感染者数再増加!最近のイギリスのコロナ事情

最近のイギリスのコロナ事情

感染者再増加の背景

英国では状況が急速に悪化しています。

10月9日の時点で、新規感染者数は13863人で、1ヶ月前の9月1日の1295人と比較すると大幅に増加している事が分かります。

新規死亡者数も9月初旬の3人から1ヶ月後の10月9日には87人までに増加しています。ほんの1ヶ月前までは状況が安定しているように見えていました。

ではこの1ヶ月で何が起こったのでしょうか。

感染拡大の原因

大学がスタートし、学内でクラスター発生

状況がここまで悪化した一つ目の理由は大学が9月末に始まったことです。

多くの大学が学生に「安全な」環境を提供すると言い、学生を大学に戻した結果、学生らは住んでいる地域からこれまであまり影響を受けていなかった大学周辺の地域にコロナウイルスを持ち込んでしまいました。

これが大学内でのクラスターにつながりました。

例えば、ニューカッスル大学の1000人以上の学生が、ノッティンガム大学では1400人以上が陽性になるという結果なったのです。

大学生、特に一年目の学生は大学という場を最大限に活用し、様々な人と会いたいと誰もが思っています。

私もその一人です。しかしこの思いが学生の軽快な行動に繋がって、かえってウイルスを広めているいる場合もあります。

ですが、それだけでコロナの感染拡大の責任を大学生押し付けるのは正しくないと思っています。

生徒らによるコロナの感染拡大は世界中でもう見られており、イギリスでもこれが起こるはもう目に見えていました。

しかし、それを知りながらも政府がそれを防ぐことができずに、感染者数もこの1ヶ月で増えました。

コロナの接触者追跡システムの不具合

感染が増えたもう1つの理由は、コロナの接触者追跡システムの不具合と検査の数が制限されている事によるものです。

5ヶ月前にジョンソン首相「世界で一番いい」接触者追跡システムと検査体制を整えることを誓いました。

しかし現実は首相の発言とは程遠い事は言うまでもありません。接触者追跡システムの技術的エラーにより、9月25日から10月2日までの間にコロナウイルスの検査で陽性となった16000人と接触した人々には連絡が一切ありませんでした。

これは政府が急増しているコロナウイルス検査の需要に対応できなかったと批判されていた時に起こりました。これだけの事が起これば、コロナの感染が広がっていることに驚くイギリス人はほぼいません。

この感染拡大を受け、イギリス政府は冬の間は在宅勤務を奨励、夜10時から朝5時の間に飲食店の閉鎖を命じ、検査の数を増やしました。

また、感染がより高い地域ではナイトクラブの閉鎖など厳しい規則を課せました。

しかし、今の感染状況を受けより厳しい制限を課すことが予想されています。

最後に

このような状況で大学生になることは、私個人にとっては簡単なことではありませんでした。講義もセミナーもオンラインに移り、少し物足りないと感じる反面、オンラインだから便利になったと思う時もあります。

どうやって今の状況を最大限に活かすことができるのかを考えながら、この一年を頑張りたいと思います。

[itemlink post_id=”5319″]

https://atomic-temporary-151149301.wpcomstaging.com/2020/08/10/england/

総理はいつ総理になるのか?

総理はいつ総理になるのか?

今の日本の総理大臣が菅義偉さんであることは、ほぼ全国民が知っています。

「では、いつ菅さんは総理大臣になったのでしょうか?」

「16日じゃないの?」という人もいますが、16日の朝9時の時点では安倍総理が閣議を開いています。

21時46分には菅総理が閣議を開いているので、この12時間のうち、どこかの瞬間で総理大臣が入れ替わってる!のです。

実はある瞬間に総理は交代しているのですが、マスコミもそこに重点を置いた報道をしていないので、「なんとなく、ぼんやりとヌルッと総理が変わっている」という印象の人も多いと思います。

では、いつ、どの瞬間、総理が交代したのか、確認していきましょう。

9月14日

9月14日、都内のホテルでは、自民党総裁戦の投開票が行われていました。

「菅義偉君をもって、当選者と決定致しました。」

野田毅選挙管理委員長が選挙結果を読み上げ、自民党の新総裁に菅さんが選出されました。
この日、Twitterなどでは「もう安倍総理じゃなくて、菅総理になったんだね。」といったようなコメントもありましたが、自由民主党という政党の総裁が菅さんになっただけで内閣総理大臣は安倍さんのままです。

