【竹島問題】日本・韓国の領土問題の争点や解決策はあるのかを解説

「竹島問題」をご存知でしょうか。

「日本と韓国が揉めている領土問題」というイメージをお持ちの方は多いと思います。

今回は、竹島がなぜ日韓問題の1つになっているのか、そもそも韓国はなぜ領有権を主張しているのかを解説します。

竹島の歴史

竹島は、2つの島とその周辺の小さな島々を合わせた総称です。

日本は数百年前から竹島を認識しており、漁獲地として利用してきました。

1600年代(江戸時代初期)には、江戸幕府が領有権を確立しています。

1905年に島根県の領土となり、竹島に関する当時の閣議決定の資料も残っています。

1900年代に入ると、日本は海外の多くの領土を併合・編入してきましたが、太平洋戦争に敗れたことでそれらの領土を失いました。

太平洋戦争終結後のサンフランシスコ平和条約において、日本は朝鮮の独立を承認しました。

同時に、放棄すべき地域に済州をはじめとする日本が放棄すべき領土についても規定されます。

一方で、竹島は放棄すべき領土には含まれていません。

竹島の領有権を主張した韓国に対し、アメリカは「竹島は歴史上、朝鮮の領土として扱われたことはない。これまで朝鮮が領有権を主張したことはない。」との回答を示し、韓国の訴えを却下しています。

しかし、韓国はこれを無視し、1952年より日韓の海の国境を定めました。

現在では韓国軍が竹島を実効支配しています。

こうした韓国の一連の国際法違反に対し、日本は再三にわたり国際司法裁判所の判断を仰ごうと提案していますが、韓国はこれを拒否しています。

内閣官房 領土・主権対策企画調整室|国際社会の法と秩序を尊重する日本の対応

竹島の領有権をめぐる両国の主張

日韓両国は何を根拠に領有権を主張しているのでしょうか。

日本の主張

日本は、国際条約を根拠に竹島の領有権を主張しています。

先ほども触れましたが、サンフランシスコ平和条約で竹島は日本の行政権を離れませんでした。

数百年に渡り支配し続けてきた領土の領有権を放棄する根拠がどこにもないため、日本固有の領土であると長年主張し続けています。

韓国の主張

対する韓国は、「李承晩ライン」を根拠としています。

当時の大統領の李承晩が定めた国境のことを指すのですが、国際的に認められたわけでも歴史的な根拠があるわけでもなく、韓国が自ら定めた国境です。

歴史上韓国は竹島の領有権を主張したことはなかったのですが、太平洋戦争後いきなり「竹島は韓国のものだ。」と主張しています。

また、韓国本土から近いという主張もしていますが、特定の島がどこに帰属するかを決定する上で本国との距離は考慮されないことは国際司法裁判所の判例から明らかです。

解決策はないのか

竹島の歴史と現状を解説しましたが、解決策はあるのでしょうか。

結論から申し上げますと、平和的な解決は非常に難しいです。

竹島の領有権を主張する韓国に対し、日本は国際法に従った平和的な解決を目指しています。

竹島および領海内での活動があるたびに抗議してきました。

1954年、竹島の領有権はどちらにあるのかを国際司法裁判所(ICJ)に付託することを韓国へ提案しましたが、韓国側は「領土問題は存在しない。」としてこれを拒否しました。

国際司法裁判所は、訴えに対し両国の合意がなければ審議を開始しない仕組みとなっています。

そのため司法の場に進めず、こう着状態となっているのが現状です。

まとめ

竹島は、日本固有の領土です。

自国の領土が他国に支配されている状況に無関心にならず、平和的な解決を求め続けることが大切です。

どうですか?「氏姓選択制」

ちょっとまった!「選択的夫婦別姓」

度々議論になる「選択的夫婦別姓」。これは,結婚に際して夫婦は氏をどちらか一方のものに統一しなければならないという現状を変え,統一しても,別々のままでもどちらでも良いという風にしようというものです。一見,氏を変えたいひとにとっても,変えたくない人にとってもメリットしかないようにも思いますが,私はこの「選択的夫婦別姓」に対して「氏の定義が曖昧になってしまう」という観点から慎重な立場を取りたいと思います。

