N国党はまだ衆議院選挙で議席が取れる可能性がある

NHKから国民を守る党が衆議院選挙で議席が取れる可能性は?

今日はN国の今後についてのお話しです。

まず始めに申し上げたいのが、自分はN国支持者ではなく「維新」と「あたらしい党」の支持者です。

なぜN国党が議席を取れる可能性があるのか

N国はNHK改革以外の政策を提示していないので、党員でない一般の有権者はコントロールしにくくコスパが悪い政党だと思っています。

あくまで客観的な分析としてN国が衆院選で議席が取れる可能性はあると思っているのです。

理由は単純で、N国はリーチをできるだけ稼ぎ2%~3%のコンバージョンで投票行動を起こさせる政党という特徴があるからです。

数多くの市長選での低めの得票率など、地方選での結果は振るいませんがそれも当たり前で、単にリーチが取れていないからです。

選挙放送という圧倒的リーチが取れるコンテンツで投票行動を起こせば、衆院選での議席獲得も難しくはないと思います。

議席獲得のボーダーライン

具体的に議席獲得へは何%の得票率が必要なのでしょうか。

前回の参院選(1.97%)よりはハードルが高いことは確かです。

理由は次の2点です。

①参院選全国区より高い得票率を出さなければならない。
②N国への”飽き”を払拭するような質の高いコンテンツを作らなければならない。

①は単純な数字の問題で、参院選の全国比例で取った1.97%よりも高い得票率を出さなければいけないからです。

全国比例は1.97%でも議席が取れますが、衆院選の比例は得票率のハードルがかなり上がります。

前回の衆院選では、東京ブロックでの最低得票率は10.4%ですし、一番最低得票率が下がる南関東でも3.9%です。

議席獲得のためには、少なくとも今より2%は得票率を上げなければなりません。

②は、参院選での政権放送で一度コンテンツを放出しているため、前回以上に訴求力の高いコンテンツを出さなければならないからです。

同じような内容では”飽き”が出てくるので、前回投票した層の定着化をさせつつも、新たな支持層も広げる必要があります。

以上の点ですが、N国の公報次第では3.9%を突破してくる可能性も出てくるとは思います。

各ブロックの得票率という意味では、小選挙区での票の掘り起こしも重要になってくるでしょう。

https://atomic-temporary-151149301.wpcomstaging.com/2020/06/30/nhkkara-totijisen/

女性差別か。「ゆづか姫」こと新藤加菜氏のポスターで物議

【ゆづか姫】都議補選ポスターは女性差別か?

物議を呼んだ「過激なポスター」

https://twitter.com/himeyuzk/status/1277540749291032578?s=20

氏名:新藤加菜(しんどうかな)
生年月日:1993年5月15日
出身:東京都
学歴:早稲田大学法学部卒
職業:動画配信

高校時代カナダに留学。2010年頃にニコ生を中心に動画配信を行ない2013年一時的に引退。現在は復帰してYoutubeで配信を再開。ホリエモン新党公認で北区都議補選に出馬。愛犬家。

新藤加菜氏の「過激ばポスター」が物議を呼んでおり、一部から「女性を差別し続け性的に消費続ける」と批判が飛んでいる。

過激なポスターだが選挙管理委員会は「法的には問題ない」としており、新藤加菜氏に再考を促しているが候補者サイドから突っぱねられているのが現状だ。

教育上を考慮した批判が多く、子どもたちの目にさらすという点で拒否感を示す住人も多い。

ポスターは「表現の自由」であり認められるべきものなのか、それとも「女性差別」であり慎むべきものなのか論じていく。

ポスターは女性差別?それとも表現の自由?

日本共産党の前衆議院議員の池内沙織氏(@ikeuchi_saori)は、Twitterで下記のように批判。

心が痛くてツイートするか悩んだが、傷ついている人が他にもいるだろうと思い、何よりこの国の子どもたちのことを思って書くことにする。
「女性を差別し続け性的に消費し続ける」という宣言と私は受け取った。ドイツ人の友人に送ったら「日本…これはポルノだ。選挙をバカにしてる」

これに対して新藤加菜氏は以下のように反論した。

なぜ、石川優実さんのこの画像は、女性を差別し続け性的に消費しつづけることにはならないのでしょうか?
女性が女性の意思で自らの身体を晒し主張をすることは、すべて力強く美しいことではないのですか?
共産党における多様性の捉え方に疑問を呈します。

https://twitter.com/himeyuzk/status/1278161664190197761?s=21

石川優実とは?
石川 優実(いしかわ ゆみ)は、日本のグラビアアイドル、ライター、女優、フェミニスト]。『女の穴』(2014年、吉田浩太監督作品)や『誘惑は嵐の夜に』(2016年、いまおかしんじ監督作品)で映画主演。芸能界における#MeToo活動や、ハイヒールやパンプスの強制について問題提起した#KuToo活動でも知られる。2019年、BBCの「100人の女性(英語版)」に選出。

出典:石川優実 – Wikipedia

問題視されているのは公開されている場所であり、北区在住の方々は「見ざるを得ない」ことであり、そにポスターの目的だ。

また、性的である為に「女性を鑑賞物だと思われかねない」、また「女性差別が助長されかねない」という危機感や拒否感を感じる女性がいるのが現状だ。

しかしながら、新藤加菜氏は「女性である私が自らこのポスターを選んだ」のであり、これは女性差別ではなく自己表現で、表現の自由であるため女性差別には当たらないと主張する。

新藤加菜氏の批判に対して、「下着の広告は非常に目につきやすい場所に置かれているじゃないか」「グラビア誌にも同じ事を言え」「女性が自ら立ち上がって、それを批判する方が時代に逆行しており、差別だ」「法的に問題ないのであれば全く無問題」という声が上がっている。

女性の性的主体性の回復

フェミニズムは女性の性的主体化を主張してきた。女性が際どい服を着ることについて「下品」「はしたない」と非難された。

これは女性から性的主体性を奪っており、とりわけ性を露出する服を着ることは難しかった。

下着の広告は、その表情や姿勢、堂々としている仕草は「性的主体性」を持つものであり、下着の広告と新藤加菜氏のポスターとはその性質が全く違う。

「背景に男性の性的目線がある」ことを感じる女性の嫌悪感

「性的主体性を持つ」とは非常に曖昧なもので、仮に「アベノマスクブラ」なるものが下着として発売し、その広告を掲載する時、これが“スタイリッシュ”に“堂々と”していれば「性的主体性を持つ」ことになるのであろうが、新藤加菜氏のような広告では「性的主体性を持たない」ことになる。

それは正に「背景に男性の性的目線が感じられるか否か」が嫌悪感の根源ではないだろうか。

「性的主体性」は個人の感覚によるところが大きく。そこに明確な基準は無い。

「これが私の表現だ!」とすれば誰しもその思考に対して強制させようとする権利は無く、それは憲法にも精神的自由として保障されている。

新藤加菜氏のポスターは「表現の自由」と「性的主体性」の間でゆらゆらと揺れているおり、判断の難しいところだが、新藤加菜氏のポスターを「はしたない」として隠してしまう事は果たして良いのかだろうか。

女性の性的主体性とは一体何なのか、一度立ち止まって考える良い機会ではないか。