9月16日午前

16日午前9時すぎ、首相官邸で閣議が開かれました。この閣議で、全閣僚の辞表を取りまとめて、内閣総辞職を決定しました。7年8ヶ月にわたる安倍内閣、最後の閣議となりました。

ということで、この閣議決定をもって、安倍内閣は総辞職しました。

そして、国会法に基づき、国会に内閣が総辞職したことを通知し、その後、国会において内閣総理大臣指名選挙(首班指名)が行われる運びとなります。

ここで
「え、じゃあ、総辞職してから新しい総理大臣が就任するまでは、総理大臣はいないの?」
「もし、総辞職後から新総理大臣誕生までに大地震とかあったらどうなるの?」
という疑問を持たれる方がいるかもしれません。

ご安心ください。実は総辞職した後も、新しい内閣ができるまでは、総辞職した内閣が引き続き仕事を行います。(この場合は安倍内閣)

これを職務執行内閣と言います。総辞職をした安倍総理はこの日の昼過ぎに、花束を受け取り、官邸を後にしましたが、もし、この直後に大地震があれば、官邸に引き返し、安倍内閣が対応にあたったと思います。

ということで、16日正午の時点では、安倍内閣は総辞職したけれども、今の内閣は安倍内閣で、今の総理は安倍総理という状態です。

9月16日午後

16日の13時から、衆議院本会議で総理大臣指名選挙が行われます。

13時45分ごろ、事務総長が結果を読み上げます。「菅義偉君314、枝野幸男君134、片山虎之助君11、中山成彬2、小泉進次郎君1」

小泉進次郎君1に議場がややざわついた後、大島議長に声が議場に響き渡ります。
「右の結果、菅義偉君を衆議院規則第18条第2項により本院において内閣総理大臣に指名することに決まりました」

万雷の拍手の中、菅さんは立ち上がり、お辞儀します。

25分後の、14時10分頃、参議院でも菅さんが指名されます。この瞬間、国会は菅義偉さんを次期総理に指名したということになります。
この瞬間から後のテレビ番組では、「菅首相」というテロップが表示されたり、「菅総理は〜」といったナレーションが流れることも多々ありました。

しかし、厳密には、まだ現時点での総理大臣は安倍総理です。なぜなら、まだ菅さんは総理大臣に指名されただけで、「任命」はされていないからです。

ということで、誰かが総理を任命しなければならないわけですが、まあ普通に考えて、内閣総理大臣を任命できる方は、お一人しかいません笑

17時45分すぎ、菅さんの姿は皇居にありました。

宮殿松の間で、菅さんは天皇陛下の前に進み出て深々と頭を下げます。そして、陛下は菅さんに「内閣総理大臣に任命します」とお言葉を述べられました。この瞬間、菅さんは総理大臣となりました。
天皇陛下による総理任命式のことを親任式と言います。

ということで、親任式がおこなわれた令和2年9月16日の17時45分ごろ、安倍総理から菅総理に交代したのでした。

最後に

アメリカの映画やドラマを観ると、「大統領誕生」のシーンは数多くの作品で描かれています。

聖書に手をおいての宣誓です。

“I do solemnly swear that I will faithfully execute the Office of President of the United States, and will to the best of my Ability, preserve, protect and defend the Constitution of the United States. So help me God.”

だいたい、死ぬほどカッコよく演出されるので、「ああ、この瞬間から、彼(彼女)は大統領なんだな」とわかります。

一方で、日本の映画やドラマで、総理誕生のシーンはあまり見ません。

親任式は生中継されず、映像としても、国民の記憶に残っているかというと少し疑問です。

私は日本国民ですが、アメリカのドラマや映画で繰り返し観る大統領宣誓のシーンを通じて、アメリカ大統領への関心や、大統領職への敬意を育みました。

やはり、同様に国のリーダー誕生の瞬間である親任式も、テレビの生中継も含めて、より大きく扱っていくことが、大切だと思います。

https://atomic-temporary-151149301.wpcomstaging.com/2020/09/21/suganaikaku/

[itemlink post_id=”6615″]

海外から見た安倍政権

海外から見た安倍政権

安倍政権の印象

長期政権は海外から見れば国の安定の象徴であり、安倍政権も例外ではありませんでした。また、この7年間安倍さんが首相を務めていた事によって、海外から日本に対する各国の信頼や期待も高まりました。

