせない貴重な体験だったんだなと、過去の自分を否定するのではなくむしろ肯定的に捉えています。

そんな私、車 世栄は現在も日々成長中であり、は元居た学校を飛び出しネットの高校として有名なN高へ転学し、都議会議員事務所でスタッフとして活動を行ったり、法人の立ち上げなどを画策しています。

なぜN高に転学し、法人を立ち上げようと思ったのかなどはまた別の機会に書くことができればと思います。

9.さいごに

以前私は国民民主党本部からスタジオでニコニコ生放送に出演をしたことがあり、香川県のゲーム規制条例案に対して玉木代表・伊藤議員にこんなことを言ったことがあります。
「ゲームやオンラインのコミュニティによって救われている人もいるし、なにより根本的な原因はゲームではなく実社会の方にあるのではないか」

不登校やオンラインゲームへの依存で苦しむ学生や親の方は今も本当に多くいらっしゃると思いますが、磨けば輝き、光るようなダイアモンドの一面がななたにも必ずあると思います。

今の自分を否定的に捉えてしまうのではなく、受け入れてあげて、ゆっくりと前に進んでいきましょう。

ぜひいつか社会のどこかで皆さんとお会いできることを楽しみにしております。

https://atomic-temporary-151149301.wpcomstaging.com/2020/07/29/school/

[itemlink post_id=”5902″]