失われた「氏」と「姓」の区別

前提として確認しておきたいのが,「氏」と「姓」の違いについてです。現在ではほぼ区別されていませんが、実は元々この2つは全く異なるものです。我々日本人が使っている「鈴木」とか「佐藤」といったものは「氏」にあたります。これは,夫婦で統一することになっていて,子供もそれを受け継ぐわけですから,基本的にその世帯に対してつけられる名前だということになります。一方「姓」というものもあります。こちらは現在の日本ではほぼ使われておらず、中国や韓国といった国で主に使われています。例えば,韓国大統領の文在寅氏の場合でいうと、「文」がこの姓にあたります。姓は、たとえ結婚してもお互い変わることはなく、子は基本的に父親のものを引き継ぎます。このことから、姓は原則として血統を表しているということが言えます。世帯を表す氏との決定的な違いはここにあります。

今でこそ氏と姓の区別はほぼなくなってしまいましたが,少なくとも戦時中まではこの2つの概念は厳然と区別されていました。その例としてもっともわかりやすいのが,「創氏改名」でしょう。創氏改名というのは、当時日本が統治していた朝鮮の人々に対し、日本式の名前を名乗るようにさせた制度のことです。(強制だったのかどうかという議論についてはここでは触れないことにします)この制度は氏を新たに作らせる「創氏」と、名を日本風に改める「改名」の2つから成り立っているわけですが、この「創氏」というのがまさにポイントです。朝鮮の人々は「姓」は持っていても「氏」は持っていません。そのため「改氏」でも「改姓」でもなく「創氏」だったのです。

壊れる「氏」の定義

ここまで、氏と姓の違いについて見てきましたが、では選択的夫婦別姓によって「氏の定義が曖昧になってしまう」とはどういうことなのでしょうか。(これまでの話に基づけば選択的夫婦別姓は「選択的夫婦別氏」と呼ぶのが正確ですが、一般的には「選択的夫婦別姓」と言われているのでそう呼びたいと思います)先程も述べたように、我々の名乗っている「氏」は世帯を表すものであり、夫婦で統一されるべきものです。そのため、これを無視して「選択的」に別々の場合もOKとしてしまうと氏の定義が完全に壊れてしまって「鈴木」や「佐藤」が何を表しているのか最早わからなくなってしまいます。選択的夫婦別姓の問題点はここあるのです。

氏の定義を壊さない解決策

しかし、選択的夫婦別姓の議論の経緯を考えれば一生同じ名前を名乗っていたいという需要は少なからずあり、それを無視するわけにはいきません。そこで私案として提示したいのが「氏姓選択制」です。これは,氏と姓の区別を現代的にアレンジした上で復活させ、両方とも戸籍に載るが名乗るのはどちらか選べるというものです。例えば,鈴木太郎さんと佐藤花子さんが結婚し、氏を鈴木に統一したという場合で考えてみると、

鈴木太郎(氏:鈴木、姓:鈴木)→鈴木太郎(氏:鈴木、姓:鈴木)
佐藤花子(氏:佐藤、姓:佐藤)→鈴木花子or佐藤花子(氏:鈴木、姓:佐藤)

といった感じになります。さらに、子の氏と姓は親の氏を受け継ぐので、この例では[氏:鈴木、姓:鈴木]となります。この仕組みであれば氏の定義を壊すことなく、しかも結婚しても名乗る名前を変えないという選択肢も用意できます。少々複雑かもしれませんが「氏姓選択制」、いかがでしょうか?

https://atomic-temporary-151149301.wpcomstaging.com/2020/08/23/japanese/

[itemlink post_id=”6933″]