日本の外交は、争いを回避する為に友好関係を築く・保つ、という印象がもたれています。実際にイランや中国など欧米なら良い関係を保つのが難しい国でも、安倍首相はその国のトップと会談する事で、親密な関係を維持しています。これは海外ではあまり見られません。また、あの態度が変わりやすいトランプ大統領と良い関係を築けたことも、評価されています。

その一方で、少子高齢化、女性の社会進出などの問題が解決されていないことが海外から指摘されます。簡単に言えば、外交では評価されているものの、まだ内政で問題が残っているというのが海外から見た安倍政権の印象です。

辞任に対する大手海外メディアの反応

今回のニュース、海外メディアも一斉に報道しました。

CNN:アベノミクスは「経済ブームを引き起こすよりも衰退を回避することに成功したが、コロナウイルスの影響で日本はさらに景気後退に陥った」。少子高齢化に関しては、「日本の人口の3分の1以上が65歳を超えており、2019年の出生率は過去最高を記録した。高齢化する人口を支える労働者が必要にもかかわらず、安倍首相は日本が移民に対する国の厳格な規制を緩和することをほとんど避けた」。オリンピックについては「オリンピックの確保は安倍首相の国内での大きな成果の1つであったが、この成功は、コロナウイルスによって消えた」

BBC:「安倍首相は、アベノミクスで日本経済の成長を刺激したことと保守的なナショナリストとしての評判がある。しかし、軍事費を増やし、日本の防衛を強化したものの、憲法第9条を改正することはできなかった」

Washington Post:アベノミクスに関しては「安倍首相が日本が経済を回復するために必要とする構造改革を推進することに失敗した」。他のトピックでは「憲法第9条改正、女性の社会進出、少子高齢化、気候変動に取り組むことは出来なかった」。また、東京オリンピックについては、「コロナウイルスの影響で2021年まで大会を延期することを余儀なくされた。その上、安倍首相のコロナウイルス対策が問題視され、内閣支持率はここ数ヶ月で記録的な低水準に落ちた」。

辞任に対する海外の政治家の反応

安倍首相の突然の辞任に、各国首脳もコメントを発表しています。

台湾の蔡英文総統:安倍総理は在任中において台日関係に多大なる貢献をされ、今後どんな立場においても台湾にとってもっとも大事な友人であります。これからも、ともに台日関係をさらに強化していきたいと思います。どうぞお体を大事に、治療によって体調が万全になるように祈っております。

オーストラリアのモリソン首相:安倍首相は、誠実で良識の人だ。地域、世界において高位の政治家であり続け、開放的な貿易の強力な推進者で日本にとって卓越した国際外交官でもある。地域の繁栄と安定を支持し、第一級の経験豊富な政治家としてリーダーシップを発揮した。

イギリスのジョンソン首相:安倍氏は日本の首相として、日本のため、そして世界のために素晴らしいことを成し遂げた。安倍首相の下で、英日の通商、防衛、文化面での関係は強化された。長年の務めに感謝すると同時に、健康を祈る。

ドイツのメルケル首相:多国間主義を提唱し、ドイツと日本の間の大きな距離を共通の価値基準として明らかにした人物。心から一生懸命頑張ってくれたこと、そして一緒に働いてくれたことに感謝したい。

韓国大統領府報道官:安倍首相は韓日関係に大きな役割を果たしてきた。突然の辞任は残念だ。韓国は引き続き日本の新首相、新内閣と協力し、両国関係の改善を図る方針だ。

カナダのトルドー首相: 私たちが一緒に行ったすべての進歩に感謝します。あなたのビジョン、あなたのリーダーシップ、そしてあなたの友情は私たちの2つの国をより近づけました。 そして長年にわたり、より良い世界の構築に専念してくれて、ありがとうございました。 友人として、あなたの健康を願っています。

最後に

今頃気付いたのですが、私は安倍政権の間ずっと海外に住んでいました。振り返ってみれば安倍首相が日本に対する国際的な尊敬を維持した、と言っても過言では無いと思います。

もちろん、国内では安倍首相に対するイメージが全く違うと最初知ったときはビックリしました。日本では女性の社会進出、少子高齢化など様々な課題が残されている一方で、国際的には北朝鮮核問題、領土に関する争いなどがまだ続いています。これらの問題を次の総理は解決できるのかに注目していきたいです。

[itemlink post_id=”5795″]

https://timetankcom.wordpress.com/2020/06/19/shinzo-abe/