北朝鮮はインターネットつかえない国!?愛の不時着から見る生活感

北朝鮮とはどんな国なのか

インターネット唯一の「0%」の国

みなさん、「インターネット」はご存じですか?僕はご存じです。
今や生活には欠かせないインターネット。ニュースやショッピング、分からないことを検索し知識を得ることなどにも使えますし、世界に繋がっているため世界中の人とのコミュニケーションにもなり、自分の絵や歌などを投稿し自己表現の場としても利用できます。どこでも繋がれるどこでもドアのような存在。それがインターネットです。

しかし、そんな万能なインターネットも唯一繋がれない国がありました。そこはなんと、「北朝鮮」です。
先日発表された記事によると、
『北朝鮮では当局の遮断措置によりインターネットが全く普及していないことが国際的分析機関の調査で分かった。』とのことでした。

インターネットの使用率が「0%」なので、外部との情報共有は一切ないということになります。す、凄すぎる・・・。

イントラネットって?

しかし北朝鮮にもパソコンがないわけではありません。「光明網」という名のイントラネットを使用することができるようです。

ん?イントラネットってなんですか?
聞き慣れない単語が出てきたので、学が無いなりに調べてみました。

つまり簡単に言うと、会社に例えるなら
インターネットが外線で、イントラネットが内線ということですね。スッキリ!

なぜそんなに厳しいの?

なぜこんな厳しいのでしょうか。歴史から辿ると、約70年前に朝鮮半島は北と南に分かれ、北の「北朝鮮」は独裁政権を開始したところから始まります。独裁政権を開始したのはあの有名な「金日成(キムイルソン)」です。

ざっくり説明すると、北朝鮮は食糧難で貧しい国になってしまいましたが、国民には「地上の楽園」であると言い聞かせています。また、情報の漏洩を防ぐことから外部の情報を遮断していると考えられています。外の世界を知ると脱北者が増えて大変なことになってしまいますからね。

実際にはどうなの?

三度の飯よりインターネットが大好きな僕から言わせていただくと、明日からネットが使えませんなんて言われたら苦痛で仕方ないと思いますね。まちがいなく発狂します
北朝鮮人として生まれれば、インターネットという概念そのものが与えられないと思うのでそうはならなさそうですが。

この状況を知るために現場に出向いて見に行くのは危険すぎます。しかし、自宅でその生活感に近いものを体験できるドラマがありました。

Netflixで独占配信されている韓流ドラマ『愛の不時着』が、この北朝鮮の現状を把握するには良いと思われます。一部の北朝鮮に詳しい方や脱北者の話によると、6~7割は現状そのものだと話されているほどです。

北朝鮮の暮らしぶりを「愛の不時着」で

僕は愛の不時着が好きすぎて2周も見てしまいました。かなり感動するドラマなので毎晩泣いています。そのなかでも特に興味をそそられたのは「北朝鮮の暮らしぶり」です。

あらすじとして、韓国の財閥令嬢(ユン・セリ)が不慮のパラグライダーの事故により、北朝鮮に不時着してしまいます。そこで助けられた北朝鮮の軍人(リ・ジョンヒョク)と恋に落ちるというストーリーです。現代版ロミオとジュリエットのような話ですね。

韓国の生活とは違って北朝鮮の生活感はまるで違います。当然のように起こる停電の連発。人の家を見回り捜査する宿泊検査。冷蔵庫がないためにキムチ倉が庭に設置されていることや、ホテルには盗聴器が仕掛けられていることが一般的なのです。汽車が停電で止まれば10時間以上も遅延します。信じられないことの連続な生活に、普段セレブな生活をしていたユン・セリは過酷な窮地に立たされてしまいます。もちろんインターネットもないため故郷への連絡手段ありません。

過去へタイムスリップしたのではないかと思うほどの遅れた文明の世界で、どうやって故郷の韓国へ帰るのか。インターネット使用率0%も納得してしまうほどのリアルさがあります。

この「愛の不時着」は北朝鮮出身者が脚本作成に参加しており、また多くの脱北者への取材の上で作られたドラマなので生活感に関してはかなり近いものと言われています。
二人の恋物語がメインのドラマですが、裏テーマとして「南北統一問題」が挙げられており、非常に感慨深い作品となっています。Netflix の人気TOP10(日本)にも常に1位を獲得する大ヒット作品「愛の不時着」。是非この夏に観てみてはいかがでしょうか。

『愛の不時着』予告編 – Netflix

僕は3周目に突入しようと思います。それでは!

『愛の不時着』を観る

https://atomic-temporary-151149301.wpcomstaging.com/2020/06/25/netflix/

新500円硬貨、偽造防止に2色に!?

新500円硬貨、偽造防止に2色に!?

現在、発行されて硬貨で公開されている技術

・見る角度によって数字が見え隠れ
貨幣を見る角度、つまり光の入射角、反射角による反射光の明暗の差による現象を応用したみたいです。
英国の2ポンド貨をはじめ諸外国の貨幣にも使用されていますが流通貨幣としての発行は数例のみとなってみたいです。
・世界初の斜めギザ
ギザを斜めにすることで偽造抵抗力が向上する技術で500円ニッケル黄銅貨幣は大量生産型の貨幣では世界初の斜めギザを施した貨幣みたいです。
・桐の葉に隠れた職人技、微細点加工
転写等による偽造を防ぐため貨幣模様の中央部(桐部)に微細な穴加工を行ったものを微細点と呼んでいるみたいです。
微細加工における最先端技術を使用したもので偽造を防ぐ効果は非常に高いものになるみたいです。
・髪より細いミクロの世界の微細点加工
上下文字部「日本国」「五百円」の周りに扇状に微細な線模様を施しているみたいです。
微細線は髪の毛より細く金属彫刻における最先端技術を使用したもので偽造を防ぐ効果は非常に高いものとなります。

新硬貨の公開されてる技術は?

・素材に新規技術であるバイカラー・クラッド(二色三層構造)を導入
・貨幣の縁に、新たに「異形(いけい)斜めギザ」を導入
※1 斜めギザの一部を他のギザとは異なる形状にしたもので、通常貨幣(大量生産型貨幣)への採用は世界初。
・貨幣の縁の内側に、新たに微細文字を加工

韓国の500ウォンで会計されることが多発!?

1982年に500円紙幣に代わって登場したのが500円玉です。2000年に現在のデザインと材質を変更しました。変更された理由は韓国で発行された500ウォン硬貨を加工して「偽500円玉」として自動販売機で使用する事件が続出したためみたいです。
その後、2000年に500円玉がマイナーチェンジ致しました。
そこから初代(1982年)から発行された500円玉は流通しなくなったのと自販機はどで使用不可のシールが貼られたのは今でも覚えています。
現在でも手渡しの会計時に誤って500ウォンで会計してしまう事例はあるみたいです。

韓国の500ウォンと日本の500円玉どちらが先に発行されたの?

・500円玉
発行決定日:1981年5月
流通:1982年4月
・500ウォン
発行決定日:1981年1月
流通:1982年6月
と同じ年代に通貨が発行されている為、国同士で話し合って発行した?と思えるような時期になりますね
何故、似た硬貨が流通したかは諸説あり「コイン鋳造技術がない韓国が日本から鋳造機を払い下げられたのを使った!?」、「日本は韓国に偽造対策を要請したが韓国は無視したから!?」などあります。

最後に

2021年上半期に発行されるみたいですが、流通までには時間がかかるかと思います。
急に使えなくなる事はないかと思いますが、偽造や500ウォンを誤って利用することを防ぐためには迅速な流通も必要ですが、個人的にはキャッシュレス化を進めば偽造も無くなるかと思いますが、日本の技術で偽造が減ることを祈るばかりです。

https://atomic-temporary-151149301.wpcomstaging.com/2020/07/18/plastic/

[itemlink post_id=”5639″]